【日本史】3分でわかる!白村江の戦いを超わかりやすく解説

日本史

白村江の戦い

斉明天皇の重祚

孝徳天皇が亡くなると、元皇極天皇斉明天皇さいめいてんのうとして重祚ちょうそします。重祚とは同じ人物が再び皇位につくことですね。また斉明天皇は中大兄皇子のお母さんです。

[PR]今Amazonで一番売れている日本史の参考書をチェックしよう!

百済の滅亡

で、660年にはとう新羅しらぎ連合軍によって百済くだらが滅ぼされます。この滅亡した百済の生き残りであった豊璋ほうしょうがヤマト政権に救援を求めます。

すでに660年には百済は滅亡しているのに、なぜ日本に援軍を要請したのかしら?
明日香
明日香
涼子
涼子
百済の遺臣いじんたちはまだちょっと負けているくらいと考えていたようね。実際には660年の時点で百済は滅亡しているんだけどね。

[PR]今Amazonで一番売れている日本史の参考書をチェックしよう!

斉明天皇の死没

救援要請を受けた斉明天皇(元皇極天皇)は大軍を引き連れて朝鮮半島に向かいますが、高齢だったのもあって、九州・筑紫の地で死没してしまいます。

中大兄皇子の称制

これを受けて中大兄皇子なかのおおえのみこが皇太子のまま政治を続行します。つまり天皇はいない状態だった。こうした政治の仕方を称制しょうせいといいます。

白村江の戦い

663年の白村江の戦いの地図

そして、中大兄皇子の指示で、663年に朝廷軍が朝鮮半島に攻め込み惨敗します。これが白村江はくすきのえの戦いです。ちなみに「白村江」を「はくそんこう」と読んでもOKですよ。

また、あまりの大敗に戻ってきた船もかなり少なかったと言われています。

なぜ負けてしまったの?
ゆん
ゆん
涼子
涼子
これといった作戦らしい作戦もなく、情報もあまりなかったのよ。日本の水軍程度の兵力で唐・新羅連合軍を破れるわけがなかったのよ。

白村江の戦いで大敗した後、中大兄皇子は必ず唐・新羅連合軍が日本に攻めてくると考え、まずは九州の拠点である大宰府だざいふの防御を固めます。

大宰府だざいふってなんだっけ?
明日香
明日香
涼子
涼子
ヤマト朝廷の出先機関で九州における拠点ね。

具体的には、九州の大宰府周辺に水城みずき大野城おおのじょう基肄城きいじょうを築きます。

水城とは巨大な堤防のことで全長約1km、高さは14mにもなります。また大野城は大宰府の北に築かれた朝鮮式山城ちょうせんしきやまじろです。基肄城きいじょうは大宰府の南に設置された朝鮮式山城ちょうせんしきやまじろですね。

また九州や対馬には防人さきもりと呼ばれる農民兵士を配置します。さらに対馬つしま~大和(奈良)にかけて大野城や基肄城きいじょうだけではなく多数の朝鮮式山城ちょうせんしきやまじろをつくります。

対馬つしまってどこかしら?
明日香
明日香
涼子
涼子
対馬つしまは九州と朝鮮半島の中間地点にある大きな島のことね。対外防衛の重要拠点で現在の日本でも対馬には自衛隊の基地があるわよ。

さらに大阪湾から唐・新羅連合軍が攻めてくることを警戒して、難波なにわから内陸の大津宮おおつのみやに遷都します。現在の滋賀県、琵琶湖のほとりですね。

難波から大津宮への遷都に関する地図

そして668年になると中大兄皇子はようやく天智天皇てんじてんのうとして即位します。

涼子
涼子
「白村江の戦い」に関連する一問一答を設置したわ。腕試しに是非活用してみてね!

[PR]今Amazonで一番売れている日本史の参考書をチェックしよう!

一問一答!

1.(①)年、倭・百済の連合軍は唐・新羅の連合軍と(②)で戦闘を行い大敗した。[明治大・改題]

解答解説1
正解は663年、白村江はくすきのえです。660年の時点で百済は滅びていますが、百済の遺臣・豊璋ほうしょうの要請で百済復興を目指して朝鮮半島に侵攻しますがボロ負けしてしまいます。

2.白村江の敗戦後、唐や新羅の反抗を恐れた朝廷は、巨大な堤防である(  )を築いて大宰府の防備を固めた。[慶応大・改題]

解答解説2
正解は水城みずきです。九州は唐・新羅連合軍が一番攻めてくる可能性の高い地域だったので、大宰府だざいふの守りを固めるために大野城おおのじょう基肄城きいじょうといった朝鮮式山城ちょうせんしきやまじろも建造します。

3.唐・新羅連合軍の侵略を恐れた中大兄皇子は、国防の強化に努め、都を(①)に遷都し、(①)で(②)天皇として即位した。[法政大・改題]

解答解説3
正解は①大津宮おおつのみや、②天智天皇てんじてんのうです。

[PR]今Amazonで一番売れている日本史の参考書をチェックしよう!

あわせて読みたい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました