内的営力と外的営力とは?地形の種類(地理用語集)

地理用語集

内的営力と外的営力の違いとそれぞれ作る地形の種類

地形をつくる力の総称を営力えいりょくといいます。営力には火山活動など地球内部のエネルギーで地形をつくる内的営力風化など地球の外側からの作用で地形をつくる外的営力の2種類があります。内的営力地表をでこぼこにする働きをするのに対し、外的営力地表を平坦にならす働きをすることが特色です。

[PR]今Amazonで一番売れている地理の参考書をチェックしよう!

内的営力とは

内的営力火山活動地殻ちかく変動の2つに分けることができます。内的営力は、でこぼこ(起伏)を増やし、大地形をつくります。大地形とは地球儀なんかを使ってやっと表現できる大きな地形で、大陸大山脈のことです。

火山活動とは

マグマが溶岩などになって地表に出てくることです。火山地形をつくり、地震津波の原因になることもあれば、地熱発電温泉として有効利用されることもあります。

地殻変動とは

地殻変動内的営力の一種で、長い期間をかけて緩やかに高地や盆地などをつくる造陸運動と、断層だんそう褶曲しゅうきょくを伴って短期間の激しい働きで山地をつくる造山ぞうざん運動の2種類に分けることができます。

地殻とは

ちなみに地殻ちかくとは地球表面の岩石圏のことです。もっと簡単に言えば地殻とは地球を卵にたとえたとき、一番外側の薄い殻にあたる部分のことです。

断層とは

また断層だんそうとは地層のズレのことで、断層によってつくられた山を断層山地だんそうさんちといいます。

褶曲とは

さらに褶曲しゅうきょくとは地表の「しわ」のことです。例えばプレートの狭まる境界(プレートが衝突する部分)で、横からの力でできた「しわ」がヒマラヤ山脈のような褶曲山脈しゅうきょくさんみゃくです。

プレートとは

なおプレートとは地球表面を覆う十数枚の板状をした固い岩盤のことで、プレートの下にはマントルと呼ばれる流動性の物質があります。プレートはマントルの上にのって移動します。

造陸運動とは

ゆっくりとした地殻変動で広大な大陸をつくることです。東ヨーロッパ平原・シベリア卓状地たくじょうち・カナダ楯状地たてじょうちなどが代表例です。

造山運動とは

断層運動褶曲運動などによって大きな山をつくることです。アルプス=ヒマラヤ造山帯環太平洋造山帯アパラチア造山帯ウラル造山帯などが有名です。

[PR]今Amazonで一番売れている地理の参考書をチェックしよう!

外的営力とは

外的営力とは地球の外側から作用し、地表にあるモノを風化ふうか侵食しんしょく運搬うんぱん堆積たいせきして、全体として小地形をつくります。最終的には平らな地形をつくります。

風化とは

岩石が物理的または化学的に分解されることです。

侵食とは

雨・河川などの流水・氷河などによって岩石が削り取られることです。こうした侵食の力によってつくられる平らな地形を侵食平野といいます。また侵食平野は準平原構造平野の2種類に分類できます。

[PR]今Amazonで一番売れている地理の参考書をチェックしよう!

準平原とは

山が侵食によって削られて平坦になったものを準平原といいます。ほとんどの準平原楯状地たてじょうちです。まるで楯(盾、たて)をふせたような形をしていることから楯状地と呼ばれます。

構造平野とは

古い地層で元々水平なものが、さらに長い間、侵食を受けてできた広い平地を構造平野といいます。つまりテーブルの形をした卓状地が長い期間、侵食を受けてできた広大な平野です。

運搬と堆積

地表のでっぱった部分が侵食を受けると、削り取られた岩くずなどは河川などによって運搬されて、結果的に、地表のへこんだ部分に堆積します。これが運搬と堆積で、へこみを岩くずなどで埋めるので、地表を平らにします。こうしてつくられた平野を堆積平野といいます。

ポイントまとめ

  • 内的営力→造陸運動/造山運動ででこぼこの大地形をつくる
  • 外的営力→風化・侵食・運搬・堆積で平らな小地形をつくる

[PR]今Amazonで一番売れている地理の参考書をチェックしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました