手形の裏書とは(譲渡)-仕訳方法も解説

投稿者: | 2020年8月19日

手形の裏書とは

まだ支払期日が到来していない手形は商品代金などの支払いに使うことができます。手形の裏側に必要事項を記入し、取引先に渡すため、これを手形の裏書と呼びます。

例えば、A商店がB商店に対して振り出した約束手形があるとします。このとき、B商店はC商店への支払いに、A商店が振り出した約束手形を使うことができるのです。

手形の裏書の仕訳

①手形の裏書をした際の仕訳

約束手形を受け取ったときは、受取手形(資産)の増加として処理します。この約束手形を今度は第三者への支払いにあてるわけですから、受取手形(資産)の減少として仕訳します。

仮に100円の仕入代金の支払いとして手形の裏書をした場合は以下のような仕訳になります。

(仕入)100 (受取手形)100

②裏書された手形を受け取った際の仕訳

この場合は、受取手形(資産)の増加として処理します。

仮に売上100円に対して裏書された手形を受け取った場合、以下のように仕訳します。

(受取手形)100 (売上)100

 

[AD]今売れ筋の簿記の入門書をAmazonでチェックしよう!

 

 

 

関連記事

約束手形の仕訳

 

簿記入門トップへ戻る

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA