値引きの仕訳

投稿者: | 2020年8月17日

値引きには仕入れた商品のなんらかの問題があり値引きする仕入値引きと、売り上げた商品の代金をまける売上値引きの2つがあります。どちらも考え方は、「返品の仕訳」と同じで、逆仕訳をして取り消せばいいだけです。

仕入値引きの仕訳

取引例:

100円で仕入れた商品のうち10円の値引きをしてもらった。

まず仕入れた時点に戻って考えます。

(例)商品100円を仕入れ、代金は掛けとした。

仕入(費用)は100円分のプラスですね。費用の発生は左側(借方)に記入します。一方、代金は掛けとしたわけですから買掛金(負債)は増加しています。負債の増加は、右側(貸方)に仕訳します。

(仕入)100 (買掛金)100

さて、ここから10円分の値引きをします。値引き分の商品を仕入なかったこととして取り消せばいいわけです。そのためには逆仕訳をします。単純に、借方に買掛金を、貸方に仕入を記入すればいいわけです。

(買掛金)10 (仕入)10

細かく見ていくと、仕入(費用)は10円分消滅します。費用の減少は右側(貸方)に仕訳します。一方、買掛金(負債)は10円分減ります。負債の減少は左側(借方)に仕訳します。

売上値引きの仕訳

取引例:

100円で売り上げた商品を10円値引きした。

まず売り上げたときの仕訳を見てみます。

(例)商品を100円で売り上げ、代金は掛けとした。

売上(収益)が100円発生していますね。収益の発生は右側(貸方)に記入します。一方、代金は掛けとしたわけですから、売掛金(資産)が100円増加しています。資産の増加は左(借方)に仕訳します。

(売掛金)100 (売上)100

ここから10円分値引きするので、その分、売上は安くなります。なので、10円分の売上を取り消します。そのためには、逆仕訳を行えばOKです。具体的には、売掛金の10円マイナス分を貸方に、売上の10円マイナス分を借方に仕訳します。

(売上)10 (売掛金)10

このように値引きの仕訳は、「返品の仕訳」と同じで、取り消したい分を逆仕訳すればいいわけです。

 

[AD]今売れ筋の簿記の入門書をAmazonでチェックしよう!

 

 

関連記事

買掛金の仕訳(商品売買)

売掛金の仕訳(商品売買)

返品されたときの仕訳(仕入戻し・売上戻り)

 

簿記入門トップへ戻る

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA