大伴金村とは・意味

大伴金村

大伴金村おおとものかなむら武烈朝ぶれつちょう継体朝けいたいちょう軍事を担当した大連おおむらじである。

大伴金村越前えちぜん福井県)から継体けいたい天皇を迎えて即位させたことで、絶大な権力を握った。

また大伴金村は朝鮮半島の経営も担当した。

大伴金村の失脚

しかし、512年に百済くだらに対し任那四県みまなよんけんを割譲したことを物部尾輿もののべのおこしに追求され540年に失脚した。

任那四県の百済への割譲で追求された背景には百済から賄賂わいろを受け取った疑惑がある。

また、任那四県の割譲の結果、ヤマト政権の朝鮮半島での立場は悪化した。

こうして大伴氏おおともしが急速に権力を失うと、蘇我氏そがし物部氏もののべしが対立を深めた。

大伴氏のその後

なお、大伴氏自体は壬申じんしんの乱後に再び勢力を取り戻し、奈良時代に栄えたが、藤原氏ふじわらしとの対立が原因で、大伴家持おおとものやかもち以降、急速に衰えた。

関連用語

飛鳥時代の日本史用語へ戻る

大学への日本史用語へ戻る

タイトルとURLをコピーしました