3分でわかる!蔵人所・蔵人頭を簡単に超わかりやすく解説!

平安時代

薬子の変をきっかけに蔵人所/蔵人頭を設置

薬子の変

810年の薬子くすこへん平城太上天皇へいぜいだいじょうてんのうへん)では、政府が2箇所にある状態になります。二所朝廷にしょちょうていと呼ばれる政治的混乱です。

平安京へいあんきょうを拠点とする嵯峨さが天皇平城京へいじょうきょうを拠点とする平城へいぜい上皇じょうこうの間で政権争いが起きるわけです。

【あわせて読みたい】読むだけで面白いほどわかる薬子の変!

蔵人頭とは

このような状況の中で、嵯峨さが天皇政治の機密情報などが反対派にもれないように太政官だいじょうかんとは別に蔵人頭くろうどのとうを設置します。

蔵人頭くろうどのとう令外官りょうげのかんの1つです。令外官りょうげのかんとは律令に記載のない官職のことでしたね。

蔵人頭は蔵人所くろうどどころで政務にあたる天皇の秘書官であり、天皇の側近中の側近です。そして、蔵人頭の仕事は天皇の命令を速やかに保持・伝達することです。

なお、蔵人所くろうどどころで働くその他の職員(秘書官)を単に「蔵人くろうど」といいます。

藤原冬嗣の権力強化と北家の台頭

嵯峨天皇は蔵人頭に藤原冬嗣ふじわらのふゆつぐ巨勢野足こせののたりの2名を任命します。このうちとくに北家ほっけ出身の藤原冬嗣ふじわらのふゆつぐが強い権力を握ります。

こうして藤原北家が台頭します。

北家台頭の理由

北家ほっけが台頭した理由は嵯峨天皇と対立した平城天皇が式家しきけ出身の藤原薬子ふじわらのくすこという女性を重用していたからです。

薬子くすこへんでは、嵯峨天皇が勝利しますから、当然、嵯峨天皇がひいきしている藤原北家が力を伸ばしてくるわけですね。

太政官の有名無実化

こうして810年に蔵人所くろうどどころ蔵人頭くろうどのとうが設置されると、それまで政治の中枢にいた太政官だいじょうかんは、廃止こそされないものの実際にはあまり価値のない立場になってしまいます。

嵯峨天皇の法令整備!律令格式とは!?格と式の違いは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました