3分で分かる!竪穴式石室と横穴式石室の違い!超わかりやすく解説

古墳時代

竪穴式石室と粘土槨

竪穴式石室

古墳時代前期~中期前方後円墳ぜんぽうこうえんふん前方後方墳ぜんぽうこうほうふんに見られたのが「お一人様用」の竪穴式石室たてあなしきせきしつです。

竪穴式石室とは縦に掘った穴に石の部屋を作り、そこに棺をおさめて上からふたをしたものです。

竪穴式石室の代わりに粘土で棺をおおった粘土槨ねんどかくという埋葬方法も見られました。粘土槨も縦に穴を掘る形状で「お一人様用」の埋葬方法です。

竪穴式石室と粘土槨はどちらも前期~中期の古墳に見られる「お一人様用」の埋葬方法というわけです。

横穴式石室

これに対して古墳時代後期になると横穴式石室よこあなしきせきしつが登場します。竪穴式石室や粘土槨が「お一人様用」だったのに対し、横穴式石室は家族墓的性格を持っています。

つまり家族が亡くなった場合、遺体を追加で埋葬することができるつくりになっているんです。遺体を追加で埋葬することを「追葬ついそうする」といいます。

横穴式石室の構造

横穴式石室

横穴式石室は上図のような構造になっています。入り口にするふたを閉塞石へいそくせき、トンネルのように横に掘った穴を羨道えんどう、棺をおさめる部屋を玄室げんしつといいます。

このように横穴式石室はふたを開ければ家族を追葬できる仕組みになっているのです。ですから横穴式石室は家族墓的性格を持っているといわれます。

このように古墳時代後期になると1人の墓から家族の墓になっていくのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました