英語の現在時制の用法4パターンと時と条件を表す副詞節

参考書よりもわかりやすい英文法超入門講座」の第9講です。今回は英語の現在時制の用法4パターンと時と「条件を表す副詞節」について解説します。

英語の現在時制とは

例えば、あなたは今英語の勉強をしています。そこで、What do you do?と尋ねられたらなんと答えますか?

①I’m learning English.

②I am a high school student.

正解はです(高校生とは限りませんけどね!)。

なぜなら、英語の現在時制は「今何をしているか?」ではないからです。

ちなみに、What do you do?は「あなたは普段何をしている人ですか?=お仕事はなんですか?」という意味です。

このように現在時制の本質は昨日・今日・明日と安定して変わらないものなのです。

ここから派生して現在時制では、

  1. 現在の習慣
  2. 現在の状態
  3. 不変の真理
  4. 確定未来

の4つを表します。

現在の習慣

(例1)I work in that office.(私はあの会社で働いています。)

この例文は主語である「私」の習慣を述べています。今まさに働いているわけではありません。「過去から現在を経て未来にわたって、その会社で習慣的に働いている」という意味です。

(例2)I go to the church on Sundays.(私は毎週日曜日に教会に行きます。)

この例文も(例1)と同様に、過去から現在を経て未来にわたって「日曜には教会に行く」という習慣を表しています。

現在の習慣の練習問題

I usually (  )home at around eight o’clock.

①leave ②am leaving ③will leave ④will be leaving

解答解説
学習院大学の過去問です。usually(通例、ふつう)があるので、「現在の習慣」と考え動詞の現在形である①leaveを選びます。

全文:I usually leave home at around eight o’clock.(私は普段8時頃に家を出る。)

現在の状態

(例1)He lives in London.(彼はロンドンに住んでいます。)

現在の状態の代表的な使い方は職業・住所・趣味などを表すことです。(例1)では住所を表しています。

現在の状態でも現在の習慣と同様に、現在形の本質は同じで、昨日・今日・明日と安定して変わらないものです。「ロンドンに住んでいる」という事実は過去も現在も未来も変わらない状態です。

(例2)She loves me.(彼女は私を愛しています。)

(例2)のloveのように同じ状態が続くことを説明する動詞を状態動詞といいます。状態動詞は原則として進行形にできません。

例えばhave(~を持つ)は状態動詞なので、I am having a good dictionary.は誤りです。正しくは、I have a good dictionary.(私は良い辞書を持っている。)とします。

代表的な状態動詞

以下は代表的な状態動詞です。原則、進行形にはできないので注意して下さい。

like(好む),love(愛する),hate(嫌う),hope(望む),want(欲しい),think(思う),believe(信じる),know(知っている),understand(理解している),remember(覚えている),forget(忘れる),see(見る),hear(聞こえる),feel(感じがする),smell(においがする),taste(味がする),be(~である),remain(~のままである),have(持っている),own(所有している),belong to(~に所属している),contain(含む),exist(存在している),resemble(似ている)、live(住んでいる)など

状態動詞の問題演習

「状態動詞は進行形にできない」という知識は入試では以下のような形式で出題されます。

The five dogs (  ) to my uncle.(その5匹の犬は私のおじさんが飼っているものです。)

①belong ②belongs ③are belonging ④have been belonging

解答解説
これは浜松大学の過去問です。belong to~(~に所属している)は状態動詞のため進行形(~ing)にはできません。よって、③と④は誤りです。

残る選択肢は現在形の①belong②belongsになります。主語が3人称単数+現在のときは、動詞の現在形に-sを付けます。しかしThe five dogsと複数形なので動詞の原形である①belongが正解です。

全文:The five dogs belong to my uncle.

尚、上記の状態動詞一覧の中ではknow,belong to,have(~を持っている)の3つが入試頻出です。

特にhaveには注意が必要です。なぜならhaveが「持っている」という意味のときは、状態動詞で進行形にできませんが、「(時間)を過ごす」、「~を食べる(飲む)」という意味でhaveを使っているときは動作動詞となり進行形にできるからです

()に入れるのに不適切なものは?

We were having (  ) then.

①a good time ②a nice car ③some tea

解答解説
西南学院大学の過去問です。haveが「持っている」という意味のときは、進行形にはできないので②a nice carが正解です(不適切です)。①の場合、having a good timeは、「(時間)を過ごす」の意味のhaveなので進行形にしてOKです。③の場合、having some teaは「~を食べる(飲む)」の意味のhaveなのでこれも進行形にしてOKです。

不変の真理

不変の真理とはいつの時代も変わらないルールのことです。代表的な例としては、The sun rises in the east.(太陽は東から昇る)を挙げることができます。

(例1)Cows eat grass.(牛は草を食べる。)

牛は草食動物なのでこの例文は不変の真理ですね。

(例2)Time is money.(時は金なり)[ことわざ]

不変の真理の練習問題

Water (  )at a temperature of 100 degrees Celsius.

①boils ②is boiling ③was boiling ④used to boil

解答解説
上智大学の過去問です。temperatureは「温度」、100 degrees Celsiusは「100℃」です。boilは「沸騰する」という意味なので、①~④のどの選択肢を選ぶにせよ、この英文は「水は100℃で沸騰する」という訳文になることがわかります。この日本語訳はどう考えても不変の真理ですね。従って現在形である①boilsが正解です。

全文:Water boils at a temperature of 100 degrees Celsius.(水は100℃で沸騰します。)

確定未来

歴・時刻表などで予め決まっている事柄や、決定済みの予定のことを確定未来といいます。こうした確定未来は未来のことでも現在形で表します。

(例1)Tomorrow is Sunday.(明日は日曜日です。)

「明日は日曜日!」はよほどのことがない限り揺るがない確定的未来ですよね。

(例2)Exams begin on Monday.(試験は月曜日から始まる。)

この例文は「決定済みの予定」を表しています。

未来を表す表現としてはwillbe going toが有名ですが、現在形でも未来を表すことができます。未来表現については【第11講】未来表現(時制③)で詳しく解説しています。

時と条件の副詞節

時と条件の副詞節内では、未来のことであっても現在形を使います。時と条件というのは、例えば、when~(~とき)やif~(もし~なら)のことです。

副詞節とはSVを含む意味のかたまりのことで、それ全体で副詞の役割を果たします。

(例)If it rains tomorrow, I’ll stay home.(明日雨が降れば、家で過ごします。)

If it rains tomorrowは条件を表す副詞節なので、未来の事柄ですが、動詞の現在形を用います。またif SVのかたまりで1つの副詞の働きをし、I’ll stay home全体を修飾します。

しかし、下記の英文は正しいです。なぜでしょうか?

I don’t know when he will come back.(私は彼がいつ帰ってくるのかを知らない。)

一見すると時を表す節なので、he comes backとすべきに見えますが、副詞節ではなく名詞節なので、willを使ってもだいじょうぶなんです。when he will come backはひとかたまりで、knowの目的語(O)です。

時を表す副詞節を作る接続語一覧

時を表す副詞節を作る接続語には下記のようなものがあります。

when(~とき),while(~する間),before(~前),after(~後),until(~まで),by the time(~ときまでには),as soon as(するとすぐに),every time(~するたびに)など

条件を表す副詞節を作る接続語一覧

条件を表す副詞節を作る接続語には下記のようなものがあります。

if(もし~なら),unless(~しない限り),once(一度~すると)など

時・条件を表す副詞節の問題演習

「時・条件を表す副詞節」はとても重要なので、しつこいくらいに問題演習をしておきましょう。

1,I’ll phone you after (  ).

①I arrive ②I arrived ③I will arrive ④I will have arrived

解答解説1
青山学院大学の過去問です。意味的には③I will arriveにしたいところですが、after~は「時を表す副詞節」です。そのため①I arriveが正解です。

全文:I’ll phone you after I arrive.(到着してから電話します。)

2.By the time she (  ) there, it will be nearly dark.

①get ②gets ③getting ④will get

解答解説2
慶応義塾大学の過去問です。By the timeは一見すると副詞句に見えますが、「~するまでに」という意味の接続語ですBy the time SV時を表す副詞節を形成します。そのため、動詞の現在形が正解になります。選択肢の中には①get②getsのように動詞の現在形が2つあります。三人称単数+現在のときは動詞に-sをつけるので、正解は②getsです。

全文:By the time she gets there, it will be nearly dark.(彼女がそこに到着するまでには、ほとんど真っ暗になっているだろう。)

なお、it will be nearly darkitは天候・明暗・時間・距離を表すitです。

(参考例文)It was light.(明るかった。)

3.She told me she would be here about six.  Anyway, I’ll tell you when she (  ).

①comes ②had come ③will come ④would come

解答解説3
立命館大学の過去問です。この問題のポイントはAnyway以下が、tell + O1 + 名詞節(O2)という形になっているのか、それともtell + O + 副詞節(M)の形になっているかどうかです。文法的にはどちらもあり得ます。なので意味から判断するしかありません。

when she (  )が名詞節なら③will comeが正解で、副詞節なら時を表す副詞節なので現在形の①comesが正解ということになります。③と①のどちらがより適切でしょうか。

もしAnyway以下が、tell + O1 + 名詞節(O2)という形であれば全文はShe told me she would be here about six. Anyway, I’ll tell you when she will come.となり、その日本語訳は「彼女は6時頃に来ると私に言った。いずれにせよ、私はあなたに彼女が何時に来るかを知らせるつもりだ」とおかしなものになってしまいます。

一方、もしAnyway以下が、tell + O + 副詞節(M)の形であれば、全文はShe told me she would be here about six, I’ll tell you when she comes.となり、日本語訳は「彼女は6時頃に来ると私に言った。いずれににせよ、彼女が来たら教えます」となり自然な日本語になりますね。

従って正解は①comesです。

4.We don’t know if he (  ) back to japan again.

①does come ②comes ③would come ④will come

解答解説4
神奈川大学の過去問です。if+SVが副詞節であれば②comesが正解ですが、この問題の場合if+SVは「~かどうか」という意味の名詞節です。名詞節中では未来のことは、そのまま未来で表すので、答えは④will comeです。

全文は、We don’t know if he will come back to japan.となり、他動詞knowの目的語(O)がif he will come back to japan全体になっています。日本語訳は「私達は彼が日本に帰国するかどうかを知りません」です。

まとめ

  • 現在時制の本質は昨日・今日・明日と安定して変わらないもの!
  • 時と条件を表す副詞節では未来のことも現在形で表す
  • 一見すると時・条件の副詞節のように見えるが実は名詞節の場合は未来のことは未来形で表す

 

参考書よりもわかりやすい英文法超入門講義TOPへ戻る

 

[広告]今Amazonで最も売れている英文法の参考書をチェックしよう!