【日本史B】官道とは何か?なぜ設置されたの?駅制・駅家も解説!

奈良時代

官道とは

官道かんどうとは現代の国道にあたる道路で、国家が維持・管理していました。官道かんどうは中央から地方へ向かって、七道しちどうの各地域に向けて整備されていました。

官道は駅路えきろとそれ以外の伝路でんろの2種類に分けることができます。

駅路は後述する駅制えきせいをもった道路のことで、伝路は国司や郡司が維持・管理する地方道です。

駅制とは

官道の途中の約16km)ごとに駅家うまやが設置され、駅家うまやでは馬の交換などができました。

このように約16kmごとに駅家うまやを設ける制度を駅制えきせいといいます。

一般の人々は駅家うまやを使うことができず、公用の役人の文章の伝達や旅行に使用されました

官道を整備した理由

官道や駅制を整備した理由は、中央集権をとる律令体制において、交通の整備が重要な課題だったからです。

まとめ

駅制をもった官道を駅路といいます。官道(駅路)には約16kmごとに駅家うまやが設置され、ここで馬の交換などができました。

公用の役人のみが駅制を使用することができました。こうした官道の整備は、中央集権をとる律令体制の実現に必要不可欠なものでした。

読むだけで面白いほどわかる奈良時代の完全まとめ!

【人気記事】読むだけでスラスラわかる!奈良時代の総まとめ!

奈良時代の日本史用語を超効率的に暗記できる!

【人気記事】奈良時代の問題演習!一問一答・良問17選!

コメント

タイトルとURLをコピーしました