縄文時代の信仰・宗教|アニミズム・土偶・石棒・抜歯・屈葬を徹底解説

縄文時代

縄文時代の信仰・宗教・儀式を超わかりやすく解説!

アニミズムとは

縄文時代の人々は、あらゆる自然物には霊が宿っていると信じていたと考えられています。こうした縄文時代の信仰や宗教観をアニミズムといいます。

縄文時代の呪術的風習

また縄文時代の人々は呪術じゅじゅつによって災難を避け、豊かな収穫を祈りました。こうした呪術的風習に使われていた道具に女性をかたどった土偶どぐうや男性の生殖器を表現したと考えられている石棒せきぼうなどがあります。ちなみに石棒は磨製石器の一種ですよ。

通過儀礼としての抜歯

さらに成人の通過儀礼つうかぎれいとして抜歯ばっしの風習があったことが分かっています。ただなぜ抜歯が行われたのかは定かではありません。

死者の災いを避けるための屈葬

また縄文時代の埋葬方法としては遺体を折り曲げて土に埋める屈葬くっそうが有名です。屈葬のような埋葬方法を用いた理由は死者が災いを及ぼすことを恐れたからと考えられています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました