英語の基本5文型とは?文型の見分け方もわかりやすく解説

参考書よりもわかりやすい英文法超入門講座」の第4講です。

今回は基本5文型を、どこよりもわかりやすくお伝えしていきたいと思います。

もちろん文型の「見分け方」も徹底解説します!

また、基本5文型について完全に忘れていてもだいじょうぶです。ゼロから解説していきます。

さらに記事の最後には、大学入試の過去問を中心とした練習問題もついています。もちろん、詳細な解答解説付きです!

なぜ英語では文型が大事なのか?

文型の理解は英語を理解する上で、なくてはならない土台です。そのため基本5文型は数ある英文法の中でも一番大切な項目なのです。

大学入試にせよ、英検やTOEICにせよ、英語の試験に合格するためには、文型をとことん理解していることが必須です。

例えば、大学受験では文型の知識がないと、文法問題はもちろん、英文読解でもつまづいてしまいます。

いくら単語や熟語をたくさん知っていても、文型がわからないと正しく訳せない英文が少なくないからです。

例えば、以下の例文は文型を理解していれば簡単に訳すことができます。

I don’t like my eggs raw.

【語彙】raw[形容詞](生の、未加工の)

しかし、文型の知識がないと、苦戦する人もいると思います。まだ文型の説明をしていないので、今の時点では詳しい文法解説は省きます。

この例文の日本語訳は「私の卵が生なのは嫌です」となります。なお、この例文の詳しい解説は第5文型のところで改めてしたいと思います。

英語の基本5文型とは?

英文には主語(S)、動詞(V)、目的語(O)、補語(C)、修飾語句(M)といった要素があります。

この中のMはひとまず置いておきましょう。重要なのはS・V・O・Cです。

要素名 記号
主語 S
動詞 V
目的語 O
補語 C

そして全ての英文は「5つの型」のどれかに当てはまります。これを基本5文型といいます。

この基本5文型はS・V・O・Cの4つの要素を使って表現します。つまりS・V・O・Cの5パターンの組み合わせが5文型なのです。

この時点ではまだ理解できなくても、ぜんぜんだいじょうぶなので、まずは基本5文型の一覧表を見てみましょう。

第1文型 SV
第2文型 SVC
第3文型 SVO
第4文型 SVOO
第5文型 SVOC

この表を見て、「ちんぷんかんぷん」でもぜんぜんOKです。この記事を読み終わる頃には完璧にマスターできていますので!

SVOCのおさらい

主語と動詞

主語で、V動詞です。

目的語

そしてO目的語です。目的語は「~を」、「~に」などと日本語訳できるもので、動詞の動きを受ける語です。

例えば、「ご飯を食べた」という日本語を考えたとき、「食べた」が動詞で、「ご飯を」が目的語です。

そして、目的語になれる品詞は名詞だけです。

補語

C補語主語や目的語が「何であるか」や「どんな状態にあるか」を表す語です。

例えば、「彼は医者だ」という日本語を考えたとき、「彼」が主語で、「医者」が補語です。

どういうことかというと、主語の「彼」が「何であるか」を表している部分が「医者」ですよね?

このように、主語(あるいは目的語)の意味を補うのが補語なのです。そして、補語になれる品詞は名詞形容詞の2つだけです。

第1文型(S+V)

(例1)Birds fly.(鳥は飛ぶ。)

第1文型の特色は、Vが自動詞だということです。では、自動詞とは何かというと文がそこで終わってもよい動詞のことです。言い換えれば、自動詞とは、目的語を必要としない動詞のことです。

Birds fly.
<S> <V(自動詞)>

理解を助けるために他の第1文型の例文も見てみましょう。

(例2)John lives in London.(ジョンはロンドンに住んでいる。)

livesはもちろん自動詞です。in Londonは<前置詞+名詞>で、副詞になります。

副詞は自動詞のlivesを修飾しているだけで、補語や目的語ではありません。

ポイント!
<前置詞+名詞>は副詞になることもあれば、形容詞になることもあります。形容詞になる場合は、<前置詞+名詞>で補語になることもできますね。
(例3)Mary went away.(メアリーは立ち去った。)

この例文の場合、wentが自動詞でawayが副詞です。副詞は文型には関係ない修飾語のことです。

MaryがS、wentがV、awayは副詞(M)なので、SV+Mの形になっていますね。

第1文型の見分け方は、「SV+副詞(M)の形になっていることが非常に多い」という点に着目するのが基本です。

(例2)と(例3)はともにSV+副詞(M)の形になっていますね。

もう1つの第1文型の見分け方

さてThere is a book on the table.(テーブルの上に本が1冊ある。)の主語は、

Therea bookのどちらでしょうか?

答えはa bookです。

つまり、isがVでa bookがS、そしてon the tableが副詞(M)です。意外かもしれませんがThereも副詞(M)です。

特殊な形をしていますが、SとVとMしかないので、There is a book on the table.第1文型です。

つまりThere be構文は全て第1文型ということになります

続いて第3文型を見ていきます。第1文型→第3文型の順に解説した方が「わかりやすい」からです。

第3文型(S+V+O)

基本5文型をマスターするコツの1つは、まずは第1文型と第3文型をおさえることです。

第3文型はSVOの形なので、必ず目的語(O)を伴います。

目的語が必ずつかなければいけない動詞のことを他動詞といいます。

例えば、He cut his finger.(彼は指を切った。)は、なんだか物騒ですが、典型的な第3文型です。

cutが他動詞で、his fingerが目的語です。

He cut his finger.
<S> <V(他動詞)> <O>

第3文型に慣れるためにもう少し例文を眺めてみましょう。

第3文型の例文

(例1)We had a good time.(私達は、楽しく時間を過ごした。)

このhadhaveの過去形です。haveというと「持つ」という意味が有名ですが、「(時間を)過ごす」という意味でもよく使われます。

そして、このhadが他動詞で、a good timeが目的語です。

(例2)He reached Paris this morning.(彼は今朝、パリについた。)

この例文ではreachedが他動詞で、Parisが目的語です。

this morningは一見すると名詞のように見えますが、副詞として働いています。

(正確には副詞的目的格と言いますが難しい言い回しなので知らなくても大丈夫です…!)

またこの例文は文型の判別のための重要例文です。

第1文型(SV)と第3文型(SVO)を見分ける最大のポイントは、自動詞と他動詞の区別だからです。

特に自動詞と間違いやすい他動詞をおさえることが重要です。

そして、reach(到着する)はよく自動詞と勘違いされてしまいますが、実は他動詞です。

reached to Paris(×)はよくある間違いです。reachは他動詞なので、(例2)のようにreach+目的語の形にしなくてはいけません。

(例3)John married Mary.(ジョンはメアリーと結婚した。)

marry(結婚する)もよく自動詞と間違われやすい他動詞です。「marryは他動詞!」と覚えておくことで、文型の判別に役立ちます。

その他のよく自動詞に間違われる他動詞

(例)He lost no time answering the letter.(彼はその手紙にすぐに返事を書いた。)

【語彙】lose no time(in) doing(すぐに~する)

以下の語はいずれも「他動詞」です!

  • discuss(議論する)
  • answer(回答する)
  • resemble(~と似ている)

例えば、うっかりdiscuss about(×)としてはいけません。

answerについても、ついつい、answer to(×)としたくなりますが間違いです。

第2文型(S+V+C)

(例1)This is my computer.(これは私のコンピューターです。)

第2文型はSVCでCは補語です。補語はSの情報を補足します。

また、第2文型では基本的にS=Cとなります。

(例1)でもThis=my computerの関係が成り立っていますね。

This is my computer.
<S> <V> <C>
(例2)John became a teacher.(ジョンは先生になった。)

becomeの意味は「~になる」なので日本語訳だけに着目すると、第3文型(SVO)なのか第2文型なのか区別がつきにくいかもしれません。

そこで、第2文型はS=Cであることを思い出しましょう。

この例文の場合、John = a teacherが成り立つので第2文型だと判別できます。

(例3)Mary seems very happy.(メアリーはとても幸せそうに見える。)

(例3)でも(例2)と同様に、S=Cかを確認すれば文型の見分けがつきます。

Mary = very happyが成り立つので、この例文も第2文型です。

その他の第2文型と第3文型の見分け方

では、John proved a true friend.(ジョンは真の友人であることが分かった。)はどうでしょう?

これもJohn=a true friendが成り立つので第2文型ですね。

さらに、第2文型かどうかの判別で迷うのが「存在」を表す動詞です。

例えばShe sat reading a book.(彼女は本を読みながら座っていた。)などです。

この例文の補語(C)はreading a bookです。

第2文型で存在を表す動詞がわかりにくいのは、S=Cにならないからです。

ですが、S is Cの関係が成り立つので、これが文型を見分けるヒントになります。

She sat reading a book.でも、She is readingというS is Cの関係が成り立ちますよね。

従って、この文は第2文型になります。

同じように「存在」を表し、第2文型になる動詞には、

  • stand+C(Cの状態で立っている)
  • lie+C(Cの状態で横になっている)

があります。

(例4)He lay awake last night.(彼は昨日の晩、目を覚まして横になっていた。)

laylieの過去形です。補語(C)はawake(起きている、眠らずに)です。

(例4)でもHe is awake.の関係が成立する点がポイントです。

第4文型(S+V+O1+O2)

第3文型には他動詞の目的語が1つしかありませんでした。

これに対し、第4文型には「~に」「~を」というふうに2つの目的語があります。

S+V+O+Oの形ですね。

目的語が2つあるので、この2つを区別してSVOOをS+V+O1+O2と表すと便利です。

(例1)My uncle gave me this watch.(おじが私に時計をくれた。)
My uncle gave me this watch.
<S> <V> <O1> <O2>

meが1つ目の目的語(O1)で、this watchが2つ目の目的語(O2)です。giveは代表的な第4文型の動詞です。

この例文に見られるように、第4文型では「O1にO2を与える」という意味合いになることが多いです。

第4文型をとる代表的な動詞にはgiveをはじめ、

  • lend(貸す)
  • send(送る)
  • show(見せる)
  • teach(教える)
  • tell(伝える)
  • buy(買う)
  • cook(料理する)
  • make(作る)

などがあります。

(例2)I bought my son the book.(私は息子に本を買ってあげた。)

my sonがO1でthe bookがO2です。「買ってあげる」わけですから、これも「与える系」の意味合いですね。

ちょっと難しい「奪う系」の第4文型

第4文型では多くの場合、「与える」という意味になりますが、「奪う」という意味になる第4文型もあります。

(例1)It cost me a lot of money to go abroad.(海外に行くのに多額の費用がかかった。)

costは代表的な「奪う系」の意味になる動詞です。meがO1でa lot of moneyがO2です。

またit=to go abroadの関係です。itが仮の主語で、to go abroadが本当の主語です。

その他にも以下のような動詞が第4文型で奪う系の意味になります。

第4文型で奪う系の意味になる代表的な動詞
take(O1からO2<時間>を奪う)、save(O1からO2<手間>を奪う)、owe(O1からO2<お金>を奪う)、deny(O1からO2<権利>を奪う)
(例2)It will take me half an hour to wash my car.(車を洗うのに半時間かかるだろう。)

costに続きtakeも代表的な第4文型の「奪う系」の動詞です。

(例3)If I buy a second-hand computer, it will save me hundreds of dollars.(中古のコンピューターを買えば、何百ドルも節約できる。)

saveも第4文型の代表的な「奪う系」の動詞ですね。save O1 O2で「O1のO2を省く」という意味になります。

第5文型(S+V+O+C)

長かった基本5文型の旅もいよいよ最後です。

第5文型は初学者が一番つまづきやすい文型です。ですが、わかりやすく解説するので、どうかご安心下さい!

さて、第5文型はSVOC、つまり「主語(S)+動詞(V)+目的語(O)+補語(C)」の形をとります。

そして、「OをCにする」または「OはCである」という意味合いになることが多いです。そして「O=C」の関係が成り立ちます。

いままでは「補語」と言えば、主語を補っていましたが、第5文型では、補語は目的語を補います

例えば、He made me angry.(彼は私を怒らせた。)という例文を考えてみましょう。

このmadeは「作る」という意味ではなく、「OをCにする」という意味です。

つまりHeが「me=angry」の状態にしたと理解することができます。

また、OとCの間には、「meangryである」という主語と述語のような関係が成り立ちます。

確かにOとCの間にはI am angryの関係が成り立っていますね。

He made me angry.
<S> <V> <O> <C>

例文を通じて第5文型に慣れよう

(例1)John made Mary his wife.(ジョンはメアリーを彼の妻にした。)

makeは「OをCにする」という意味でしたね。

MaryがOで、his wifeがCです。つまり、Maryhis wifeにしたわけです。ちゃんと「O=C」の関係が成り立っていますね。

また、第5文型では「OがCである」という主語と述語のような関係が成り立ちます

Mary(O)とhis wife(C)の関係をよく観察すると、「O is C」つまり、Mary is his wife.の主語/述語関係になっていることがわかります。

(例2)Sally left the door open.(サリーはドアを開けたままにしておいた。)

the door=openなので第5文型だと分かります。

the door(O)とopen(C)の間に、The door is open.の主語/述語関係が成り立っている点がポイントです。

ちなみに、この例文のopenは動詞ではなく形容詞で「開いている」という意味です。

(例3)I don’t like my eggs raw.

この記事の冒頭で紹介した例文です。

文の構造はI don’t like my eggs(O)raw(C).となります。

つまりmy eggs(私の卵)=raw(生)の関係です。

従って日本語訳は「私の卵が生なのは嫌です」となります。第5文型の知識があれば、簡単に訳せますね。

第5文型(応用編)-不定詞がCになる場合-

注意!
不定詞をまだ習っていない場合は、この項目は飛ばしてしまってもだいじょうぶです。

また5文型の発展的な内容になるので初学者の方や英語が苦手な方もこの項目は無視してもだいじょうぶです!

Cに原形不定詞

原形不定詞とは不定詞(to+動詞の原形)からtoを取っ払ったものです。

ある特定の動詞のときだけSVOCのCに原形不定詞がきます。

具体的には以下の3種類の動詞のときCに原形不定詞がきます。

  1. makehaveletといった使役動詞(※1)
  2. seeherefeelといった知覚動詞
  3. helphelp O doで「Oが~するのを助ける」)

(※1)使役動詞とは「<人>に~させる」という意味になる動詞です。

(例1)He let me go there.(彼は私をそこに行かせてくれた。)

⇒上記の赤字の部分が補語です。

(例1)では、meが目的語(O)でgoという動詞の原形が補語(C)になっています。

このgoは原形不定詞です。

ところで、let・have・makeは、いずれも「<人>に~させる」という意味ですが、この3つが全く同じ意味になるわけではありません。

それぞれニュアンスが異なります。

(例1)のletは《許可》のニュアンスで、「<人>に~させてあげる」という意味になります。

(例2)I had her check the documents.(私は彼女に書類をチェックしてもらった。)

(例2)の目的語はherです。使役動詞のhave(例文では過去形のhad)が動詞なのでCには原形不定詞のcheckがきます。

haveのニュアンスは《依頼》で、「<人>に~させる」という意味になります。

(例3)She made us carry the goods.(彼女は私たちに商品を運ばせた。)

(例3)の目的語はusです。

この例文のmakelethaveと同じ使役動詞です。

makeのニュアンスは《強制》で、「<人>に(無理やり)~させる」という意味になります。

このようにlet・have・makeは、使役動詞+O+原形不定詞(C)という特殊な形の第5文型をつくります。

そしてこの3つの使役動詞と同じようにCに原形不定詞をとるのがseeなどの知覚動詞です。

(例4)I saw him enter the shop.(彼が店に入るのを見た。)

(例4)のsawが知覚動詞です。

himがOで赤字enterがCです。

sawsee)の仲間で、Cに原形不定詞が来る知覚動詞は、hearfeelの2つです。

このようにsee・hear・feel知覚動詞+O+原形不定詞という特殊な形の第5文型をつくります。

(例5)I helped her learn English.(彼女が英語を学ぶのを手伝った。)

最後にhelpもCに動詞の原形(原形不定詞)をとります。herがOで原形不定詞のlearnがCです。

但しhelpの場合、help O to doto doは補語)という形になる場合もあります。つまり、(例5)をI helped her to learn English.と書き換えても間違いではありません。

この場合、to learnがCになります。

Cにto 不定詞

(例1)They advised us to start early.(彼らは我々に早く出発するよう忠告した。)

使役動詞・知覚動詞・helpのときは、例えばlet O doのように、Cに原形不定詞が入りました。

しかし、SVOCのCに動詞的なものを置く場合はto 不定詞を使うのが一般的です。

(例1)ではto startがCになっています。このとき目的語のusと補語のto startの間に、主語/述語関係がある点がポイントです。

理解を深めるために、もう1つ例文を見てみましょう。

(例2)Teachers should encourage their students to read.(教師は生徒に本を読むように勧めるべきだ。)

【語彙】encourage[他動詞](~するように励ます)

目的語のtheir studentsと補語のto readの間に主語/述語関係がある点がポイントです。「生徒が読む」わけです。

(例3)I want this to be delivered.(私はこれを配達してもらいたい。)

目的語がthisで補語がto be deliveredです。この例文のポイントは、目的語と補語の間の主語/述語関係が受動の関係になっていることです。

つまり、This is delivered.の関係になってます。ちなみに、この例文の場合、to beの部分を省略して、I want this delivered.と書いても正しい英語になります。

基本5文型の練習問題

1.次の英文は第何文型?

Sato complains about the salary.(佐藤さんは給与について不平を言います。)

解答解説1
東京経済大学の過去問です(改題)。日本語で考えても文型を見分けることは難しいので英文に着目します。まず主語はSatoですね。動詞はcomplains(不平を言う、愚痴をこぼす)です。about+the salaryは「給与について」という副詞になります。aboutsalaryの2つがセットで1つの副詞のような働きをします(このように複数の語で1つの副詞になることを”副詞句”といいます)。従って、この例題の英文はSV+副詞(M)の形なので、正解は第1文型です。

2.Could you(  )the blackboard please?

①look ②point ③erase

解答解説2
湘南工科大学の過去問です(改題)。youが主語です。そして、the blackboardという名詞が来ている点に着目します。これが目的語になるので第3文型(SVO)になると考えます。目的語が「blackboard(黒板)」なので、文意から「~を消す」という他動詞である③eraseが正解です。

全文:Could you erase the blackboard please?(黒板を消していただけますか。)

3.The meeting(  )the problems of poor family.

①discussed about ②discussed ③discussed on ④discussed at

解答解説3
帝京大学の過去問です(改題)。第1文型(SV)と第3文型(SVO)を見分けるには、他動詞か自動詞かの区別がポイントでした。discussは自動詞に間違われやすい他動詞の代表的なものです。この知識がないと、ついつい①discussed aboutを選びたくなりますがこれは間違いです。前置詞のついていない②discussedが正解です。the problemsが目的語ですね。

全文:The meeting discussed the problems of poor family.(その会議では貧困家庭の問題について議論をした。)

4.次の英文は第何文型?

There are a lot of dogs around here.(このあたりにはたくさんの犬がいる。)

解答解説4
There be構文では、本当の主語はbe動詞の後にきます。a lot of dogsがSで、areがVです。Therearound hereはどちらも副詞(M)です。副詞はSVOCのいずれにもなれません。従ってSV+副詞句(M)の第1文型が正解です。

5.次の英文は第何文型?

He looks young.(彼は若く見える。)

解答解説5
もしもこの英文がHe is young.(彼は若い。)ならすぐに第2文型(SVC)とわかりますよね。なぜならHe=youngという風にS=Cの関係が成り立つからです。しかし動詞がlooksなので第3文型(SVO)か第2文型(SVC)かで迷うかもしれません。ですが冷静にHeyoungの関係性を考えれば、動詞がlooksのときもhe=youngの関係になっていることがわかります。よって、SVCの第2文型が正解です。

6.次の英文は第何文型?

Linda is making Paul a cake.(リンダはポールにケーキを作っている。)

解答解説6
中部大学の過去問です(改題)。日本語文からもわかりますが、このmakeは「作る」の意味のmakeです。making以降を見ると、Paula cakeという2つの名詞があります。名詞は主語・補語・目的語になることができます。ここでは、名詞が目的語なのか補語なのかが問題になります。もしPaul=a cakeの関係ならばSVOCの第5文型になりますが、どう考えても「ポール≠ケーキ」ですよね。従ってmake+O1+O2第4文型(SVO1O2)が正解です。ちなみに、第4文型は「O1にO2を与える」という意味合いになるのが、その基本でしたね(※動詞がcosttakeなどのときは「奪う系」の意味になります!)。

7.It(  )me 5,000 yen to go to Nagoya from Osaka by train.

①charges ②costs ③pays

解答解説7
摂南大学の過去問です(改題)。(  )以下を見ると、me5000yenと2つの名詞がきています。me≠5000yenなのは明白なので、SVO1O2の第4文型だとわかります(第5文型ではO=Cになるからです)。①charges②costs③paysは、いずれも第4文型をとることができますが、①chargesは「O1にO2を請求する」という意味になり文意に合いません。③paysも「O1にO2を支払う」となり文意に合いません。従って②costsが正解です。costtakeは第4文型のとき「奪う系」の意味になる動詞でしたね。なお、Itは仮の主語で、本当の主語はto go to Nagoya from Osaka by trainです。

全文:It costs me 5,000 yen to go to Nagoya from Osaka by train.(電車で名古屋から大阪まで行くのに5,000円かかる。)

8.次の英文は第何文型?

She always keeps her room clean.(彼女はいつも部屋を綺麗にしている。)

解答解説8
keepsの後にher room(名詞)、clean(形容詞)がきている点に着目します。するとher room=cleanの関係が成立するので、SV+[O=C]の第5文型が正解です。

9.I had my neighbor(  )the leak in the kitchen.

①repair ②to repair ③repaired

解答解説9
関西学院大学の過去問です(改題)。動詞hadに着目します。have+O+C(=原形不定詞)で、「OにCさせる」という意味になります。このような使役動詞にはletmakeがありますが、haveは《依頼》のニュアンスで、とくに仕事を頼むときによく用いられます。従って正解は①repairです

全文:I had my neighbor repair the leak in the kitchen.(私は隣人に台所の水漏れを直してもらった。)

10.Although her parents had said “no” for a long time, they finally(  )her go to Europe alone.

①allowed ②let ③made

解答解説10
センター試験の過去問です(改題)。( )以下に着目すると、herが目的語で原形不定詞のgoが補語だとわかります。①allowedは補語に原形不定詞をとれないので不可です。②let③madeはどちらも使役動詞で補語に原形不定詞をとれます。しかし、③madeは「<人>に無理やり~させる」というニュアンスになるので文意にあいません。従って《許可》のニュアンスを持つ②letが正解です。

全文:Although her parents had said “no” for a long time, they finally let her go to Europe alone.(彼女の両親は長い間ノーと言っていたが、ついに彼女を独りでヨーロッパに行かせた。)

11.次の英文は第何文型?

I got him to fix the car.(私は彼に車を修理してもらった。)

解答解説11
himが目的語で、to fixが補語です。himto fixの間に「彼が修理する」という主語と述語の関係がある点に着目します。従ってSVOCの第5文型が正解です。なお、get+<人>+to doで「<人>に~してもらう」という意味です。

12.That man escaped? I want him(  )right now!

①finding ②found ③to find ④will be found

解答解説12
日本女子大学の過去問です。後半の文のhimが目的語。文意から「彼が見つかって欲しい」となるので、I want him to be found~としたいところですが、選択肢にto be foundはありません。従ってto beが省略された形の②foundが正解です。なお、正解のfoundが補語となり、目的語と補語の間にHe is found.と受動の関係がある点がポイントです。

全文:That man escaped? I want him found right now!(あの男が逃げただって?すぐに見つかって欲しい!)

関連記事

まとめ

  • 第1文型=SV、Vは自動詞でSVMの形をとることが多い
  • 第2文型=SVC、Cは補語で、「S=C」の関係が成り立つ
  • 第3文型=SVO、Oは目的語でVは他動詞(自動詞と他動詞の区別に注意!)
  • 第4文型=SVO1O2、「O1にO2を与える」という意味になることが多い
  • 第5文型=SVOC、「VがOをCにする」という意味合いが典型的で、O=Cの関係が成り立つ

 

参考書よりもわかりやすい英文法超入門講義TOPへ戻る

 

[広告]今Amazonで最も売れている英文法の参考書をチェックしよう!