聖徳太子「十七条憲法」の内容・目的を超わかりやすく解説!(日本史史料)

日本史

聖徳太子が制定した『憲法十七条』の内容・目的

この記事では日本史の重要史料である「憲法十七条けんぽうじゅうななじょう」を超わかりやすく解説していきます。内容はもちろんその目的も徹底解説します。もちろん「憲法十七条」の本文も丁寧に解説していきます。さらに、暗記用の一問一答も設置したので腕試しに是非、ご活用下さい。

ゆん
ゆん
なるほど、一問一答機能を使えば試験対策にもなるわね

[PR]今Amazonで一番売れている日本史の参考書をチェックしよう!

憲法十七条の概要

憲法十七条の本文を確認する前に、まずは時代背景と目的を確認しましょう。

「憲法十七条」の出典は『日本書紀にほんしょき』で、聖徳太子しょうとくたいし厩戸王うまやとおう604年に作ったといわれる役人としての心得です。

涼子
涼子
なるほど。『日本書紀』の中に「憲法十七条」が書かれているというわけね!

時代的には蘇我馬子そがのうまこによる崇峻天皇すしゅんてんのうの暗殺事件の後、女帝の推古天皇すいこてんのうが即位し、甥の厩戸王大臣おおおみ蘇我馬子が権力を握っていたときですね。

憲法十七条は「豪族はヤマト朝廷の役人としての自覚を持って、朝廷の言うことをちゃんと聞きなさい」という目的で作られました。今まで一族単位でランク付けをしていたのを個人単位に改めた冠位十二階かんいじゅうにかいとセットで豪族がヤマト朝廷に完全に服属していく政治体制を確立しようとしたわけですね。

つまり身勝手な豪族を従順な役人にすることが最大の目的です。

それでは早速、憲法十七条の本文を確認していきましょう!入試頻出ですよ!

[PR]今Amazonで一番売れている日本史の参考書をチェックしよう!

憲法十七条の内容と本文

皇太子こうたいしみずかはじめて憲法けんぽう十七じょうつくる。
一にいわく、もったっとしとし、さかふることきをむねよ。…
二にいわく、あつ三宝さんぽううやまへ。三宝さんぽうとはぶつぽうそうなり。…
三にいわく、みことのりうけたまわりてはかならつつしめ。きみをばすなわあめとす。しんをばすなわつちとす。…
現代語訳聖徳太子(厩戸王)が自ら憲法十七条を作った。
一、和を重視し、争うことがないようにせよ。…
二、仏教を尊重しなさい。仏教とは仏と法と僧である。…
三、天皇の命令が出たら必ず従いなさい。天皇は天であり臣下は土のようなものである。

「憲法十七条」はもっと長文ですが定期試験や入試などに出るのはこの部分だけです。

もったっとしと」とは「ケンカをしてはいかんよ!」ということです。続いて、仏教を敬いなさいと書いてあります。三宝とは仏教のことで、「」を指すという点はしっかりおさえて下さい。そして第3条には要は「天皇には絶対服従だぞ!」と書いてあるわけです。

[PR]今Amazonで一番売れている日本史の参考書をチェックしよう!

一問一答!で暗記しよう!

問題厩戸王(聖徳太子)は(①)年に(②)条を制定して、豪族たちに国家の役人としての心構えなどを説いた。(②)条の出典は『(③)』である。[関西大・改題]

解答解説
正解は①604年、②憲法十七条、③日本書紀です。憲法十七条は『日本書紀』の一部で、604年に厩戸王(聖徳太子)が、豪族に役人の心得を守らせるために制定しました。法律の一種ではありますが義務や罰則に関する規定は特に書かれていません。

[PR]今Amazonで一番売れている日本史の参考書をチェックしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました