アフィリエイト入門講座4:その記事に存在意義はあるのか?

アフィリエイト入門講座の第4回目です。今回はライバルサイトとの差別化についてお話します。

検索上位を達成するには、質の高いコンテンツ作りに励むのはもちろんですが、つねに「この記事に存在意義はあるのか?」と自問自答しなければいけません。

なぜなら、ライバル記事と似たような記事を書いても、検索ユーザーの目線から見れば意味がないからです。

ですから、「この記事がなくても他の記事があれば検索ユーザーからすれば十分なのでは?」と思えるような記事を書いても時間と労力の無駄になってしまいます。

そのため常に、「どうすればライバルと差別化できるのか?」を考える必要があります。

つまりいかに独自性を発揮できるかが重要というわけですね。

そのためには、実際に、上位化を狙っているキーワードで検索をかけてみて、既存の記事に「勝てそうかどうか」をじっくり考えてみることが必要です。

差別化のポイント

では、ライバル記事と差別化するにはどうすればいいでしょうか?

1、分かりやすさ

仮に他の記事と似たような内容を扱っていても圧倒的に分かりやすければ、その「分かりやすさ」は十分な差別化になります。

2、見やすさ

見やすさを高めるコツは1つの見出しに対し、文字数を多くしないことです。つまり分かりやすさを維持しつつ、簡潔(かんけつ)に書くことです。いかに少ない文字数でポイントを分かりやすく伝えられるか?を意識することが大切です。

3、速さ

検索ユーザーが欲している情報により早くたどりつける記事にすることも大切です。例えば前置きがダラダラと長すぎるとなかなか欲しい情報にたどりつけませんよね。

4、信頼性

情報の信頼性は当然、重要ですよね。嘘や的外れなことを書かないようにします。

5、最新の情報

扱う情報によってはすぐに時代遅れになってしまうことがあります。そういう場合は、一旦記事を書いて終わりではなく、後日、加筆訂正をして、情報が新鮮な状態になるよう記事をメンテナンスします。

まとめ

記事内容の差別化はSEO上の重要なポイントです。是非この記事を参考に「いかに独自性を出すか?」を考えてみて下さい。差別化を意識するだけでも、記事の質はグンと上がるはずです。

 

アフィリエイト入門講座TOPへ戻る

 

[PR]Amazonで最新のアフィリエイト入門書をチェックしてみよう!