蓄銭叙位令の史料を超わかりやすく解説!現代語訳つき!続日本紀

奈良時代

蓄銭叙位令の復習

711年の蓄銭叙位令ちくせんじょいれいとは和同開珎わどうかいちんがなかなか流通しないため、政府が出したみことのりです。

語呂合わせ

蓄銭叙位令ちくせんじょいれいは年号も重要ですよ。「お金がないー711!蓄銭叙位令」と覚えましょう。

ところで、蓄銭叙位令が出されたのは元明げんめい天皇の時代ですよ。権力者は藤原不比等ふじわらのふひとでしたね。

当時はいねぬの貨幣かへいとして用いられていたので、和同開珎わどうかいちんはほとんど使われていませんでした。

蓄銭叙位令の背景を確認したところで、早速、『続日本紀しょくにほんぎ』の蓄銭叙位令とその現代語訳を確認していきましょう!

【人気記事】読むだけで面白いほどわかる!奈良時代の完全まとめ!

蓄銭叙位令の史料と現代語訳-出典:『続日本紀』

まずは本文全体とその現代語訳を確認した後に、一行、一行丁寧に解説しますね!

蓄銭叙位令の本文

和銅わどう四年十月、みことのりしていわく、「ぜにようなるは、ざいつうじて有無うむ貿易ぼうえきする所以ゆえんなり。当今とうこん百姓ひゃくせいなお習俗しゅうぞくまよひていまかいせず。わずか売買ばいばいすといえども、ぜにたくわふるものし。その多少たしょうしたがひて節級せっきゅうしてくらいさずけん。……」

現代語訳711年、天皇が詔を下しておっしゃることには、「そもそも銭というものの役割は品物を交換する手段である。しかし多くの人々は古い習慣に従ったままで、まだその意味を理解していない。銭を売買に使う者もいるが、なおいまだこれを蓄えるものはいない。そこで蓄銭の度合いに応じて等級を定めて位を与えることにする。」

蓄銭叙位令は『続日本紀しょくにほんぎ』の出典です。

さて、ここからは一行一行丁寧に読み解いていきましょう。

和銅わどう四年十月

とは西暦711年のことです。蓄銭叙位令が出された年ですね。覚え方は「お金がないー711!蓄銭叙位令」でした。

続いて、

ぜにようなるは、ざいつうじて有無うむ貿易ぼうえきする所以ゆえんなり。

そもそも銭というものの役割は品物を交換する手段である。

の部分は簡単ですね。

次に、

当今とうこん百姓ひゃくせいなお習俗しゅうぞくまよひていまかいせず。

しかし多くの人々は古い習慣に従ったままで、まだその意味を理解していない。

とありますが、「当今とうこん」というのは「今現在」のことです。で、この文の「百姓ひゃくせい」は「農民」という意味ではなく、「一般の人々」という意味です。

また、ここでいう「古い習慣」とは稲や布をお金の代わりに使っていた習慣のことですね。

わずか売買ばいばいすといえども、ぜにたくわふるものし。その多少たしょうしたがひて節級せっきゅうしてくらいさずけん。

銭を売買に使う者もいるが、なおいまだこれを蓄えるものはいない。そこで蓄銭の度合いに応じて等級を定めて位を与えることにする。

そこで、一部お金を売買に使う人もいるものの、貯金する人はいないので、貯金額に応じて等級(節級せっきゅう)を定めて位階いかいくらい)を与えるということです。

しかし、皆、位階欲しさにお金を貯め込むばかりで、結局、銭貨せんかは流通せず、蓄銭叙位令は失敗に終わります。

読むだけで面白いほどわかる奈良時代の完全まとめ!

【人気記事】読むだけでスラスラわかる!奈良時代の総まとめ!

奈良時代の日本史用語を超効率的に暗記できる!

【人気記事】奈良時代の問題演習!一問一答・良問17選!

コメント

タイトルとURLをコピーしました