仕入諸掛りの仕訳

投稿者: | 2020年8月17日

仕入諸掛りとは

運送費など商品を仕入れる際にかかった費用を仕入諸掛り(しいれ・しょがかり)といいます。仕入諸掛りには、当店負担仕入先負担があります。

仕入諸掛り(当店負担)の仕訳

取引例:

商品100円を仕入れ、代金は掛けとした。引取運賃10円を現金で支払った。

当店負担の仕入諸掛りは仕入(費用)に含めるのがポイントです。

買掛金(負債)は増加しているので貸方に仕訳します。引取運賃分の現金(資産)も増加しているので、貸方に仕訳します。

(仕 入)110 (買掛金)100
(現 金)10

仕入額は100円ですが、運賃10円も仕入費用の一部なので、仕入に含めて、110円とします。

仕入諸掛り(仕入先負担)の仕訳

取引例:

商品100円を仕入れ代金は掛けとした。相手方負担の引取運賃10円を現金で立て替えた。

相手が支払うべき仕入諸掛りを当店が支払った場合、立替金(資産)または売掛金(資産)で処理します。ちなみに立替金も売掛金も「後で代金を受け取ることができる権利」という意味では同じような意味合いを持ちます。

今回は「立替金」で処理します。

商品を掛けで仕入れたわけですから、仕入(費用)を借方に仕訳します。仕入額は100円です。また、買掛金(負債)も100円分増加しているので、貸方に仕訳します。さらに引取運賃を現金(資産)で立て替えたので、これを貸方に記入します。

(仕 入)100 (買掛金)100
(立替金)10 (現 金)10

立替金は資産の増加として処理するので、借方に仕訳すればOKですね。

 

[AD]今売れ筋の簿記の入門書をAmazonでチェックしよう!

 

 

関連記事

売上諸掛りの仕訳

買掛金の仕訳(商品売買)

売掛金の仕訳(商品売買)

返品されたときの仕訳(仕入戻し・売上戻り)

値引きの仕訳(商品売買)

 

簿記入門トップへ戻る

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA