墾田永年私財法の史料を超わかりやすく解説!現代語訳つき!続日本紀

奈良時代

墾田永年私財法の復習

元正げんしょう天皇の時代には口分田くぶんでんの不足が深刻になり、これを解決するために長屋王ながやおう政権が百万町歩開墾計画三世一身法を出しますが、これら2つの土地改革は失敗に終わります。

そこで、恭仁京くにきょうに遷都した後、聖武しょうむ天皇もとで橘諸兄たちばなのもろえ政権は743年に墾田永年私財法こんでんえいねんしざいほうを出します。

墾田永年私財法こんでんえいねんしざいほうは開墾した土地の永久私有を認める法令ですから、土地の国有は諦めざるを得ません。

そこで、語呂合わせです。

語呂合わせ

743年:墾田永年私財法→国有はなしさ743墾田永年私財法!

墾田永年私財法の史料と現代語訳-出典『続日本紀』

さて、それでは大学入試超頻出史料である墾田永年私財法の史料を確認していきましょう!

出典は『続日本紀しょくにほんぎ』です。

墾田永年私財法の史料本文

天平てんぴょう十五年五月)乙丑いっちゅうみことのりしていわく、「くならく、墾田こんでん養老ようろう七年ななねんきゃくりて、かぎりつるののちれいりて収受しゅうじゅす。これりて農夫のうふ怠倦たいけんし、ひらきたるあれると。いまより以後いごまま私財しざいし、三世一身さんぜいっしんろんずることなく、みなことごとく永年えいねんることなかれ」

現代語訳743年5月、天皇のみことのりによって、開墾地かいこんちは三世一身法により期限が過ぎれば国に返還させてきた。このため農民は期限が近づくと意欲を失い、せっかく開墾した土地もまた荒れ果ててしまっていた。そこで、以後、開墾した土地の私有を認め、三世一身法をやめ、永久に国家は土地を取り上げてはならない。

養老ようろう七年のきゃく」は三世一身法さんぜいっしんのほうの別名ですが、この言葉に騙されて、三世一身法の史料と勘違いしないことが大切ですね。

下記の赤字部分から墾田永年私財法の史料だと見抜きたいところです。

まま私財しざいし、三世一身さんぜいっしんろんずることなくみなことごとく永年えいねんることなか

この墾田永年私財法によって、公地公民制が崩壊し、大寺院・貴族・地方豪族たちが次々に土地を開墾し私有地を広げていきました。

こうして生まれた大規模な私有地を初期荘園しょきしょうえんといいます。

【関連記事】三世一身法の史料!出典『続日本紀』を超わかりやすく解説!

読むだけで面白いほどわかる奈良時代の完全まとめ!

【人気記事】読むだけでスラスラわかる!奈良時代の総まとめ!

奈良時代の日本史用語を超効率的に暗記できる!

【人気記事】奈良時代の問題演習!一問一答・良問17選!

コメント

タイトルとURLをコピーしました