伝路とは・意味[日本史B]

伝路でんろ駅路えきろ以外の官道かんどうのことで、各群家ぐんけ間を結ぶ地方道であり、国司・郡司によって維持・管理された。

駅路が直線的であるのに対し、伝路は網目状であった。

また群家とは郡の役所である。郡とは律令制における「国・郡・里」の郡のことである。

関連用語

  • 官道

奈良時代の日本史用語へ戻る

大学への日本史用語へ戻る

タイトルとURLをコピーしました