英語の受動態とは?使い方をわかりやすく解説

受動態

受動態とは

「彼女がこの本を書いた」のように「AがBを~する」の形をした文を能動態といいます。反対に、「この本は彼女によって書かれた」のように「BがAに~される」という形の文を受動態といいます。

(例文)She wrote this book.(彼女がこの本を書いた)

まずは受動態の入門として、上記の例文を受動態に書き換える手順を復習するところからはじめましょう。

  1. 目的語を主語にする
  2. 動詞を「be動詞+過去分詞」にする
  3. 元の文の主語をby~で表す

文章で書くとわかりずらいですよね。なので1~3の手順を図解します。

受動態の作り方

まず元の文の目的語this book」を受動態の文の主語にします。次に、元の文の動詞「wrote」をbe動詞+過去分詞の形にします。つまり「wrotewas written」です。最後に、元の文の主語を「by~」で表します。この例文の場合は「Sheby her」です。

これで書き換え完了です。「This book was written by her.(その本は彼女によって書かれた)」が完成しました。

受動態が活躍する3つの場合

受動態は次のような場合に活躍します。

  1. 誰が~したのか不明なとき
  2. 誰が~したのかを表す必要がないとき
  3. 誰が~したのかを強調したいとき

これだけでは抽象的でわかりにくいですよね。なので、具体的な例文を確認しながら上記の3パターンを理解していきましょう。

(例文1)The window was broken yesterday.(昨日窓が壊された)

(例文1)は「誰が~したのか不明なとき」です。「誰が窓を壊したのか?」がわからない!だから、「窓が壊された」を表現するには受動態が最適なんです。もちろん「AがBする」という能動態を使って「Someone broke the window.」と表すこともできますが、この場合、受動態の方が適しています。

(例文2)He was elected president.(彼は大統領に選ばれた)

【語彙】elect(~に選出する)

(例文2)は「誰が~したのかを表す必要がないとき」です。大統領を選ぶのが国民なのはわかりきっていることです。受動態を使えば主語の「国民」を省略することができるというわけです。

(例文3)The phone was invented by Edison.(電話機はエジソンによって発明された)

英文法には「文末焦点」という言葉があります。簡単に言うと重要な情報ほど後ろに持ってくるというルールです。そのため「誰がやったのか?」を強調するには、行為者をby~という形で文末に置ける受動態が便利です。

(例文3)では、電話機の発明者が「エジソン」であることを強調するために受動態を使っています。

by~はレア

受動態といえば「by~」ですが、受動態では基本的に「by~」はあまり使いません。by以下を置くのは「誰が~したのか?」を強調したいときだけです。

受動態の応用

ここからは受動態のより発展的な知識をお伝えしていきます。

進行形の受動態

受動態の進行形はbe+being+過去分詞で表します。慣れるまでは少しわかりずらいので能動態の例文と比較しながら見ていきましょう。

能動態)Someone is using this room now.(現在、誰かがこの部屋を使用している)
受動態)This room is being used now.(この部屋は現在使用中だ)

完了形の受動態

受動態の完了形はhave+been+過去分詞で表します。通常の現在完了形と同様に、

  • 継続「~されてきた」
  • 経験「~されたことがある」
  • 完了「~された」

の3つの意味を表します。

(例文)Your mail has not been delivered yet.(あなたの郵便物はまだ配達されていません)

この例文は現在完了形の《完了》の意味ですね。

第4文型の受動態

第4文型はS+V+O1+O2です。第4文型の英文を受動態にするときは、<O1>を受動態の主語にし、<O2>はそのまま残します。

まずは第4文型の能動態の文を確認するところからはじめましょう。

能動態)He gave me a book.(彼は私に本をくれた)

第4文型のときの能動態と受動態の書き換え

meが<O1>、a bookが<O2>です。なのでmeは受動態の主語になります。a bookはそのままにしておきます。なお主語のHeby himとなり受動態の文の文尾に置きます。

受動態)I was given a book by him.(私は彼に本をもらった)

使役動詞/知覚動詞の第5文型の受動態

let, have, makeなどの使役動詞see, hearなどの知覚動詞第5文型になるとき、補語(C)には原形不定詞(動詞の原形)を置きます。

そして、この形が受動態になると原形不定詞だった部分がto 不定詞に変わります。

能動態)I saw her enter the shop.(私は彼女が店に入るのを見た)

この例文を受動態にすると原形不定詞のenterto enterに変わります。

受動態)She was seen to enter the shop by me.(彼女は私に店に入るのを見られた)

群動詞の受動態

群動詞とは複数の語で1つの動詞の役割をするものです。例えばspeak toは2語がセットになって1つの動詞という認識です。群動詞を受動態にするときは前置詞もセットにすることを忘れないようにしましょう。

(例文)On her way home from school, the little girl was spoken to by a stranger.(学校からの帰り道に少女は知らない人に話しかけられた)

A stranger speak to the little girl.」が受動態になった形です。speak toで1つの他動詞のように扱います。

by以外で動作主を表す受動態

be known」という形になるときはbyではなくto/for/asで動作主を表します。またbe coveredwithで動作主を示します。

(例文1)The panda is known to everyone.(そのパンダは皆に知られている)

by~のかわりにto~が使われている点に着目しましょう。be known to~で「主語が~に知れ渡っている」という意味を表します。

(例文2)The panda is known for being cute.(そのパンダはかわいいことで知られている)

be known for~は「~で知られている」という意味です。

(例文3)The panda is known as the zoo mascot.(そのパンダは動物園のマスコットとして知られている)

【語彙】mascot(マスコット)

be known as~は「~として知られている」という意味です。

(例文4)The roof is covered with snow.(屋根が雪で覆われている)

be covered覆われている)の動作主を表すときはbyではなくwithを使います。be covered with~で「~で覆われている」という熟語として覚えてしまいましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました