仮受金とは?仕訳方法も解説

投稿者: | 2020年8月29日

仮受金とは

内容不明の入金を受け取った場合、その内容が明らかになるまでの間、仮受金で処理します。また仮受金は、負債の勘定科目です。仮受金はあくまで仮の勘定科目です。内容がわかった時点で、該当する勘定科目に振り替えます。

なお、この場合の振り替えるとは、仮受金を減らし(借方に仕訳し)、該当する勘定科目で処理すること意味します。

仮受金の仕訳

取引例①:

取引先から当座預金口座に100円の入金があった。その内容は不明である。

内容不明の入金なので仮受金(負債)の増加として処理します。負債の増加は貸方に仕訳します。なお、当座預金(資産)は素直に増加扱いで処理します。

(当座預金)100 (仮受金)100

取引例②:

当座預金への内容不明の入金100円は売掛金であることが判明した。

仮受金の内容が分かったので、該当する勘定科目に振り替えます。具体的には、仮受金を借方に記入して減らし、相手科目には、該当する勘定科目を記載します。この場合、売掛金が相手科目になりますね。

(仮受金)100 (売掛金)100

関連記事

仮払金とは?仕訳方法も解説

 

簿記入門TOPへ戻る

 

[AD]今売れ筋の簿記の入門書をAmazonでチェックしよう!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA