乾田とは・意味

乾田

弥生時代の中期に鉄製農具が普及すると、高台に水を引いてくる水路などの灌漑施設かんがいしせつを作ることが可能になり、弥生後期には乾田かんでんの開発が盛んになった。

乾田は、日当たりの良い好立地で田んぼを営むことができるため、弥生前期~中期に主流であった湿田しつでんに比べて生産性が高い

湿田→乾田」の順序をおさえることが、大学受験の日本史では重要である。

なお、初期農耕において湿田が主流であった理由は、鉄製農具が普及しておらず、木製農具が中心だったため、灌漑施設を作ることが難しかったからである。

弥生時代の日本史用語へ戻る

大学への日本史用語へ戻る

タイトルとURLをコピーしました