【保存版】弥生時代総まとめ!超簡単にわかりやすく解説!

弥生時代

読むだけで分かる!弥生時代の完全まとめ!

定期試験~難関大学まで対応可能な弥生時代の超わかりやすい「まとめ記事」です。歴史能力検定対策にも役立ちます。

教養として日本史を学習されたい方にも自信を持ってオススメできる内容です!

弥生時代とは

紀元前4世紀頃~紀元3世紀の中頃までを「弥生やよい時代」といいます。弥生時代は水稲耕作すいとうこうさくを基礎とし、金属器きんぞくき鉄器てっき青銅器せいどうき)、弥生土器やよいどきの使用をともなっていました。水稲耕作(稲作いなさく)とは、田んぼでお米を作ることですよ。

さらにはたの技術も伝来します。また生産物をめぐって戦争がはじまります。「弥生やよい」という名称は弥生土器が東京都本郷ほんごう弥生やよい町で最初に発見されたことに由来しますよ。

ちなみに弥生町は東京大学の敷地内ですよ!

旧石器時代~古墳時代の年表まとめ
  • 更新世
    旧石器時代

    打製石器のみを使用、土器はまだない

  • 完新世
    縄文時代
    • 土器の登場
    • 打製石器と磨製石器を併用
    • 晩期に北部九州で稲作開始
  • 紀元前4世紀頃~紀元3世紀中頃
    弥生時代
    • 水稲耕作の本格化
    • 金属器の使用
    • 弥生土器の登場
  • 3世紀中頃~7世紀
    古墳時代
    • 4世紀にヤマト政権が成立
    • 5世紀後半にヤマト政権が九州~東北を支配

【関連記事】高校日本史・弥生時代の問題!21題|一問一答で覚える弥生文化と小国の分立

弥生文化の成立のまとめ

弥生文化と言えば水稲耕作(稲作)の本格化ですね。でも水稲耕作が始まったのは縄文時代晩期じょうもんじだいばんき九州北部ですよ。縄文晩期の水田あととしては佐賀県菜畑遺跡なばたけいせき福岡県板付遺跡いたづけいせきが有名です。

九州北部で始まった米作りの技術は急速に「西日本→東日本」へと広まっていきます。弥生時代は前期・中期・後期の3つに区分できますが、前期の終わり頃には青森県あたりまで水稲耕作が広がります。このことは青森県砂沢遺跡すなわざいせきによって確認されていますよ。

但し、北海道と沖縄を含む南西諸島にだけは弥生文化は伝わりません。そのため北海道続縄文文化ぞくじょうもんぶんか沖縄南西諸島なんせいしょとう貝塚文化かいづかぶんかといいます。

「湿田と乾田の違い」まとめ

湿田

弥生時代前期には日当たりが悪く生産性の低い湿田しつでんで米作りが行われていました。日当たりの良い高台まで水を引くことができなかったからです。

弥生時代前期にはすでに鉄器の使用が始まっていますが、農具は木製のままでした。木製農具もくせいのうぐで水路などを作るのは困難だったわけです。こうした水路などのことを難しい言葉で灌漑施設かんがいしせつといいます。

また初期農耕の段階では湿田に直播じかまきしており、収穫も石包丁いしぼうちょう穂首ほくびをしていました。石包丁は石器ですよ。

乾田

ところが弥生中期には鉄製農具てつせいのうぐが普及します。その結果、灌漑施設かんがいしせつを作れるようになり、日当たりの良い高台まで水を引いて田んぼを営むようになります。これを乾田かんでんといいます。

乾田では直播じかまきにかわって田植たうが行われるようになり、鉄製農具の普及にともなって、収穫も石包丁ではなく鉄鎌てつかまで行われますよ。

当然、湿田しつでんよりも乾田かんでんの方が生産性は高いわけです。

  • 【前期】湿田しつでん
  • 【中期~後期】乾田かんでん

貯蔵施設と貧富の差の発生

収穫した穀物こくもつは、竪杵たてぎね木臼きうす脱穀だっこくし、こしきという弥生土器で蒸して食べましたが、余ったものは貯蔵穴ちょぞうけつ高床倉庫たかゆかそうこに蓄えられました。こうして貯蔵が可能になると、富が蓄積され、貧富の差が生じるようになります。

貯蔵が可能になり貧富の差が産まれた!

金属器(鉄器・青銅器)のまとめ

鉄器の用途

弥生時代前期鉄器は主に「木製農具」を作るための工具として使われます。しかし、弥生時代中期~後期になると鉄製農具が登場しますよ。

また鉄器は武器の材料にも用いられました。

鉄器の用途は農具武器

青銅器の用途と分布

一方、青銅器は鉄器よりもやわらかいため、祭祀さいしの道具として用いられます。祭祀とは例えば豊作を祈る儀式ぎしきなどのことですよ。

  • 鉄器は実用的!
  • 青銅器はお祭りや儀式の飾り!

青銅器の具体的な種類には銅鐸どうたく銅剣どうけん銅矛どうほこ銅戈どうかなどがあり、銅鐸は主に近畿地方畿内きない)、銅剣瀬戸内海沿岸銅矛どうほこ銅戈どうか九州北部に多く見られます。

このように青銅器の分布には地域性がありますが、島根県荒神谷こうじんだに遺跡からは銅剣・銅鐸・銅矛が同時に見つかっています。また同じく島根県加茂岩倉かもいわくら遺跡からは銅鐸39個が見つかっています。

  • 銅鐸どうたく近畿地方
  • 銅剣どうけん瀬戸内海沿岸
  • 銅矛どうほこ銅戈どうか九州北部

弥生土器のまとめ

弥生土器と縄文土器の違い

弥生土器やよいどき縄文土器じょうもんどきよりも高温で焼かれ、薄くて丈夫なのが特徴です。また弥生土器には縄文土器のような網目あみめ模様はなく、シンプルなデザインです。

弥生土器の種類と用途

大学入試でよく出題される代表的な「弥生土器」には4つの種類があります。それぞれの名称用途をセットで覚えましょう!

①壺(つぼ)
弥生土器の種類①壺
壺(つぼ)

弥生土器の一種であるつぼは、上図のように、現代の壺と似たような形をしていて、貯蔵用に用いられました。食べ物などを保存するための土器ですね。

②甕(かめ)
弥生土器の種類②甕
甕(かめ)

かめ煮炊きに使われました。現代のお鍋とほぼ同じ用途ですね。漢字が難しいので要注意ですよ!

③高杯(たかつき)
弥生土器の種類③高杯
高杯(たかつき)

高杯たかつき食物を盛り付けるための弥生土器です。現代のお皿のような用途ですね。高杯たかつきは大学入試や定期試験の頻出事項ですよ。

④甑(こしき)
弥生土器の種類④甑
甑(こしき)

こしきは田んぼでとれたお米などを蒸すための弥生土器です。簡単に言うと、弥生時代の炊飯器ですね。

  • つぼ貯蔵用
  • かめ煮炊き
  • 高杯たかつき盛り付け
  • こしき蒸し器

弥生時代の集落まとめ

住居

弥生時代の住居は縄文時代じょうもんじだいと同じ竪穴住居たてあなじゅうきょが中心です。

集落

弥生やよい時代は水稲耕作すいとうこうさくを基礎とする文化です。すると生産経済が本格化しとみ蓄積ちくせきされます。その結果、財産をめぐって、頻繁ひんぱんに戦争が起こるようになります。

そのため、集落同士が争うようになり、戦争から身を守るために、周囲に深いみぞをめぐらせた環濠かんごう集落や、防御しやすい小高い山の上などに作られた高地性こうちせい集落が出現します。

代表的な環濠かんごう集落としては、佐賀県吉野ヶ里よしのがり遺跡神奈川県大塚おおつか遺跡などがあります。高地性こうちせい集落の遺跡で有名なのは香川県紫雲出山しうでやま遺跡です。

弥生時代の墓の種類まとめ

弥生時代の多くの地域では、土壙墓どこうぼ木棺墓もっかんぼ箱式石棺墓はこしきせっかんぼなどが見られます。埋葬方法も縄文時代の屈葬くっそうにかわり、体を伸ばして遺体を埋める伸展葬しんてんそうが一般的になりました。

弥生時代の墓制ぼせい地域差が明確!どの地域でどんな墓が見られるかを理解したい!

またとくに九州北部では、大型のかめに死体を入れて埋葬する甕棺墓かめかんぼや朝鮮半島の影響を受けた支石墓しせきぼが見られます。

甕棺墓の図解

支石墓しせきぼは下図のような形状で、支柱の上部に大きな平石をのせて、その下にある甕棺かめかんの位置を示します。支石墓も甕棺墓かめかんぼと同様に九州北部墓制ぼせいです。

支石墓の図解

さらに近畿地方では墓の周囲にみぞをめぐらせた方形周溝墓ほうけいしゅうこうぼが広く営まれます。

また、弥生時代後期に入ると、大きな丘をもつ墳丘墓ふんきゅうぼが出現します。墳丘墓も地域によって形状が違ってきます。とくに有名なのは岡山県楯築墳丘墓たてつきふんきゅうぼ山陰地方四隅突出型墳丘墓よすみとっしゅつがたふんきゅうぼです。

『漢書』地理志のまとめ

さて、ここからは弥生時代中期以降のまとめです。

「クニ」と「国」の違い

弥生時代に入り、生産経済が本格化すると、貧富と階級の差が生じます。すると権力をもった支配者が登場し「クニ」を営むようになります。

クニとは簡単に言えば小国のことで、私達の想像する「国」よりもずっと小規模なものですよ。

『漢書』地理志から分かる紀元前1世紀の日本の様子

紀元前1世紀(弥生時代中期)の日本の様子を知るために、日本史学習で一番最初に登場する文献史料ぶんけんしりょうである漢書かんじょ地理志ちりしを確認していきましょう。

楽浪海中らくろうかいちゅう倭人わじんり。わかれて百余国ひゃくよこくる。歳時さいじもっきた献見けんけんすとふ。

現代語訳朝鮮の楽浪郡らくろうぐんのさらに南の海には倭人わじんという人々が住んでいる。そこには100余りの小国(クニ)があり、彼らは楽浪郡に定期的に貢ぎ物をもってくる。

当時、日本人は倭人わじんと呼ばれ、日本は100ほどの小国(クニ)に分かれていた。そして、そうした小国は朝鮮半島の楽浪郡らくろうぐん朝貢ちょうこうしていたとあります。朝貢ちょうこうとはお土産を持って挨拶に行くことですよ。

で、なぜ朝鮮半島の楽浪郡に挨拶に行ったのか?当時の楽浪郡は中国(前漢ぜんかん)の領土だったからです。

『後漢書』東夷伝のまとめ

中国(後漢ごかん)の歴史書である後漢書ごかんじょ東夷伝とういでんには、1世紀~2世紀後半(弥生時代中期~後期)の日本の様子が書いてあります。

建武中元二年けんむちゅうげんにねん奴国なこくみつぎほうじて朝賀ちょうがす。使人自しじんみずか大夫だいふしょうす。倭国わこく極南海きょくなんかいなり。光武こうぶたまふに印綬いんじゅもってす。安帝あんてい永初元年えいしょがんねん国王こくおう帥升すいしょう生口せいこう百六十人ひゃくろくじゅうにんけんじ、請見せいけんねがふ。桓霊かんれいあいだ倭国わこくおおいにみだれ、更相攻伐こもごもあいこうばつして歴年れきねんあるじなし。

現代語訳西暦57年、奴国王なこくおうみつぎ物を持って挨拶にきた。その使者は自分の身分を大夫だいふと称した、この奴国なこくの南の果てにある。光武帝こうぶてい奴国なこくひも付きの印を与えた。西暦107年、倭国王わこくおう帥升すいしょうは、奴隷160人を献上し、皇帝にお目にかかりたいと願った。桓帝かんてい霊帝れいていの時代、倭国わこくでは平和が乱れ互いに激しく争い、長期間にわたり争いを統一する者がいなかった。

漢委奴国王

建武中元二年けんむちゅうげんにねん」とは西暦57年のことです。日本史に出てくる最初の年号ですよ。

さて、『後漢書ごかんじょ東夷伝とういでんには具体的な日本の小国の名前が登場します。それが奴国なこくです。奴国なこくの王は中国(後漢)の都の洛陽らくように使者を送って、光武帝こうぶていから金印きんいんをもらいます。

奴国なこく王→後漢の光武帝こうぶてい金印をもらう!

金印は中国の役人のあかしです。これをもらったということは奴国は中国から正式に、自らの支配している地域の支配権を認められたということです。

ちなみに、この金印は江戸時代に福岡県志賀島しかのしまで偶然に発見されました。金印には「漢委奴国王かんのわのなのこくおう」と刻まれていますよ。

当時の日本は中国から「」と呼ばれていましたが、金印に刻印された、「漢奴国王」の「」にはニンベンはつきませんよ!注意してくださいね!

かんのわの奴国王なのこくおう

倭国王・帥升(すいしょう)

続いて「安帝あんてい永初元年えいしょがんねん」とは西暦107年のことです。この年に、倭国王わこくおう帥升すいしょうという人物が、生口せいこう(奴隷のこと)160人を後漢の安帝あんていに献上します。

倭国大乱

さらに、「桓霊かんれいあいだ」(西暦147年~189年)には、日本で大きな戦乱が起きていたことが記されています。この戦乱を倭国大乱わこくたいらんといいます。

『魏志』倭人伝のまとめ

この倭国大乱わこくたいらんを収束させるため、小国の王たちが協力した結果、誕生したのが邪馬台国やまたいこくという連合国家です。邪馬台国の女王を卑弥呼ひみこといいます。

邪馬台国については超頻出史料である魏志ぎし倭人伝わじんでんを是非チェックしてみてください!

卑弥呼についての簡単な解説

中国では、220年になると後漢ごかんが滅びます。その結果、中国はしょくの3国に分かれてしまいます。いわゆる三国時代です。

魏志ぎし倭人伝わじんでんはこの三国時代について記された『三国志さんごくし』の一部です。

そして『魏志』倭人伝によれば、卑弥呼ひみこ239年に、魏の皇帝に使者を送り、「親魏倭王しんぎわおう」の称号をゲットします。

また、卑弥呼は鬼道きどうという呪術を行う巫女みこのような存在で、その宗教的権威を背景に政治を行いました。

卑弥呼、「親魏倭王しんぎわおう」をゲット!

しかし、その卑弥呼も247年の狗奴国くなこくとの戦争で亡くなってしまいます。

卑弥呼の死後

その後、邪馬台国の政治は不安定になりますが、卑弥呼の宗女である壱与いよが王となることで、国が安定します。

そして266年、壱与がしんの都の洛陽らくように使いを送ったらしい。

邪馬台国:卑弥呼→壱与いよ

謎の世紀

しかし、その後、150年近くもの間、中国の歴史書から(日本)についての記述はとだえてしまいます。

そのため、4世紀古墳時代前期)は「謎の世紀」と呼ばれています。

【関連記事】高校日本史・弥生時代の問題!21題|一問一答で覚える弥生文化と小国の分立

まとめ

結局、邪馬台国がどこにあったのか?は未だにハッキリせず、論争が続いています。そして3世紀中頃になると弥生時代は終わり、古墳時代こふんじだいへと移り変わっていきます。

4世紀にはヤマト政権が成立しますが、このヤマト政権と邪馬台国の関係は謎に包まれたままです。

お疲れ様でした!これで「弥生時代の総まとめ」を終わりたいと思います。

ここまで読んでいただき、本当にありがとうございました!

なお、「弥生時代→古墳時代」です。古墳時代も学んでみたい方は下記の「古墳時代の総まとめ」もあわせてご覧いただければ幸いです。

読むだけで分かる!古墳時代まとめ!簡単に超わかりやすく解説[日本史B]

また、弥生時代の問題演習・用語暗記をされたい方は是非、下記の記事も参考にしてみてください!

弥生時代の問題演習|一問一答21問!詳しい解説つき

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました