ゼロから超わかる!初心者のためのブログ記事の書き方7つのコツ

投稿者: | 2020年7月30日

コツ1、日記と記事の違い

日記ブログはほとんど読まれない

日記ブログはよほどのことが無い限り読まれません。一方、ブログ記事は、その内容が素晴らしければ多くの読者に読んでもらうことができます。

  • 日記・・・個人的な日々の記録
  • 記事・・・読み手の悩みを解決するための文章

悩みを解決する記事は読者を集める

なぜなら読まれるブログ記事は、検索ユーザーの悩みを解決するためのものだからです。

例えば、『節約のコツ』といったブログ記事は、検索ユーザーの悩みを解決するためのものですよね。

このように読まれる記事は読者の悩み解決を助けるような記事なのです。

こうした記事を「課題解決型記事」といいます。要は”お役立ち記事”のことですね。

ブログで成功するには課題解決型記事!

そのため、人気ブログを目指すのであれば、課題解決型の記事を書きましょう。ノウハウ等をわかりやすく解説することで、読者の悩みや課題の解決に貢献する記事ですね。

課題解決型記事の例

  • 一人暮らしで注意すべきポイント9選
  • 記憶に残る読書のコツ
  • 効率的な英単語の覚え方

コツ2、SEOキーワードを決める

記事を書く際、まずはじめに取り組むべきことは、「どんなキーワードで上位表示を目指すのか?」を決めることです。こうしたキーワードをSEOキーワードといいます。

例えば、この記事では、[初心者 ブログ 書き方]というSEOキーワードで上位表示を目指しています。

ブログ初心者におすすめのSEOキーワードの選び方

3語~4語のSEOキーワードを選ぶと良い記事になる確率がグッと上がります。

狙っているキーワードが具体的な方が、記事も書きやすいですし、アクセスも集めやすいのです。

例えば、[ストレス 解消法]よりも、[職場 人間関係 ストレス 解消法]の方が、記事を書く側からすれば、良い記事が書きやすく、読者目線でもこころを動かされる記事になりやすいです。

ブログ初心者の方は特に、3語~4語のSEOキーワードを狙うようにしましょう。

コツ3、SEO対策とは

検索エンジンで上位表示を達成するための工夫をSEO対策といいます。

コツ4、最低限知っておいてもらいたいSEO対策

ブログ初心者の方に最低限知っておいていただきたいSEO対策の基礎を解説します。

記事タイトルとSEOキーワード

記事タイトルには必ずSEOキーワードを含めます。これは必ずやって下さい!

例えば、[こんにゃくダイエット]をSEOキーワードにするなら、『もう悩まない!こんにゃくダイエットで確実に痩せる方法』などとします。

見出しとSEOキーワード

無理のない範囲で、見出しにもSEOキーワードを含めるようにします。”無理のない範囲で”というのがポイント!無理にSEOキーワードを見出しに含める必要はありません。

本文とSEOキーワード

本文にも無理のない範囲でSEOキーワードをちりばめます。但し、本文にたくさんSEOキーワードを含めてしまうと逆効果です。なので、初心者のうちは、本文にSEOキーワードを含めることはあまり意識しなくて良いです。

コツ5、ペルソナ

ペルソナとは、ターゲットとなる読者像のことです。例えば、『英語の勉強法』の記事を書くとします。このとき、大学受験生向けなのか?会社員向けなのか?を予め決めておくことが大切です。

当然、受験生のための英語学習法と会社員のための英語学習法は違ってきますよね。受験生はテストで点をとるための英語の勉強法を求めますし、会社員だったら英会話重視です。当然、勉強法の解説のしかたも変わってきます。

このように「誰あてに書くのか」を決めておかないと、誰のこころにも刺さらない記事になってしまいます。

ペルソナは具体性が大事

ペルソナ(誰あてに書くのか?)は大胆に絞り込めば絞り込むほど良い記事になります。

例えば上手なパソコンの選び方を記事にする場合を想像してみましょう。若者にもシニア層にも…と幅広い、ペルソナを想定するよりも、”既婚の40代~50代の主婦でゲームが趣味な人”のように、具体的なペルソナを設定した方が、断然、有利ですよね。

記事にどんな情報を盛り込めば読者が喜ぶのかがわかりやすいからです。

このように、ペルソナを大胆に絞り込めば、それだけ、相手のニーズにマッチした記事が書けるのです。

逆にターゲットをより具体的にしていない記事は誰のこころにも響きません。

コツ6、初心者のためのブログ文章の書き方

ポイント→理由→具体例→ポイント]の順番で記事を書くやり方をPREP(プレップ)といいます。ブログ記事はなるべくPREPを意識しながら書きます(完全にPREPにする必要はありません)。なぜならPREPは説得力があり読みやすい構成だからです。

以下にPREPの簡単な例文を示します。

(ポイント)ブログは楽しい。
(理由)なぜなら感謝のコメントがきたときとても嬉しいからだ。
(具体例)プログラミングの解説を書いたとき参考書よりもわかりやすいと絶賛された。
(ポイント)ブログは本来、面白いものなのだ。

このように[ポイント→理由→具体例→ポイント]というPREPで書くと、読まれる文章になります。

コツ7、ブログ記事を書く9つの手順

①記事内容を絞り込む

「英語が苦手な人のための英語学習法」では、記事内容が大きすぎます。もっと大胆に絞り込んで、「英語が苦手な人のための英単語の効率的な覚え方」とした方が、読者満足度の高い記事が書けます。

ペルソナと同じで記事内容も思い切って絞り込めば、それだけ、読者のこころをつかむのです。

②ペルソナを絞り込む

ペルソナをなるべく具体的に絞り込みます。どんな人に有益な情報を届けるのかを決めます。

③ペルソナの気持ちを考える

ペルソナはなぜそのSEOキーワードで検索したのでしょうか。どんな事情から検索に至ったのかを深く考えます。そして、どんな気持ちで検索したのでしょう。記事を読むことで将来どうなりたいのでしょうか。

こういった点を深堀することで、初心者でも読まれるブログ記事を書くことができます。

④ブログ記事の構成

どんな知識をどんな順序で伝えるのかを決めます。

具体的には、まず最初に、見出しから書きはじめます。

⑤記事本文を書く

続いて見出しにそって本文を書きます。本文は先ほど解説したPREP(ポイント→理由→例→ポイント)を意識して書きます。また、ダラダラと書くのではなく、わかりやすく、かつ、簡潔に書くことも非常に大切です。

秘訣!
とりわけ「分かりやすさ」と「簡潔さ」が大切です!

⑥タイトルを考える

記事タイトルは初心者の方々は思っているよりも30倍は重要です。

どんなタイトルが効果的なのか?

タイトルの付け方を学びたい方は数字で証明!5倍以上のクリック率を叩き出した「タイトルのつけ方」というバズ部様の記事がとても参考になります。

⑦音読

書き上げた記事を音読し、違和感のある個所を修正します。もちろん誤字脱字も修正します。

⑧寝かす

焦って記事を公開するのではなく、1日寝かします。記事が完成した瞬間は良い記事に見えるもの。ですが、1日寝かすと、いろいろと記事の欠点が見えてきます。後日、そうした欠点を修正します。これはプロの物書きも良く使うテクニックです。

⑨記事を公開しリライトする

リライトとは公開後の記事をもっと良くするために加筆訂正などの改善を加える作業です。リライトは成功しているブロガーの多くが実践している程に重要な工程です。

リライトの方法を詳しくお知りになりたい方は、SEOラボ様のブログのリライトとは?ブログをリライトする方法についてがとても参考になります。

まとめ

  • 多くのアクセスを集めるブログ記事は課題解決型の記事!
  • SEOキーワードとは、「どのキーワードで上位表示を達成したいか?」
  • SEOキーワードは必ず記事タイトルに含ませるようにする!
  • ペルソナと記事テーマは具体的であればあるほど読者のこころを動かす!
  • リライト(公開後の改善活動)を侮ることなかれ!

 

 

 

[PR]Amazonで今一番売れている「ブログ」の本をチェックしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA