売上諸掛りの仕訳

投稿者: | 2020年8月17日

売上諸掛りとは

運賃など商品を売り上げる際にかかった費用を売上諸掛り(うりあげ・しょがかり)といいます。売上諸掛りには、当店負担得意先負担の2種類があります。

売上諸掛りの仕訳(当店負担)

取引例:

商品100円を売り上げ、代金は掛けとした。当店負担の発送運賃10円は現金で支払った。

運賃などの当店負担の売上諸掛りは発送費(費用)という勘定科目で処理します。

まず売上(収益)が100円分発生しているので、貸方に仕訳します。掛け取引なので、売掛金(資産)も100円分増加していますので、借方に仕訳します。

さらに発送運賃を現金(資産)で支払っているので、その額10円を資産の減少として処理します。一方、発送費(費用)が発生しているので、これを借方に仕訳します。

(売掛金)100 (売上)100
(発送費)10 (現金)10

売上諸掛りの当店負担の仕訳は発送費で処理するのがポイントです。

売上諸掛りの仕訳(得意先負担)

立替金で処理する場合

取引例:

商品100円を売り上げ、代金は掛けとした。また、相手負担の発送費10円を現金で立て替えた。

得意先負担の売上諸掛りを当店が立て替えたときは、立替金もしくは売掛金で処理します。ちなみに立替金も売掛金も「後で代金を受け取ることができる権利」という意味では非常に似通っていますね。

今回は売上諸掛りを立替金で処理します。

先ず売上(収益)が100円発生するので、貸方に仕訳します。続いて、売掛金(資産)が増加するので借方に記入します。送料は現金(資産)で支払っているので、資産の減少、すなわち、貸方ですね。この送料10円は、立て替えているので、立替金(資産)の増加として処理します。従って、借方に仕訳します。

(売掛金)100 (売上)100
(立替金)10 (現金)10

立替金は後で返してもらえるお金なので売掛金と同様に資産のグループですね。

売掛金で処理する場合

売上諸掛りを売掛金で仕訳処理する場合は、上記の例題を以下のように仕訳します。ポイントは、売上諸掛りを売掛金に含める点です。

(売掛金)110 (売上)100
(現金)10

 

 

[AD]今売れ筋の簿記の入門書をAmazonでチェックしよう!

 

 

関連記事

仕入諸掛りの仕訳

買掛金の仕訳(商品売買)

売掛金の仕訳(商品売買)

返品されたときの仕訳(仕入戻し・売上戻り)

値引きの仕訳(商品売買)

 

簿記入門トップへ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA