英語の分詞とは?分詞と分詞構文をゼロからわかりやすく解説!

参考書よりもわかりやすい英文法超入門講座」の第20講です。

今回は「分詞と分詞構文」をとりげます。

なお分詞を理解するためには基本5文型の理解が必須です。

5文型の知識があやしい方は「英語の基本5文型とは?文型の見分け方もわかりやすく解説」も合わせて参考にしてみて下さい。

英語の分詞とは?

英語の分詞には現在分詞~ing)と過去分詞があります。

まずは現在分詞から解説していきます。

英語の現在分詞とは?

(例1)A rolling stone gathers no moss.(転がっていく石は苔を生じない。)

現在分詞は現在進行形でおなじみですね。例えばI’am cooking.(私は料理を作っている)という現在進行形の文のcookingは分詞です。

現在分詞はこのcookingのように動名詞と全く同じ形をしていますが両者は別物なので要注意です。つまり、動名詞は~ingで名詞になりますが、分詞は~ing形容詞になります。

そして現在分詞には、「~する/~している」という能動/進行の意味があります。

例文ではrollingstoneを形容詞として修飾しています。rolling stoneで「転がっている石」という意味ですね。

また、現在分詞が単独で名詞を修飾しているときは(例1)のように前から名詞を修飾します。一方、現在分詞が目的語や修飾語句を伴う場合は以下の例文のように後ろから名詞を修飾します。

(例2)The man standing by the door is a famous singer.(ドアの側に立っている男性は有名な歌手だ。)

英語の過去分詞とは?

(例1)We found a broken car on the road side.(私達は道端に壊れた車を見つけた。)

一方、過去分詞とはbreak-broke-brokenの最後のbrokenのように動詞の変化の3番目のものです。

過去分詞は「~される/~した」と受動/完了の意味を持ちます。

(例1)からもわかるとおり、過去分詞も単独の場合は名詞を前から修飾し、目的語や修飾語句を伴う場合は名詞を後ろから修飾します。

そして、(例1)ではA car is brokenという受け身の関係が成り立っていることがポイントです。

分詞の補語としての役割

(例1)The girl seemed charming.(その女の子は魅力的に思われた。)

補語になれるのは形容詞と名詞の2つです。分詞は形容詞なので補語(C)として用いることができます。

この例文はSVCの形になっているので、S=Cの関係が成り立ちます。つまりThe girl=charmingです。

(例2)Even on sunny days, the flowers remained closed.(晴れた日でさえ、その花は閉じたままだった。)

(例2)もSVCの形です。S+remain+Cで「SはCのままである」という意味です。SVCの第3文型ではS=Cになることを確認します。the flowers = closedですね。

また(例1)とは違い(例2)は過去分詞なので、The flowers are closed.という受動の関係も成り立っていることがポイントです。

(例3)They kept us waiting for an hour.(彼らは私達を1時間待たせた。)

この例文はSVOCの第5文型です。usがOでwaiting~がCです。uswaiting~の間にWe are waiting~.という能動の関係が成り立っている点がポイントです。

また第5文型ではO=Cの関係が成り立つので、us=waitingになっています。

(例4)At the dance party I saw her dressed all in red.(ダンスパーティーで私は彼女が全身赤の装いなのを見た。)

この例文もSVOCの第5文型です。herがOでdressed~がCです。(例4)では過去分詞が補語になっているため、OとCがShe is dressed all in red.受動の関係になっています。

また第5文型ではO=Cの関係が成り立ちます。her=dressed all in redの関係性ですね。

英語の分詞を理解するポイント

英語の分詞を理解するポイントは能動関係なのか受動関係なのかを見極めることです。文法問題で狙われるのは以下の例題のような形です。

例題:( )内の動詞を適切な形に直すと現在分詞と過去分詞のどっちになる?

He saw his son (sneak) out of the house.[関西学院大・改]

【語彙】sneak(こっそり逃れる)

I heard my name (call) in the waiting room.[関東学院大・改]

I couldn’t make myself (understand) in English.[大阪産業大・改]

解答解説①
①では、「彼の息子がこっそり逃れる」という能動の関係になっているのでsneakingが正解です。全文はI saw his son sneaking out of the house.(彼は息子が家からこっそり出ていくところを見た。)です。
解答解説②
②では、「自分の名前が呼ばれる(My name is called
」の受動関係になっているので、calledが正解です。全文はI heard my name called in the waiting room.(待合室で自分の名前が呼ばれるのが聞こえた。)です。
解答解説③
③は少し難しいですね。myselfunderstandの間にあるのは能動関係のような気もするし、受動関係のような気もします。実はこのmyselfは「自分自身の言っていること」という意味です。なので、「自分自身の言っていることが理解される」と考えます。従って、受動関係のunderstoodが正解です。全文はI couldn’t make myself understood in English.(私は英語で自分の言うことを相手にわからせることができない。)です。

付帯状況のwith

(例1)He sat in the chair with his legs crossed.(彼は足を組んで椅子に座った。)

with+O+Cで「OをCしながら」という付帯状況を表します。(例1)の場合、「彼は椅子に座っている」というメインの意味に付帯状況のwithで「足を組んで」と情報を付け足しています。

with+O+Cの文構造になるので、O=Cで、his legs=crossedの関係が成り立っている点がポイントです。またhis legscrossedの間に受動の関係がある点にも着目します。

(例2)Don’t speak with your mouth full.(口に物を入れてしゃべってはいけません。)

(例2)では、your mouthがOで形容詞のfullがCです。これは簡単ですね。もちろんO=Cなので、your mouth=fullの関係です。

感情動詞と分詞の英語表現

(例1)I was surprised at the news.(私はその知らせに驚いた。)

日本語と英語では「感情」の捉え方が正反対です。日本語では感情はひとりでに生じるものと考えますが、英語での感情は「向こうからやってくるもの」という認識です。

例えば(例1)を見ると「驚いた」という日本語を英語では受動態で表現しています。

(例2)The book is very interesting.(この本はとても面白い。)
(例3)I am interested in this book.(私はこの本に興味を持っている。)

interestは「興味を起こさせる」という意味なので、(例2)のように感情の原因が主語にくるときは現在分詞になり、(例3)のように、感情を抱く主体が主語になるときは過去分詞になります。

分詞構文

(例1)Viewed from this angle, the doll looks more attractive.(この角度から見ると、その人形はより魅力的だ。)

分詞構文とは本来の副詞節から接続詞と主語を省略して副詞句にしたものです。省略されている主語は主節の主語と同じものです。

そのため分詞構文の動詞と主節の主語を見比べて能動関係なら現在分詞を用い、受動関係なら過去分詞を用います。

(例1)の場合、省略されている主語は主節の主語であるthe dollです。the dollviewの関係を考えると、The doll is viewed.(その人形は見られる)という受動の関係になっているので、Viewedで文が始まっています。

つまり、(例1)は、When the doll is viewed from this angle, it looks more attractive. という英文から接続詞と主語を取り払った形と言えます。

(例2)Not knowing what to say, I remained silent.(何を言うべきかわからなかったので私は黙っていた。)

knowIの関係を考えると「私が何を言うべきかわからなかった」と能動の関係になっているのでknowingと現在分詞を用います。

また、分詞構文を否定するときは、(例2)のように、分詞の直前notneverを置きます。

(例2)はAs I didn’t know what to say, I remained silent.の接続詞と主語を省略したものです。

(例3)Ann, hearing a noise, went downstairs.(アンは物音を聞いて、階下へ降りた。)

この例文のように文中に分詞構文を置くこともできます。(例3)の場合、主語はAnn、動詞はhearになるので、能動関係で、hearingと現在分詞が使われています。

(例4)There being no bus service, I had to walk home.(バスの便がなかったので、私は家まで歩かなければならなかった。)

There be構文を分詞構文にするとThere being~となります。

元の文はBecause there was no bus service, I had to walk home.となります。ここから接続詞のBecauseをとって、wasbeingにした形ですね。

ちなみにthereは副詞です。主語ではありません。

分詞構文の完了形

(例)Having lost his money, John was not able to pay for lunch.(お金をなくしてしまったので、ジョンは昼食代を支払えなかった。)

分詞構文の完了形はhaving+過去分詞で表し、主節の動詞より以前のことを意味します。

この例文の場合「お金をなくした(Having lost)」のは「昼食代を支払えなかった」よりも、さらに過去の出来事です。そのため分詞構文の完了形になっています。

独立分詞構文

(例)Night coming on, the boys hurried to meet their parents.(夜が近づくと、少年たちは親に会うために足を速めた。)

主節の主語と分詞構文の主語が一致ぜず、分詞構文の主語がそのまま残った場合を独立分詞構文と言います。分詞構文の主語はNightで主節の主語はthe boysです。

分詞・分詞構文の練習問題

1.( )内の動詞を適切な形にすると現在分詞と過去分詞のどっち?

It was very (excite) news.

解答解説1
exciteは感情動詞で「興奮させる」という意味です。修飾されているnewsとの関係性を考えるとnewsが「興奮させられる」わけではなく、「興奮させるニュース」という意味になるので、excitingが正解です。

全文:It was very exciting news.(それはとてもわくわくするニュースだった。)

2.It(  )for Mary to learn that her bike had been stolen.

①has shocked ②shocked ③was shocked ④was shocking

解答解説2
センター試験の過去問です。まずは主語を確認します。Itは仮の主語なのでこの場合、考慮にいれません。本当の主語はto learn that her bike had been stolenです。感情動詞のshockは「ショックを与える」という意味なので、「自分の自転車が盗まれたこと」がメアリーにショックを与えたわけです。従って、能動の関係なので、④was shockingが正解です。ちなみにthat節の動詞がhad beenとなっているのは、「自転車を盗まれた」の方が「メアリーにとってショックだった」ことよりも、さらに過去を表すからです。

全文:It was shocking for Mary to learn that her bike had been stolen.(自分の自転車が盗まれたことを知って、メアリーはショックだった。)

3.We often hear it(  )that a child can easily adjust to changes in its environment.

①said ②saying ③say ④to say

解答解説3
学習院大学の過去問です。hearは知覚動詞なのでSVOCのCに原形不定詞をとることもできれば、Cに現在分詞や過去分詞もとることができます。この問題では、itは形式目的語なので考慮にいれません。本当の目的語のthat a child can easily adjust to changes in its environmentsayの関係性を考えます。「子供は簡単に環境の変化に順応できる」と「言われている」わけですから、受動関係です。従って①saidが正解です。

全文:We often hear it said that a child can easily adjust to changes in its environment.(私達はしばしば子供は簡単に環境の変化に順応できると言われることを耳にする。)

4.I’m sorry to have kept you(  ).

①wait ②to wait ③waited ④waiting

解答解説4
中部大学の過去問です。keep+O+doingで「Oにdoさせ続ける」という意味です。従って④waitingが正解です。分詞の問題ではこの形がよく出題されます。

全文:I’m sorry to have kept you waiting.(お待たせして申し訳ありません。)

5.I always walk my dog along the beach,(  )the sea view.

①being enjoyed ②enjoy ③enjoying ④with enjoying

解答解説5
the sea viewが目的語になるため能動の関係と考えます。そのことを考慮しなくても主語のIenjoyの関係を考えれば能動関係とわかります。付帯状況のwithを考慮して④with enjoyingと迷うかもしれませんが、付帯状況のwithwith O Cの形になるので不適切です。従って③enjoyingが正解です。

全文:I always walk my dog along the beach, enjoying the sea view.(私はいつも海の眺めを楽しみながらビーチに沿って犬の散歩をしている。)

 

 

参考書よりもわかりやすい英文法超入門講義TOPへ戻る

 

[広告]今Amazonで最も売れている英文法の参考書をチェックしよう!