国造(くにのみやつこ)とは?意味・役割|ヤマト政権の地方豪族の姓

日本史

国造とは?意味は?どういう役割?

国造くにのみやつことはヤマト政権の支配下にあった地方豪族かばねです。地方官として大王の直轄地である屯倉みやけや大王の直轄民である名代なしろ子代こしろの管理にあたり、税金の徴収などを行いました。

姓というよりむしろ職名に近いイメージです。後の律令制下では郡司となります。

国造で特に有名なのは九州の地方豪族であった筑紫つくしの国造くにのみやつこ磐井いわいです。527年に筑紫国造磐井が新羅と結んで百済の救援に向かう途中の近江毛野おうみのけぬを阻止します。

これに対してヤマト政権は物部麁鹿火もののべのあらかびを派遣し筑紫国造磐井を鎮圧。磐井の領地だった場所には屯倉が置かれます。

なお、国造とよく似た地方豪族の姓に県主あがたぬし稲置いなぎがあります。

また、国造の子女は舎人とねり采女うねめとして出仕させられました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました