打製石器とは・意味

打製石器

打製石器だせいせっきとは石を打ち欠いただけの石器である。別名、旧石器とも呼ばれる。主に打製石器のみを用いた時代を旧石器時代という。

打製石器は旧石器時代、縄文時代弥生時代にわたって使用された。

打製石器の種類

打製石器の具体的な種類には打撃用の狩猟具であり、木工や穴掘りにも用いられた打製石斧せきふ、獲物の皮をはいだり、石槍いしやりの先端に用いれたナイフ形石器、先端が鋭利で石槍の先にはめ込んで使用する尖頭器せんとうき、木や骨に小型の石刃せきじんをはめ込んで使う細石器さいせっきなどがある。

打製石器と磨製石器の違い

これに対し、磨製石器ませいせっきは、石を磨き上げて鋭利にしたものである。

磨製石器が出現する時代を世界史的には新石器時代と呼ぶ。

日本では縄文じょうもん時代に磨製石器の使用が始まったので、縄文時代は新石器時代である。

ただし、縄文時代に入ってからも引き続き打製石器が使用される。つまり縄文時代は打製石器に加え、磨製石器も併用された時代である。

縄文時代の主な打製石器

縄文時代に使用された最も注目すべき打製石器は矢の先端(矢じり)に用いる石器である石鏃せきぞくである。

石鏃は磨製石器と思われがちだが、黒曜石こくようせきを主な材料とする打製石器である。

旧石器文化の発見

なお、日本で最初に更新世こうしんせいの地層(関東ローム層)から打製石器が発見されたのは、戦後間もない1946年のことで、相沢忠洋あいざわただひろ群馬県岩宿いわじゅく遺跡で発見した。

※旧石器時代は更新世、縄文時代以降が完新世

戦前には日本には旧石器文化は存在しないと考えられていたが、この発見から日本にも旧石器時代が存在していることが明らになった。

これ以降、旧石器時代の研究が盛んになり、現在では5000箇所以上の旧石器時代の遺跡が国内で発見されている。

関連用語

旧石器時代・縄文時代の日本史用語へ戻る

大学への日本史用語へ戻る

タイトルとURLをコピーしました