【簿記】三分法の仕訳

投稿者: | 2020年8月13日

簿記における商品売買の仕訳方法には、分記法と三分法の2つがあります。この記事では、三分法を用いた商品売買の仕訳方法をわかりやすく解説します。

三分法とは

三分法とは商品売買を仕入(費用)、売上(収益)、繰越商品(資産)の3つの勘定科目で仕訳する方法のことです。但し、繰越商品はもっと先の方で学習する項目なので、この記事では省略します。

抽象的に三分法の解説をされても、なかなか理解できないと思いますので、以下の例題を通じて、理解度を高めて頂ければと思います。

商品を仕入れたときの仕訳(三分法)

取引例:

A商店はB商店から商品100円を仕入れ、支払いは現金で行った。

三分法では「仕入(費用)」で仕訳します。費用の発生は左側(借方)に仕訳します。

(仕入)100 ???

続いて、現金(資産)が支払った分100円減っていますね。資産の減少は右側に仕訳するので、この例題の仕訳は以下のようになります。

(仕入)100 (現金)100

商品を売り上げたときの仕訳(三分法)

取引例:

A商店はB商店に商品100円を売り上げ、代金は現金で受け取った。

三分法では「売上(収益)」を用いて仕訳します。売上額は100円ですね。そして収益の発生は右側(貸方)に仕訳します。

??? (売上)100

さて、現金(資産)は100円増えていますね。資産の増加は左側(借方)に仕訳するので、この取引の仕訳は以下のようになります。

(現金)100 (売上)100

 

 

[AD]今売れ筋の簿記の入門書をAmazonでチェックしよう!

 

 

関連記事

簿記の5要素とは

分記法による商品売買の仕訳

現金の仕訳

他人振出小切手の仕訳

受取手数料とは

 

簿記入門トップへ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA