古墳時代の東アジアと日本の関係|朝鮮半島進出の狙いとは!?

古墳時代

今回は古墳時代の中国朝鮮半島に目を向けてみましょう。

中国の分裂と南北朝時代の到来

280年にはしんが中国を統一します。3世紀中頃~4世紀後半は古墳時代前期にあたるので、晋が中国を統一したのは古墳時代前期にあたりますね。

ところが4世紀のはじめ頃になると北方諸民族の侵入により晋は衰え、華北では五胡十六国ごこじゅうろっこくが、江南ではそうをはじめとする4国が次々と興亡する南北朝なんぼくちょう時代に突入します。

中国の弱体化

要は280年以降、中国を統一していた晋が衰えて、中国が分裂してしまった。それが南北朝時代です。その結果、中国の周辺諸国への影響力は弱まります

高句麗の強大化

中国の影響力が弱まると朝鮮半島北部の高句麗こうくりが強大化し313年には中国の植民地であった楽浪郡らくろうぐんを滅ぼし、南下政策をとるようになります。

朝鮮半島南部の情勢

一方、朝鮮半島南部では百済くだら新羅しらぎ伽耶かやが興ります。百済と新羅は単一の国家ですが伽耶は統一されておらず、複数の小国の連合体でした。そのため加耶のことを伽耶諸国と呼ぶ場合もあります。

ヤマト政権の朝鮮半島進出とその狙い

古墳時代のヤマト政権は主に鉄資源や技術を求めて伽耶諸国へと進出します。さらに百済との関係を深めます。このため利害関係の対立する高句麗と戦うことになります。

なお、ヤマト政権と高句麗が交戦した記録は高句麗好太王碑文に記録されています。好太王碑文については下記の記事で是非確認してみてくださいね。

また日本は高句麗に対抗するために中国のそう朝貢ちょうこうします。朝貢とはお土産をもって挨拶に行くことですね。宋に朝貢したのはの五王さんちんせいこう)です。讃→珍→済→興→武は倭の五王が宋に朝貢を行った順番ですよ!

このあたりの詳細については宋書そうじょ倭国伝わこくでんに詳しい経緯が書いてあります。重要史料ですので下記の記事から内容をしっかり確認しておいてくださいね。

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました