仏教の公伝は戊午説と壬申説の2つ!聖明王が欽明天皇に仏教を伝えた!

日本史

仏教の公伝には戊午説と壬申説がある

仏教が日本に伝わることを仏教の公伝といいます。仏教の公伝には戊午ぼご538年)と壬申じんしん552年)の2つがあります。覚え方は「ゴゴニ552ゴサン538パイ(午後にご参拝)」です。

[PR]今Amazonで一番売れている日本史の参考書をチェックしよう!

戊午説(538年)

戊午ぼごを支持する史料は上宮聖徳法王帝説じょうぐうしょうとくほうおうていせつです。この史料には「戊午の年(538年)」に百済くだら聖明王せいめいおうが日本に仏教を伝えたとあります。さらに上宮聖徳法王帝説によれば、欽明きんめい天皇蘇我稲目そがのいなめ仏教を託して普及させるよう命じたとあります。

また、元興寺縁起がんごうじえんぎにも538年(戊午の年)に仏教が公伝したという記録があります。ちなみに元興寺とはもとの飛鳥寺あすかでらのことです。

[PR]今Amazonで一番売れている日本史の参考書をチェックしよう!

壬申説(552年)

一方、壬申じんしんの根拠は日本書紀にほんしょきです。日本書紀にもやはり百済聖明王欽明天皇に仏教を伝えたという記述があるのですが、日本書紀が正しいとすると仏教の公伝は552年ということになります。

一問一答で仏教の公伝の知識を暗記しよう!

1.「戊午の年」とは西暦何年か?[同志社大]

解答解説1
正解は538年です。

2.(  )や元興寺縁起によれば仏教の公伝は538年のことである。

解答解説2
正解は上宮聖徳法王帝説じょうぐうしょうとくほうおうていせつです。

3.百済の(①)王から伝えられた仏教をめぐり、(②)天皇の下で、崇仏派の蘇我稲目と廃仏派の物部尾輿が対立した。

解答解説3
正解は①聖明王せいめいおう、②欽明きんめい天皇です。上宮聖徳法王帝説によれば欽明天皇が蘇我稲目そがのいなめに仏教を託し普及させるよう命じたわけですが、物部尾輿もののべのおこしは仏教に反対します。この対立を崇仏論争すうぶつろんそうといいます。

[PR]今Amazonで一番売れている日本史の参考書をチェックしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました