仮払金とは?仕訳方法も解説!

投稿者: | 2020年8月29日

仮払金とは

仮払金とは仮の勘定科目で、支出金額や該当する勘定科目が不明な際に用いられます。例えば、従業員が出張したときに、経費を前渡しした場合は、仮払金で処理します(何にいくらかかるか不明瞭なので)。

仮払金は意外かもしれませんが資産のグループの勘定科目です。しかし、仮払金の用途や金額が確定した時点で、該当する勘定科目に振り替えを行います。

なお「振り替え」とは、計上している仮払金を減少させ(貸方に仕訳し)、他の勘定科目で処理することを言います。

仮払金はあくまで仮の勘定科目なので、いつまでも残しておくことは好ましくありません。何にいくら使ったのか分かった時点で費用に振り替えます。

仮払金の仕訳

取引例①:

出張費として旅費の概算額100円を現金で前渡しした。

旅費は正確にいくらかかるかわからないので、この例題の場合、仮払金(資産)の増加として処理します。資産の増加は借方に仕訳します。お金を渡しているにもかかわらず、「資産の増加」として処理する点に注意が必要です。

(仮払金)100 (現金)100

取引例②:

後日、旅費は80円かかったことが分かった。残りの20円は現金で受け取った。

この例題では、先日、出張の旅費として渡した100円の仮払金のうち、80円が旅費として使われています。残りの20円は現金として戻ってきました。

①まずは仮払金を振り替えるため、貸方に仕訳して減らします。

??? (仮払金)100

②続いて、旅費(費用)の増加と、現金(資産)の増加を借方に仕訳します。

(旅費)80 (仮払金)100
(現金)20

 

簿記入門TOPへ戻る

 

[AD]今売れ筋の簿記の入門書をAmazonでチェックしよう!

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA