今経験していることに気が付いて!ボディスキャンの練習法!

Pocket

今机に座ってインターネットを閲覧していますか?

もしかしたら寝転がってスマホでこのサイトを閲覧しているかもしれません(もしかしたらiPhone派ですか!?私はiPhoneとアンドロイドどちらも愛しています!主に使っているのはiPhoneですが・笑)。

ところで、今机に座っているにせよ、寝転がっているにせよ、お尻が椅子やベッド、地面にあたっている感覚を意識していましたか。きっと無意識だったと思います。「そんなことがどうしたの?」と思われるかもしれません。ですが、「正に今この瞬間に経験していること」に意識を向けるだけで、マインドフルな態度が養われるのです。

足の裏はどんな感じがしますか?

「温かいですか?」「床にくっついている感じですか?」「特に何も感じないですか?」

私達は自動思考のせいで、今この瞬間の「腹部の感覚」も「今、人差し指が何かに触れている感覚」も忘れ去ってしまっています。

そういったことに気が付いて欲しいのです。

私達の思考は、あまりに習慣化しすぎていてそういった感覚を無視してしまいます。

それほど「思考」にとらわれていることを、まずは自覚して欲しいのです。

そうすることは、マインドフルな感覚を身につける直感的なヒントになります。

自信を失っていませんか?

「自分にはできっこない」「こんなこと無理だ」「自分はなんてダメなんだ」といった思考にとらわれていませんか。こうした脳裏によぎる自己批判的な声は繰り返し、繰り返し、私達に語りかけてきます。でも安心して下さい。マインドフルネスを身につければそういった自己攻撃を無視するスキルが身に付きます。

ボディスキャンを利用したマインドフルネス練習法

ここで簡単なマインドフルネスの練習方法を紹介します。マインドフルネス実践です。すぐに効果が出なくても続けて下さい。少し面倒でも意欲的に取り組んで欲しいと思います。きっと「やって良かった」と思えるときが来ますので。

  1. 仰向けになって寝転がります、目は閉じた方がいいですが、眠くなりそうならあけていても差し支えありません。
  2. まず左足のつま先に意識を集中します。
  3. そして注意を徐々にゆっくりと足の付け根まで移動させます。
  4. 今度は右足で同じことをやります。
  5. 今度は骨盤から徐々に、ゆっくりと、腹部、腰、胸部、背中、首、喉、後頭部、頭のてっぺんと注意を移動させます(順不同です、腹部⇒腰と順番が決まっているわけではありません!)。
  6. 今度は頭のてっぺんから息を吸い込み、足の先から息を吐く「つもり」になって全身で呼吸します。

これがボディスキャンという瞑想法です。現在の身体の感覚に気づき、マインドフルな姿勢を養います。寝転がってやれるので、瞑想の入門に最適です!さらにボディスキャンについて詳しく知りたい場合は書籍を参考にしてみて下さい。

[PR]サーチ・インサイド・ユアセルフ――仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法

目次へ戻る

 

Amazonスポンサードリンク