手形の割引の仕訳

投稿者: | 2020年8月21日

手形の割引きとは

手形の割引きとは手持ちの手形を支払期日前に銀行などに買い取ってもらうことです。手形の割引きのメリットは支払期日前に手形代金を受け取ることができることです。そしてデメリットは、手形を割り引いた際に、銀行などに割引料(手数料や利息)をとられることです。

手形を割り引いたときの仕訳

取引例:

A商店は約束手形100円を銀行で割り引いた。割引料は10円であった。残りの金額は当座預金口座に入金された。

手形の割引きは受取手形(資産)の減少として処理します。また、割引料は手形売却損(費用)の発生として処理します。当座預金(資産)はこの例題の場合、90円増えていますね。

(手形売却損)10 (受取手形)100
(当座預金)90

 

[AD]今売れ筋の簿記の入門書をAmazonでチェックしよう!

 

 

関連記事

受取手形の仕訳

手形の裏書きの仕訳

当座預金の仕訳

 

簿記入門トップへ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA