英語の副詞とは?副詞と形容詞の違いを中心にわかりやすく解説

前置詞+名詞が副詞として動詞を修飾する様子副詞

副詞とは

今回は英語の「副詞」についてお話したいと思います。副詞の分類や位置はいったん置いておいて、副詞と形容詞の違いをじっくり解説します。

副詞は文の主要素になることができない

副詞動詞形容詞副詞文全体を修飾する語句です。つまり副詞は名詞以外ならなんでも修飾できます。でも副詞は「名詞」だけは修飾できない。

  • (〇)副詞→動詞(go ← abroad)
  • (〇)副詞→形容詞(very → good)
  • (〇)副詞→副詞(very → happily)
  • (〇)副詞→文全体(Probably → she won’t be there.)
  • ×)副詞→名詞(原則不可)

【語彙】abroad[副詞]海外へ、probably[副詞]たぶん

そして英文を読み書きする上で重要なのは、「副詞は文の要素(SVOC)にはなることができない!」という事実です。

つまり、副詞は主語(S)・動詞(V)・目的語(O)・補語(C)になることはできません。

なお、5文型の詳細は「英語の基本5文型が17の図解でわかる!見分け方も解説」という記事でわかりやすくまとめています。こちらもあわせて参考にしてみて下さい。

副詞は補語になることはできない

特に重要なのは「副詞は補語(C)になることができない」という事実です。<C>になることができるのは名詞形容詞だけです。

「それくらいわかってるよ!」と怒られそうですが、例えば大学入試なんかでもこの点を問う。

[問題]適切なのはどっち?

※「+解答解説」ボタンを押すと答えを見ることができます!

①These flowers really smell (sweetly / sweet).

解答解説①
smellは<SVC>の第2文型をつくる代表的な動詞です。で、第2文型では、必ず「S=C」が成り立ちます。「花 = いい香り」つまり「flowers = sweet」という関係なので、形容詞のsweetが正解です。全訳は「これらの花は本当にいい香りがする」です。ちなみに、この”sweet”は「甘い」ではなく、「香りのよい」です。

②It seems (certain / certainly) that the singer’s new album will sell well.

解答解説②
Itは形式主語で、本当の主語は「that the singer’s new album will sell well(その歌手の新しいアルバムはよく売れるだろう)」です。seemも第2文型をつくる代表的な動詞なので、(certain / certainly)は補語である必要があります。副詞は補語になることができないので、形容詞のcertainが正解です。つまり「よく売れるだろうという予想 = 確か」という関係です。全訳は「その歌手の新しいアルバムはきっとよく売れるだろう」です。

③”How does this milk taste, Jane?” “Oh, it taste a little (sour / sourly).”

解答解説③
慶応大学の過去問です(改題)。この問題文の後半部分もSVCの第2文型で(sour / sourly)の部分が<C>になります。<C>になることができるのは形容詞だけなので、正解はsour(すっぱい)です。つまり「it(ミルク) = すっぱい」という関係ですね。全訳は「ジェーンこのミルクの味はどう?」「ああ、少しすっぱいね」です。

前置詞+名詞=形容詞 or 副詞

次に大切な「副詞」の基本は、「前置詞+名詞 = 副詞 or 形容詞」というルールです。 前置詞+名詞形容詞になるときは補語になることができます。一方、前置詞+名詞副詞になるときは、動詞などを修飾します。

①「前置詞+名詞=形容詞」のパターン

(例文)He seems at home.(彼は家にいるようだ)

この例文の場合、前置詞+名詞形容詞になっています。形容詞は補語になることができるので、「at home」は補語です。つまり「彼=家にいる」という関係です。

ちなみにseemは<SVC>の第2文型をとる代表的な動詞です。

②「前置詞+名詞=副詞」のパターン

(例文)He lives in Tokyo.(彼は東京に住んでいる)

この例文の「in+Tokyo」は前置詞+名詞副詞になっています。”in Tokyo”は動詞のlivesを副詞として修飾しています。つまり、「どこに住んでいるのか?(where)」を説明しているわけです。

前置詞+名詞が副詞として動詞を修飾する様子

まとめ

今回は「副詞と形容詞の違い」に着目して「英語の副詞とは何か?」を説明してきました。特にリーディング(英文読解)では、形容詞と副詞の区別は大切になってきます。この記事が読者様の英語学習の参考になれば幸いです!

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました