英語の動名詞とは?基礎から応用までわかりやすく解説

参考書よりもわかりやすい英文法超入門講座」の第19講です。

英語の動名詞をはじめて学ぶ人にもわかるように、基礎から丁寧に解説します。

また基礎だけではなく英語の動名詞の応用的な知識も身に着けられるようになっています。

この記事の最後には英語の動名詞の練習問題も収録しています。

英語の動名詞を学ぶにあたって

英語の動名詞には不定詞のような複雑さはなく「簡単」な文法項目です。そして動名詞の勉強は単純暗記が中心です。「覚えていればできるけれど、覚えていないとできない」それが動名詞の文法問題の特色です。

詳細は本文で解説しますが、基本的には以下の3つを暗記すればいいだけです(といっても暗記は面倒ですけどね…)。

  • 動名詞と不定詞の両方を目的語にとる動詞
  • 動名詞だけを目的語にとる動詞
  • 動名詞の慣用表現

なるべく例文を多くのせ、暗記しやすいように心がけました。例文を何度も音読するのが効率的に暗記するコツです。

英語の動名詞とは?

(例1)Smoking is bad for health.(たばこを吸うことは身体に悪い。)

英語の動名詞は「~すること」という意味で、動詞の原形にingをつけた形です。その結果、動詞にもかかわらず名詞の働きをします。そのため、文の主語(S)、目的語(O)、補語(C)になることができます。

(例1)では動詞のsmoke(タバコを吸う)にingを付けて動名詞にしています。そして動名詞のsmokingが文の主語になっています。

英語の動名詞への理解を深めるためにさらに例文を見てみましょう。

(例2)I like playing soccer.(私はサッカーをすることが好きだ。)

playing soccerが「サッカーをすること」という名詞になっています。そしてlikeの目的語にもなっています。

動名詞と名詞との違いは、動名詞は元々動詞なので、(例2)の英文のようにplayingの後にsoccerと目的語をとることができるという点です。そしてplaying soccerで1つの名詞のカタマリになります。

(例3)My hobby is drawing pictures.(私の趣味は絵を描くことだ。)

drawing pictures(絵を描くこと)が名詞のカタマリを作り、文中の補語の役割をしています。

英語の動名詞と不定詞との違い

動名詞と不定詞の意味の違い

(例1)We enjoyed talking.(私達は会話をすることを楽しんだ。)

My dream is to become a doctor(私の夢は医者になることだ。)というように不定詞は「これからすること」を表します。

一方、動名詞は(例1)のように「していること/していたこと」を表します。

つまり不定詞が未来のイメージで動名詞が過去のイメージです。

例えばforget(忘れる)は目的語に不定詞をとることも動名詞をとることもできますが、不定詞の場合と動名詞の場合ではニュアンスが全く異なります。

(例2)I will never forget having dinner with you last year.(去年あなたと夕食を共にしたことを決して忘れません。)
(例3)Don’t forget to submit the documents.(書類を提出するのを忘れないで下さい。)

(例2)では目的語に動名詞をとっているので「過去に~したことを忘れる」というニュアンスですが、(例3)では「これから~することを忘れる」というイメージですね。

このように不定詞は「未来」のイメージで、動名詞は「過去」のイメージなのです。

動名詞は不定詞とは違い前置詞の目的語になれる

もう1つの不定詞と動名詞の違いは、動名詞は前置詞の目的語になれる点です。

(例4)We are talking about studying abroad.(私達は留学することについて話している。)

(例2)では、動名詞studying abroadが前置詞aboutの目的語になっています。

動名詞の意味上の主語

(例1)Do you mind my [me] smoking?(タバコを吸ってもいいですか。)

動名詞の意味上の主語を表す場合、myのような所有格か、meのような目的格かのどちらかを用います。

つまりDo you mind my smoking?Do you mind me smoking?はどちらも同じ意味で正しい英文になります。

ただし、動名詞の意味上の主語が目的格になってもいいのは、その動名詞が文の目的語のときだけです。下記の例文のように動名詞が主語として用いらられる場合は、所有格のみを使うことができます。

His winning the prize was unexpected.彼が賞をとったことは予想外だった。)

Him winning the prize~(×)とするのは間違いです。

動名詞の否定形

(例)I have been accustomed to not believing what he tells me.(私は彼の言うことを信じないようになった。)

【語彙】be accustomed to(~に慣れている/~が習慣になっている)

動名詞を否定する場合はnotneverを動名詞の直前に置きます。

動名詞の完了形

(例)He was arrested on suspicion of having killed the man.(彼はその男を殺した容疑で逮捕された。)

【語彙】on suspicion of(~の容疑で)

動名詞の完了形はhaving+過去分詞で表します。そして動名詞の完了形は述語動詞よりも前の時を表します。「逮捕された」より以前に「その男を殺した」というわけです。

動名詞の受動態

(例)I don’t like being told those things by him in such a rude manner.(彼からあんなに失礼な態度で、そんなことを言われるのは気に入らない。)

動名詞の受動態はbeing+過去分詞で表します。

動名詞と不定詞を目的語にとる動詞

(例1)I am sure I locked the door when I left home. I clearly remember locking it.(確かに家を出るとき鍵をかけた。鍵をかけたことをはっきりと覚えている。)

rememberは目的語に動名詞と不定詞の両方をとれますが、動名詞は《過去》のニュアンス、不定詞は《未来》のニュアンスなので、それぞれ意味が違ってきます。

  • remember Ving(Vしたことを覚えている)
  • remember to V(忘れずにVする)
(例2)Please remember to mail this letter tomorrow.(明日、忘れずにこの手紙を出して下さい。)
(例3)I regret lending him my dictionary. I cannot do my work without it.彼に辞書を貸したことを後悔している。その辞書が無いと仕事にならない。)

regretも動名詞と不定詞の両方を目的語にとれる動詞です。意味の違いは以下のようになります。

  • regret Ving(Vしたことを後悔する)
  • regret to V(残念ながら~する)
(例4)I regret to say I cannot come.(残念ですが、行けません。)

regretto 不定詞で用いられる場合、I regret to say~.(残念ながら~だ)の形で使用されることが多いです。

さて、目的語が動名詞と不定詞で意味が違ってくる動詞で注意すべきはneedです。needは動名詞を目的語にとるときだけ受動的な意味になります。

これだけではわかりにくいと思うので例文を見てみましょう。

(例5)Those windows need cleaning.(それらの窓は掃除される必要がある。)

この例文をto 不定詞で書き換えるとThose windows need to be cleaned.となります。needの目的語が動名詞のときだけ受動的な意味になるのです。

そのためneed doing=need to be doneとなります。

needと同様に動名詞を目的語にとるとき受動的な意味になる動詞

  • need Ving(Vされる必要がある)=[need to be done
  • need to V(Vする必要がある)
  • want Ving(Vされる必要がある)=[need Ving
  • want to V(Vしたいと思う)
  • deserve Ving(Vされるだけの価値がある)=[deserve to be done
  • deserve to V(Vする価値がある)

その他の動名詞と不定詞の両方を目的語にとる動詞

  • try Ving(試しにVしてみる)
  • try to V(Vしようとする)
  • mean Ving(Vすることを意味する)
  • mean to V(Vするつもりである)=[intend to do
  • go on Ving(Vし続ける)
  • go on to V(さらに続けてVする)=[proceed to do

動名詞のみを目的語にとる動詞

動名詞の基本イメージは「過去」ですが、「していること」も動名詞で表します。ここでは動名詞のみを目的語にとる他動詞を紹介します。

(例1)It is time you stopped talking.(もうしゃべるのはやめていい頃だ。)

stop(~するのをやめる)は動名詞のみを目的語にとります。

(例2)Would you mind opening the window?(窓を開けてくれませんか?)

mind(~することを嫌がる)も動名詞のみを目的語にとります。

(例3)She tried to avoid meeting the boss.(彼女は上司に会うのを避けようとした。)

avoid(~を避ける)も動名詞のみを目的語にとります。ちなみに、try to Vは「Vしようとする」という意味でしたね。

(例4)Have you finished writing your essay?(論文は書き終わりましたか。)

finish(~を終える)も不定詞を目的語にとることはできません。動名詞のみです。ちなみに、この例文は現在完了の結果用法ですね。

(例5)Don’t put off writing a letter to Harry.(ハリーに手紙を書くのを先延ばししてはいけません。)

put offで「延期する」という意味です。同じ意味の単語にpostpone(延期する)があります。put offpostponeも目的語にとれるのは動名詞のみです。

動名詞のみを目的語にとるその他の動詞

  • give up(~をやめる)
  • escape(~を逃れる)
  • miss(~し損なう)
  • quit(~をやめる)
  • deny(~しているのを否定する)
  • enjoy(~を楽しむ)
  • practice(~を練習する)
  • admit(~したことを認める)
  • appreciate(~を有難く思う)
  • consider(~しようかと考える)=[think of
  • suggest(~しようと提案する)
  • imagine(~を想像する)

動名詞の慣用表現

ここからは動名詞の文法問題でよく狙われる英語の動名詞の慣用表現を紹介していきます。慣用表現は定型表現なので基本的には暗記するしかないです。例文を繰り返し音読すると暗記効率がいいでしょう。

(例1)I had difficulty finding the station.(私はその駅を見つけるのに苦労した。)

have difficulty [trouble] (in) doingで「~するのに苦労する」という慣用表現になります。

【参考例文】You may have trouble finding the thing you are looking for.(あなたは探しているものを見つけるのに苦労するかもしれません。)

(例2)I spent five hours drawing the picture.(その絵を描くのに5時間かけた。)

spend+O+(in) doingで「doするのに~を費やす」という意味の慣用表現になります。

(例3)The high school students are busy preparing for the examination.(高校生たちは受験準備に忙しい。)

【語彙】prepare for(~の準備をする)

be busy (in) doingで「~するのに忙しい」という意味の慣用表現です。

(例4)There is no telling when the rainy season will be over.(梅雨がいつ終わるのかわからない。)

There is no doingで「~することはできない」という意味の慣用表現です。

(例5)It is no use crying over spilt milk.(こぼれた牛乳を悔やんで泣いても仕方がない。→覆水盆に返らず。)

【語彙】persuade(説得する)

It is no use [good] doingで「~しても無駄だ」という意味の慣用表現です。文法問題ではusegoodの言い換えが狙われやすいです。It is no use doing=It is no good doing

(例6)There is no point in having piano if you never play it.(演奏しないのであればピアノを持っていても無駄だ。)

There is no point [use/good] (in) doingも「~しても無駄だ」という意味でIt is no use [good] doingと同じ意味の慣用表現です。

(例7)The novel is worth reading.(この小説は読む価値がある。)

be worth doingで「~する価値がある」です。readingの意味上の目的語はThe novelsになります。

(例8)I don’t feel like waiting any longer.(私はこれ以上待つ気がしない。)

feel like doingで「~したい気がする」です。

(例9)It goes without saying that honesty is the best policy.(正直は最良の策であることは言うまでもない。)

It goes without saying thatで「~は言うまでもない」です。

(例10)On arriving at his destination, he phoned her.(彼は目的地に着くとすぐに彼女に電話した。)

【語彙】destination(目的地、行き先)

on doingで「するとすぐに」です。as soon asと同じ意味ですね。on doingas soon asの書き換え問題は頻出です。

(例11)I look forward to seeing you in Nagoya.(あなたと名古屋で会えるのを楽しみにしています。)

look forward to doing(~するのを楽しみに待つ)は頻出です。センター試験や共通テストでもよく出題されます。

(例12)How about changing place?(場所を入れ替わってみてはどうかな。)

How about doing~?「~してはどうですか」

動名詞の練習問題-8題-

ここからは英語の動名詞の問題演習です。大学入試の過去問を中心に8題掲載しました。詳しい解説付きです。

1.There is no hope of his(  )alive.

①be ②to be ③being ④to being

解答解説1
駒澤大学の過去問です。動名詞の意味上の主語を問う問題です。動名詞が前置詞の目的語になるときに、意味上の主語を表す場合は、所有格か目的格を動名詞の前に置きます。本問では( )の直前にhis(所有格)があるので動名詞の③beingが正解です。また前置詞ofの目的語になれるのは動名詞だけです。

全文:There is no hope of his being alive.(彼が生存している望みはない。)

2.She went out of the room without (  )by anyone present there.

①being noticed ②noticing ③be noticed ④to be noticed

【語彙】present(居合わせて)

解答解説2
大阪産業大学の過去問です。前置詞withoutの目的語になれるのは動名詞なので、①being noticedが正解です。動名詞の受動態ですね。ちなみにpresent thereanyoneを修飾しています。

全文:She went out of the room without being noticed by anyone present there.(彼女はそこにいた誰からも気づかれないで部屋を出た。)

3.Did you remember(  )all the files on a backup disk?

①to save ②saved ③to saving ④save

解答解説3
東京経済大学の過去問です。rememberは動名詞と不定詞の両方を目的語にとる動詞ですが、文法的に①to save以外は不可です。従って①to saveが正解です。remeber to doで「忘れずに~する」という意味です。なおremember doingは「~したのを覚えている」という意味です。

全文:Did you remember to save all the files on a backup disk?(バックアップ用のディスクに全てのファイルを忘れずに保存しましたか?)

4.I remember(  )with Tom in the park when he were younger.

①play ②played ③playing ④to play

解答解説4
拓殖大学の過去問です。rememberの意味は目的語が動名詞か不定詞かで変わってきます。そのため文法的には③playing④to playの2つが考えられます。あとは文意から判断していくしかありません。remeber to doは「忘れずに~する」という意味で、remember doingは「~したのを覚えている」という意味です。文意に合うのはremember doingは「~したのを覚えている」なので、③playingが正解です。

全文:I remember playing with Tom in the park when he were younger.(私たちがもっと幼かった頃、公園でトムと遊んだことを覚えている。)

5.(  )communication skills makes your college life more satisfying.

①Development ②Developing ③Develops ④Being developed

解答解説5
動名詞は名詞なので①主語、②補語、③目的語、④前置詞の目的語になることができます。この問題の場合は動名詞が主語になるパターンです。従って②Developingが正解です。Developing communication skillsが主語です。なおこの英文はmake O C「OをCにする」という第5文型になっています。Oはyour college lifeでCはmore stisfyingです。

全文:Developing communication skills makes your college life more satisfying.(コミュニケーション能力を高めることは大学生活をより満足のいくものにしてくれる。)

6.It was such a nice and touching movie that you shouldn’t miss(  )it.

①in seeing ②seeing ③to see ④to have seen

解答解説6
摂南大学の過去問です。missは目的語に不定詞ではなく動名詞をとります。従って、②seeingが正解です。

全文:It was such a nice and touching movie that you shouldn’t miss seeing it.(それはとても素晴らしくて感動的な映画なので見逃さないで下さい。)

7.I would appreciate(  )from you soon.

①hearing ②to hear ③on hearing ④for hearing

解答解説7
西南学院大学の過去問です。appreciateは不定詞ではなく動名詞を目的語にとる動詞です。従って①hearingが正解です。

全文:I would appreciate hearing from you soon.(すぐにご連絡をいただければ幸いです。)

8.Sarah’s interests lie in academics, so it’s no(  )trying to persuade her to work for our firm.

①meaning ②purpose ③time ④use

【語彙】lie in(~にある)

解答解説8
立教大学の過去問です。動名詞の定型表現です。It is no use [good] doingで「~しても無駄だ」という意味です。従って④useが正解です。

全文:Sarah’s interests lie in academics, so it’s no use trying to persuade her to work for our firm.(サラは大学教員になることに関心があるので、我が社で働くよう説得しても無駄だ。)

 

参考書よりもわかりやすい英文法超入門講義TOPへ戻る

 

[広告]今Amazonで最も売れている英文法の参考書をチェックしよう!