深い文章を書く方法

雑感

準備に準備を重ねた上で書かれた文章は自ずと深いものになります。多少、不器用でも、内容の深さこそ文章の価値です。

深い文章を書くには、毎日、欠かさずなんらかの文章を書く習慣と猛勉強の2つが役立ちます。

毎日書く文章は日記でもエッセイでも、意味不明なメモ書きでも構いません。

一方、猛勉強には乱読、専門性の追求、実体験の3種類があります。

乱読のコツは手当たりしだいにテキストを読む中で、普段、自分自身が絶対に読みそうにない本を積極的に取り込むことです。例えば僕なら普段は文型の学術書だったり教養書を読むことが多い。そこで突然、『麻酔科医ハンドブック』なる医学書を意味もわからず読んでみたり、あるいは唐突に絵本を読んでみたりするといいでしょう。あるいは高校で習うような古文なんかを無理やり読んでみるのもいい。

一方専門性の追求という意味では、コレと決めた分野の書籍や論文を読み漁る。例えば古代史の本や論文を読みまくる。

また、実体験とは、かっこいい言葉で言うとフィールドワークですね。旅行なんかに行くのが一番の取材になりますが、金銭的な事情もあるので、とりあえず近所を散歩するだけでも取材になります。

こうした手段を駆使して、十分すぎるほどに準備することが深い文章を書き上げるための土台です。この土台をいかに広く立派なものにするかで、記事内容の深みは決まってしまいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました