簿記」カテゴリーアーカイブ

買掛金の仕訳

買掛金とは 買掛金とは後で代金を支払わなければならない義務のことです。先に商品を受け取って、代金は後払いというわけですね。そのため、買掛金は負債のグループに分類されます。 買掛金で仕入れたときの仕訳 取引例: 先ず仕入(… 続きを読む »

【簿記】三分法の仕訳

簿記における商品売買の仕訳方法には、分記法と三分法の2つがあります。この記事では、三分法を用いた商品売買の仕訳方法をわかりやすく解説します。 三分法とは 三分法とは商品売買を仕入(費用)、売上(収益)、繰越商品(資産)の… 続きを読む »

【簿記】分記法の仕訳

分記法とは 分記法とは商品売買について商品(資産)と商品売買益(収益)の2つの勘定で仕訳処理を行うことをいいます。尚、日商簿記3級では、分記法による仕訳は滅多に出題されません。特にことわりがない限り、三分法で仕訳します。… 続きを読む »

【簿記】他人振出小切手の仕訳

他人振出小切手は現金である 他人振出小切手は一見すると通貨や貨幣とは違うように見えますが、通貨代用証券という現金の一種です。通貨代用証券とは銀行に持っていくとすぐに現金と交換してもらえるモノ。そのため、他人振出小切手を受… 続きを読む »