【体験談】高校受験で家庭教師に苦手科目を見てもらい合格した話

投稿者: | 2020年3月1日

経緯

中学3年生で、受験本番まであと4カ月の時期でした。塾には通っていたのですが、私は「数学」があまりにも苦手で塾の授業を聴いてもチンプンカンプンでした。

苦手意識が強く、ついつい得意な英語の勉強ばかりしてしまっていました。

苦手克服の手段としての家庭教師

苦手科目を克服に、「家庭教師」ほど優れた方法はないと感じました。

その理由は3つあります。

  1. 自分の学力にあった指導をしてくれる
  2. 先生に褒められたくて苦手科目を避けなくなる
  3. 苦手科目の「勉強法」がわかる

勉強法のコツが身に付く

特に③の「勉強法がわかる」というメリットは大きいです。私が数学が苦手だった理由は、数学を学ぶコツが分かっていなかったからです。

家庭教師で苦手な数学を克服した結果

実際、家庭教師サービスを利用したことで、数学が苦手!を克服し、志望校に合格することができました。苦手科目の克服を目的に家庭教師を利用する方法は超お勧めです!

苦手科目は超危険!

高校受験でも大学受験でもそうですが、苦手科目を放置するのは、最悪の選択です。「得意科目で苦手教科の失点をカバーする」という方法は、絶対に避けた方がいいです。

私の知り合いで、得意科目で高得点をとって、合格最低点の突破をねらった人で、うまくいった人を1人として見たことがありません。

私が高校受験、大学受験を通じて学んだことは、「得意科目は無くてもOK!でも苦手科目は絶対に克服すべき!」という教訓です。

だからこそ、3カ月程度の、短期間の家庭教師利用が効果的なんです。

まとめ

確かに家庭教師は高いです。でも私のように苦手科目を克服するために利用するのであれば、何も1年間、お願いする必要はありません。私は4カ月、週1回の指導で、苦手な数学を克服できました。そして志望校に無事に合格できました。

かてきょnaviで自分にあった家庭教師を探そう!

たくさんある家庭教師センター、どこがいいのか?なかなか分からないですよね。家庭教師選びに失敗しないためには、【かてきょnavi】のような、大手の比較サービスを利用するのが一番です。予算や、お子様の状態を考慮しながら、家庭教師業者を選ぶことができます。

小学生、中学生、高校生向けなので、お子様がどの学年でもだいじょうぶです。もちろん利用料金は無料。まずは、【かてきょnavi】のフリーダイヤルか、WEB申し込みで、いくつかの家庭教師センターの資料を取り寄せてみましょう!

 

家庭教師センターをお探しなら、かてきょナビ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA