磐井の乱を簡単に超わかりやすく解説!一問一答付き(日本史用語)

日本史

磐井の乱を超わかりやすく解説!

磐井の乱の概要

6世紀前期といえば継体天皇けいたいてんのうの治世です。飛鳥時代ですね。このとき起こった大事件が「磐井の乱いわいのらん」です。飛鳥時代の東アジア情勢が複雑に絡んだ事件でした。簡単に言うと九州の地方豪族であった磐井が朝鮮半島の新羅しらぎと結んでヤマト政権に反乱を起こした事件です。

磐井の乱の覚え方・効率的な暗記方法

この記事ではこの磐井の乱の背景や、結果について超わかりやすく解説していきます。

また記事の最後には下記のような一問一答も設置しているので、定期試験・大学受験・歴史能力検定対策に是非ご活用下さい。

例題527年に新羅と結んだ筑紫国造が大規模な戦乱を起こした。この乱を何と呼ぶか。[中央大]

「+解答解説」ボタンを押すと「解説」と「答え」を確認することができます。

解答解説
正解は磐井の乱いわいのらんです。継体天皇の時代、つまり6世紀前期に起きたヤマト政権への反乱事件ですね。

磐井の乱の背景・内容・結果

磐井の乱前夜の朝鮮半島情勢

当時の朝鮮半島情勢を振り返るところからはじめていきましょう。ちなみに、下図の加羅からとは加耶かやのことです。つまり「加羅=加耶」ですね。

4世紀から5世紀の朝鮮半島の勢力図、高句麗、百済、新羅の位置関係

6世紀の朝鮮半島では高句麗こうくりが強大な力を持っていました。そのため高句麗に圧迫された百済くだら新羅しらぎは、加耶方面への進出を試みます

6世紀の東アジア情勢と朝鮮半島における日本の勢力圏

加耶4県の割譲

当時、加耶は日本の勢力圏でした。しかし、海の向こうのため、守り切るのが困難だと判断したヤマト政権は大伴金村おおとものかなむらの判断により加耶の一部(任那4県みまなよんけん)を百済にあげてしまいます。そして、このとき大伴金村は百済からの賄賂疑惑で失脚します。

ヤマト政権&百済 VS 磐井&新羅

さて、百済に加耶の一部を割譲するくらいですからヤマト政権は百済とは比較的仲が良かったわけです。しかし、九州の豪族であった磐井いわいは新羅と仲良くしていました

このタイミングで、ヤマト政権は、新羅に奪われた加耶の地域を取り戻すため、近江毛野おうみのけのに朝鮮半島への進軍を命じます。この計画を知った新羅は磐井に賄賂を送り、近江毛野の軍隊の妨害を依頼しました。527年、磐井はそれに応じ、進軍中の近江毛野と交戦します

これを知ったヤマト政権は翌528年に物部麁鹿火もののべのあらかびを派遣し、激戦の末、磐井を鎮圧することに成功します。

つまり、磐井の乱百済と深く結びついていたヤマト政権と新羅と結んでいた磐井の戦いだったわけです。

大伴氏の権力弱体化

そして、物部麁鹿火すなわち物部氏が磐井の乱の鎮圧に成功することで、結果的に物部氏と同様に軍事を担当していた大連おおむらじであった大伴氏おおともし大きく権力を失うことになります。つまり大伴氏は物部氏に手柄を取られてしまったわけです。

屯倉の設置

筑紫国造磐井つくしのくにのみやつこいわいの領土だった地域(筑紫国)には戦後、大王おおきみの直轄地である屯倉みやけが設置されました。また死亡した磐井は福岡県岩戸山古墳いわとやまこふんに葬られたと考えられています。

さて、磐井の乱の解説はここまでです。ここからは一問一答で知識を定着させていきましょう!定期試験・大学受験・歴史能力検定の参考に是非活用してみて下さい。

一問一答!7題

1.継体天皇を擁立した(  )は、百済に「任那四県」を割譲したことが遠因となり、失脚した。

解答解説1
正解は大伴金村おおとものかなむらです。磐井の乱より以前の話ではありますが、大伴金村が百済に加耶かやの一部を割譲したことは、ヤマト政権と百済の密接な結び付きを物語っています。

2.磐井の乱が起きた西暦527年は(  )天皇の治世である。

解答解説2
正解は継体天皇けいたいてんのうです。継体天皇といえば、磐井の乱ですね。

3.527年、ヤマト政権は任那の「復興」を目指して大軍を九州に送り込んだが(  )はひそかに新羅と結び、その動きを妨害した。[青山学院大]

解答解説3
正解は筑紫国造磐井つくしのくにのみやつこいわいです。ヤマト政権は百済と結び、九州の大豪族である磐井は新羅と結んでヤマト政権に反乱を起こしたのでしたね。ちなみに国造くにのみやつこというかばねは地方官に与えられる称号です。

4.磐井の乱が起きたのは西暦何年か?

解答解説4
正解は西暦527年です。翌年の528年にはヤマト政権によって鎮圧されます。

5.朝鮮半島の新羅と結びヤマト政権に反乱を起こした磐井を鎮圧した大連は誰か?

解答解説5
正解は物部麁鹿火もののべのあらかびです。このとき物部氏と同様に軍事を担当していた大伴氏は何もできず、磐井鎮圧の手柄を物部氏に取られてしまったことで、権力を大きく失うことになります。

6.磐井の乱後、筑紫国には大王の直轄地である(  )が設置された。

解答解説6
正解は屯倉みやけです。

7.磐井の乱で死去した磐井は戦後、福岡県の(  )古墳に埋葬されたと考えられている。

解答解説7
正解は岩戸山古墳いわとやまこふんです。福岡県岩戸山古墳は北九州最大の前方後円墳で、岩戸山古墳からは多数の石人・石馬が出土しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました