【日本史】黒曜石・ひすい・サヌカイトの産地と縄文時代の交易

日本史

縄文時代の交易

縄文時代には想像以上に広範囲で交易が行われていました。まだお金はないので物々交換です。なぜ広い範囲で交易が行われていたことが分かるのかというと、例えば主な交易品である黒曜石こくようせきの産地は一部の地域に限られているからです。 にもかかわらず、栃木県産の黒曜石200キロ以上離れた静岡や長野で発見されたりしているんです。また現在の長崎県付近で見つかった黒曜石朝鮮半島から出土したりもしています。 こうした事例からも分かるように縄文時代の交易はかなり広い範囲で行われていました。 なお縄文時代に交易が行われていたものには黒曜石以外にもひすい硬玉こうぎょく)やサヌカイト讃岐石さぬきいし)があります。これらの交易品の特色もこの記事内で解説していきます。

黒曜石の用途と産地

黒曜石の特色と主な用途

黒曜石はガラスのような石でうまく加工すると鋭いナイフのようなものを簡単に作ることができます。そのため弓矢の矢じり(石鏃せきぞく)の材料に最適でした。石鏃とは矢の先端の▲の部分です。ちなみに石鏃は打製石器の仲間ですよ!

黒曜石の主な産地

黒曜石はどこにでも転がっている石ころではありません。ごく限られた場所でしか取れない。そのため広い範囲で交易が行われたわけですが、黒曜石の代表的な産地は北海道十勝岳とかちだけ長野県和田峠わだとうげ熊本県阿蘇山あそさんなどです。 [PR]今Amazonで一番売れている日本史の参考書をチェックしよう!

ひすい(硬玉)の用途と産地

ひすい硬玉こうぎょく)は緑色の宝石で、黒曜石よりもさらに広い範囲で出土しています。ひすいの産地は新潟県姫川ひめかわという河川なのですが、なんと沖縄県北海道でも新潟産のひすいが出土しているんです。どうも海路で運んだらしいことが分かっています。 なお、ひすいの用途はアクセサリーです。

サヌカイト(讃岐石)の産地

サヌカイト讃岐石さぬきいし)はガラス質の安山岩あんざんがんの一種で、産地は香川県の白峰山しらみねさんや奈良県と大阪府の境にある二上山にじょうさんです。関西~九州にかけて石器・石材として広く用いられていました。 [PR]今Amazonで一番売れている日本史の参考書をチェックしよう!

一問一答!

大学入試の過去問を中心とした一問一答集です。「+解答解説」ボタンを押すと「解説」と「答え」を確認することができます。 1.石器の原材料として、ガラス質の(  )といった特徴的な火成岩が長野県和田峠などの産地から関東地方の遺跡へともたらされている。[中央大]
解答解説1
正解は黒曜石です。黒曜石は弓矢石鏃など様々な用途で使われました。長野県和田峠わだとうげ以外にも北海道の十勝岳とかちだけや熊本県の阿蘇山あそさんなどの産出地が有名です。
2.縄文時代に新しく登場した中小動物を捕まえるための道具を何というか?[慶応大・改題]
解答解説2
正解は弓矢です。
3.縄文時代の狩猟用具として、矢の先端につけた打製石器を何というか?
解答解説3
正解は石鏃せきぞくです。石鏃は磨製石器と勘違いされがちですが打製石器の仲間なので注意して下さい。また黒曜石は石鏃の材料に最も適していました。
4.神津島や長野県の(  )で産出した黒曜石が広範囲に分布していることは、交易が大きな役割を占めたことを物語っている。[青山学院大]
解答解説4
正解は和田峠わだとうげです。
5.香川県の白峰山や奈良県と大阪府の境にある二上山で産出する安山岩を何というか。
解答解説5
正解はサヌカイト讃岐石さぬきいし)です。
6.新潟県姫川流域で産出する緑色の宝石を何というか。
解答解説6
正解はひすい硬玉こうぎょく)です。

おわりに

ここまで読んでいただき本当にありがとうございました!繰り返し当記事の解説や一問一答を読み込むことで、日本史の知識が定着しますので、是非、この記事をブックマークして日本史学習の参考にして頂ければ幸いです! [PR]今Amazonで一番売れている日本史の参考書をチェックしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました