「南海トラフ地震」対策として、高松市の小学校で地震学習と避難訓練が実施される

最新トレンド情報

ニュース3行まとめ

小学校で避難訓練が行われるほど南海トラフ地震への警戒が高まっている。

南海トラフ地震の発生確率は30年以内に70%~80%と推定されている。

南海トラフ地震はどれくらいの脅威?

気象庁によれば南海トラフ地震は以下のような被害をもたらします。

 政府の中央防災会議は、科学的に想定される最大クラスの南海トラフ地震(以下、「南海トラフ巨大地震」という)が発生した際の被害想定を実施しています。

 この被害想定によれば、南海トラフ巨大地震がひとたび発生すると、静岡県から宮崎県にかけての一部では震度7となる可能性があるほか、それに隣接する周辺の広い地域では震度6強から6弱の強い揺れになると想定されています。また、関東地方から九州地方にかけての太平洋沿岸の広い地域に10mを超える大津波の襲来が想定されています。

気象庁

日頃からの備えを!

水や食料の備蓄、ラジオや電池の準備など日頃から南海トラフ地震に警戒しておくことが大切です。

具体的には内閣府の推奨する物資を準備しておきましょう。「大地震に向けて何を備えるべきか?」について下記の内閣府のサイトで詳しく解説しています。これらを参考にして日頃からの備えを怠らないことが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました