入門!簿記の解説【2】「勘定科目とは」


[PR]なぜ彼女が帳簿の右に売上と書いたら世界が変わったのか?

↑簿記や会計の理論の背後にある仕組みや思想を理解し、より深く簿記を理解したい初学者にオススメの読み物です。

[PR]Canon 12桁電卓 HS-1220TSG SOB グリーン購入法適合 商売計算機能付

↑いまAmazonで一番売れている!簿記学習者必携の電卓♪

前回の解説の要点復習

  • 貸借対照表と損益計算書を合わせた書類を財務諸表という。
  • 簿記の目的は日々の「取引」を簿記の公式ルールに則って、帳簿に記録し、それによって財務諸表を作成し、利害関係者に企業の活動結果を報告することである。

>>>前回の解説に戻る

まえがき

さて、簿記入門の解説の第2回目です。今回も、かゆいところに手が届く懇切丁寧で超わかりやすい解説をしていきます。挫折知らずの死ぬほど分かりやすい解説をしますので、きっと「簿記なんて楽勝!」と思っていただけます!

仕訳(しわけ)と勘定科目(かんじょうかもく)

企業活動によって生じるお金の動きのことを「取引」と呼ぶのでしたね。企業が活動するとき、日々、様々な取引が発生します。この取引を「仕訳(しわけ)」という簿記特有の方法で帳簿に記録します。

あ、えーと、仕訳の詳細については後できちんと説明するので、今は、「取引を仕訳して帳簿に記録する」という流れだけ分かっていればだいじょうぶですよ。

 

(取引の発生)→(仕訳)→(帳簿に記録)

 

というイメージですね。

さて、仕訳をする際に必ず使うのが「勘定科目(かんじょうかもく)」です。

勘定科目についても後でしっかり説明するので、今は取り急ぎ、「仕訳をする際には勘定科目を必ず使う」とイメージできればOKですよ!

では実際に仕訳をしてみましょう。

 

「建物を購入し、現金10,000円を支払った」

 

という「取引」があったとします。ずいぶん建物の値段が安いですね(笑)。解説の都合で超激安価格になっておりますが気にしないで下さいね。

で、この取引を仕訳すると以下のようになります。

 

(建物)10,000 (現金)10,000

 

ちゃんとした仕訳のルールは追々解説するので、今は「ふーん、仕訳ってそういう感じなんだぁ、よく分からんけれども」って感じの理解(?)で全然OKです。

ここで着目して欲しいのは、()の中の、(建物)と(現金)という言葉です。この2つは勘定科目にあたります。

勘定科目にはちょっとした決まり事があるんです。それは「全国共通の名称を使うこと」です。

と言ってもチンプンカンプンですよね。

例えば、A社では、「建物」のことを”ビル”と呼んで、B社では、「建物」のことを”建築物”と呼ぶようでは、会社によって勘定科目の呼び名がバラバラになって困ってしまいます。

また例えば、ある経理担当者は「現金」のことを”お金”と呼び、また別の経理担当者は「現金」のことを”通貨”と呼ぶようでは、勘定科目が担当者によってバラバラになってしまい、帳簿に記録したときに混乱してしまいます。

そこで、勘定科目は、北海道でも東京でも沖縄でも、お金のことは「現金」、ビルなどの建築物のことを「建物」というように、全国共通の呼び名で統一する決まりになっているのです

ところで先ほどの仕訳を思い出してみて下さい。

 

(建物)10,000 (現金)10,000

 

簿記では、左側を借方(かりかた)、右側を貸方(かしかた)と言います。上記の仕訳の例でいうと、

左の借方が(建物)10,000

右の貸方が(現金)10,000

となっていますね。

ここからが重要なポイントなのですが、借方/貸方という言葉にはなんの意味もありません!!

借方=左

貸方=右

という意味しかありません。「借りる」とか、「貸す」という文字が入っているのでいかにも意味ありげですが、全くなんの意味もないのです。ただ、左か右かを意味するだけなのです。なので、【借方】は「左」、【貸方】は「右」と覚えてしまえば良いのです。ややこしいですね。でもすぐ慣れるので安心して下さいね。

 

尚、「仕訳」の詳細な説明はもう少し先の方で行います。もうしばらくお待ちくださいませ

 

「借方(左)/貸方(右)は分かったけど、それを覚えて何がどうなるの?」という声が聞こえてきそうですが、すぐにこの知識が活躍しまくりますので、今はとりあえず覚えておいて下さいね。

勘定科目についてはなんとなくイメージが出来てきたと思います。「なるほど、共通の呼び名を使うようにするのね」という具合に!

 

ここまでのまとめ

  • 帳簿への記録は(取引の発生)→(仕訳)→(記帳)の流れだ!
  • 勘定科目は自分で勝手な名前をつけてはダメ!共通の呼び名がある!(例)建物、現金
  • 借方は左!貸方は右!借方、貸方という言葉に左右以外の意味はない!

 

[PR]なぜ彼女が帳簿の右に売上と書いたら世界が変わったのか?

↑簿記や会計の理論の背後にある仕組みや思想を理解し、より深く簿記を理解したい初学者にオススメの読み物です。

[PR]Canon 12桁電卓 HS-1220TSG SOB グリーン購入法適合 商売計算機能付

↑いまAmazonで一番売れている!簿記学習者必携の電卓♪

>>>次の解説を読む

>>>前の解説を復習する

>>>トップページに戻る