買掛金の仕訳

投稿者: | 2020年8月13日

買掛金とは

買掛金とは後で代金を支払わなければならない義務のことです。先に商品を受け取って、代金は後払いというわけですね。そのため、買掛金は負債のグループに分類されます。

買掛金で仕入れたときの仕訳

取引例:

A商店はB商店から商品100円を仕入れ、代金は掛けとした。

先ず仕入(費用)が100円分発生しています。費用の発生は左側(借方)に仕訳します。

なぜ仕入(費用)で仕訳するのかが分からない場合は、三分法による商品売買の仕訳という記事を参考にしてみて下さい。
(仕入)100 ???

続いて、取引例に「代金は掛けとした」とあるので、買掛金(負債)が100円分増加します。負債の増加は右側(貸方)に仕訳します。

よってこの例題の仕訳は以下のようになります。

(仕入)100 (買掛金)100

買掛金を支払ったときの仕訳

取引例:

A商店はB商店に対する買掛金100円を現金で支払った。

買掛金(負債)を支払ったわけですから、借金が無くなるようなものですね。そのため、買掛金(負債)の減少として処理します。負債が減ったときは、左側(借方)に仕訳するのでしたね。

(買掛金)100 ???

続いて、現金(資産)が100円分減っています。資産の減少は右側(貸方)に仕訳します。

よってこの例題の仕訳は以下のようになります。

(買掛金)100 (現金)100

 

[AD]今売れ筋の簿記の入門書をAmazonでチェックしよう!

 

 

関連記事

簿記の5要素とは

分記法による商品売買の仕訳

三分法による商品売買の仕訳

現金の仕訳

他人振出小切手の仕訳

受取手数料とは

 

簿記入門トップへ戻る

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA