百万町歩開墾計画とは・意味

百万町歩開墾計画ひゃくまんちょうぶかいこんけいかくとは722年に元正げんしょう天皇のもとで長屋王ながやおう政権が発した口分田くぶんでんの不足を解消するための制度である。

語呂合わせ

722年:百万町歩開墾計画→「何に722百万使ったの?百万町歩開墾計画!

当時、人口の増加相次あいつ浮浪ふろう逃亡とうぼうにより口分田は非常に不足していた。

そこで良田百万町歩りょうでんひゃくまんちょうぶの開墾を目指したが、計画が大きすぎて実行は困難であった

そのため、百万町歩開墾計画は失敗に終わった

この失敗受けて、翌723年に施行された法令が三世一身法である。

関連用語

奈良時代の日本史用語へ戻る

大学への日本史用語へ戻る

タイトルとURLをコピーしました