入門!簿記の解説【1】「簿記とは」

Pocket

[PR]なぜ彼女が帳簿の右に売上と書いたら世界が変わったのか?

↑簿記や会計の理論の背後にある仕組みや思想を理解し、より深く簿記を理解したい初学者にオススメの読み物です。

[PR]Canon 12桁電卓 HS-1220TSG SOB グリーン購入法適合 商売計算機能付

↑いまAmazonで一番売れている!簿記学習者必携の電卓♪

はじめに

挫折しらず!簿記が面白いほど分かるサイト」は、日商簿記3級に合格するのに必要な簿記の知識をゼロから超わかりやすく説明したサイトです。

前提とする知識は一切ありません。

日本語が分かればそれだけでOKです。

今まで簿記の学習に挫折したことがある方でも、これから簿記に入門しようと考えている方でも、このサイトの簿記の解説を読めばあら不思議、笑いがこみあげてくるほど、簡単に簿記を理解できるようになります。

それは当サイトが「わかりやすさ」に命をかけているからです。

分かれば楽しくなります。楽しくなれば勉強もはかどります。

是非、当サイトをメインテキストとして活用し、ビジネスパーソンの必須教養と言われる簿記を身に着けていただければ幸いです。

当サイトで簿記を勉強すれば「簿記なんて楽勝!」と必ず思っていただけます。

簿記とは何か、その目的はなんだろう?

簿記とは企業が企業活動の結果を関係者に報告する手段のことです。

と、抽象的に言ってもわかりずらいですよね。

例えば、証券市場(株を売買するところ)に上場しているような大きな会社が簿記を使って、株主に企業の活動結果を報告しないと大変なことになりますよね。

だって、株主は自分が買った株式を、「このまま持ち続けるか、それとも売ってしまおうか」といつも悩んでいるわけです。株主は株で儲けたいわけですから、株が今後、上がるのか下がるのかを予想しなければなりません。

自分が投資している企業がどのくらいお金を貯金していて、どのくらい借金があって、またどのくらい儲かっているのかが分からなければ、今後、株が上がるのか、下がるのかを予想できなくなってしまいますね。

一方、企業にお金を貸している銀行にとっても、簿記を通じて、企業の状態を報告してもらうことはとても大切です。

例えば、企業が

「銀行さん、銀行さん、あと1,000万円追加で貸してもらえないかな?」

と言ったとします。

そのときに、その企業のお財布事情だったり、経営がうまくいっているのかどうかを報告してもらわないと、銀行側はお金を貸していいのかどうか判断できませんよね。銀行は貸したお金が返ってくるかどうか予想を立てないといけません。どこの馬の骨とも分からない企業にお金を貸して、返済してもらえなかったら一大事です。

このように「関係者」に企業活動の実態を数字で分かりやすく報告」することが簿記の目的なのです。

ある企業がその企業の関係者に数字で分かりやすくお金や経営状態を報告するためには、企業が何かを買ったり、売ったりする度に帳簿に記録する必要があります。例えば、新入社員を1人新たに雇うので、その人のためにパソコンを1台買ったら、それを帳簿に記録します。また例えば、その企業の商品がお客さんに売れたら、その事実もしっかり帳簿に記入します。

こうして一定期間、帳簿の記録がたまると、帳簿の記録を最終的に財務諸表(ざいむしょひょう)と呼ばれる報告書にまとめて、銀行や株主だけではなく、税務署やその企業の従業員等、企業に関わる人々に報告します。

日々、帳簿にお金の動きを記録して作り上げる簿記のゴールは「財務諸表」という書類を作成して関係各位に企業の状態を数字でわかりやすく報告することなのです

ちなみにある企業の関係者のことを専門用語では「利害関係者」と呼びます。

財務諸表は2種類の書類を合体させたもの

簿記のゴールは財務諸表にもろもろの情報をまとめて、それを使って利害関係者に報告することでした。実はこの財務諸表というのは2つの書類を合体させたものなのです。その2つの書類とは「貸借対照表(たいしゃくたいしょうひょう)」と、もう一つ、「損益計算書(そんえきけいさんしょ)」です。この2つの書類をガッチャンコさせたものが財務諸表というわけです。

いきなり貸借対照表とか損益計算書なんて難しい言葉が出てきてしまいましたね。この後、この2つの書類について簡単に説明はしますが、今は完全に理解できなくてもだいじょうぶなので安心して下さい。

簿記の勉強が少し進めば、すぐに「おなじみの言葉」になりますので。

このサイトの目的は超わかりやすく簿記の解説をすることです。わかりやすさに命をかけて執筆しています。だから少しへんてこりんな専門用語が出てきたときでも、怖がる必要はありませんので!

で、以下で、貸借対照表と損益計算書について、アウトラインだけごく簡単に説明しますね。「ふーん、そんなもんなのかぁ」と、なんとなくのイメージだけ持っていただければ十分です。

貸借対照表(たいしゃくたいしょうひょう)とは

企業の財政状態をまとめた書類のことです。「財政状態ってなーに?」という声が聞こえてきそうですね。これは個人の家計に例えればわかりやすいと思います。

Aさんは今、貯金が400万円あります。この前ローンで超高性能なパソコンを40万円で買ったので、借金が40万円あります。またその他の資産としては、実は古い切手を集めるのが趣味で、かなり珍しい切手をたくさん持っています。これらの切手をマニアに売ると100万円くらいになるそうです。

このAさんの例を見ると、現金資産(銀行に預けている)が400万円あって、切手という資産が100万円分あって、借金が40万円ありますよね。どのくらい資産があって、どのくらい借金があるのかをまとめた書類が貸借対照表です

企業で言えば、現金資産、土地、建物(自社ビルとか)などが資産にあたります。一方、銀行からの借入金は借金にあたりますね。こうした「ふところ事情」のことを財政状態と呼びます。

そして、この財政状態をまとめた書類が貸借対照表というわけです。

なんとなくイメージは掴めたと思います。

尚、貸借対照表は英語にすると「バランスシート」というので、貸借対照表のことを、略してB/Sと呼ぶこともあります。

損益計算書(そんえきけいさんしょ)とは

一言で言えば、経営成績を報告する書類です。経営成績というのは、ある一定期間に「いくら儲けたか(あるいはいくら損したか)」のことです。

例えば、「今年は3億円儲けた」とか、「去年はトータルで1億円の赤字だった」等という経営の成績をまとめた書類です。

貸借対照表が今ある資産や借金の状態を表すのに対して、損益計算書は「儲け/損」を表します。

損益計算書を英訳すると「プロフィット・アンド・ロス・ステートメント」になるので、損益計算書のことをP/Lと呼ぶこともあります。

財務諸表(ざいむしょひょう)の復習

貸借対照表と損益計算書を合体させた報告書のことを財務諸表と呼ぶのでしたね。

財務諸表からは、イメージでいうと、以下のような情報が読み取れるわけです。

「タヌキ商事の今年の経営成績は残念ながら10億円の赤字でした(損益計算書)。しかし、去年までは毎年かなり儲けていたので、現金資産はまだ30億円残っています。また自社ビルを持っていて、もしそのビルを売れば5億円になります。借金はありません(貸借対照表)」

といった具合です。

この財務諸表の情報を利害関係者にきちんと報告すれば、例えば株主は株を売るか、それとも持ち続けるかを判断することができますし、銀行もタヌキ商事に今後、いくらぐらいならお金を貸してもいいのかが分かります。それだけではなくタヌキ商事の社長にとっても、今現在の経営成績や財政状態を把握することで、今後、自社をどうやって経営していけばいいのかの判断材料を得ることになります。

このように、貸借対照表と損益計算書から成る財務諸表の情報は、その企業自身を含む利害関係者にとって、無くてはならない重要な情報なのです。

簿記とは財務諸表を作成することで、利害関係者に対して、企業の状態や活動結果を報告するために、日々、お金の動きを帳簿に記録することなのです。

そして、帳簿にお金の動きを記録するルールをこれから学んでいくというわけです。

帳簿

簿記では、前述したように、全国共通のルールに従って、日々のお金の動きを帳簿に記録していくことで、最終的に財務諸表を作成します。

ここで言う、「お金の動き」のことを簿記では「取引(とりひき)」と呼びます。例えば、現金30万円で、事務机を6個買ったというのも「取引」ですし、その会社がカフェを運営しているとしたら、290円でコーヒーが1杯売れたというのも「取引」です。

また家計簿やお小遣い帳と違って、簿記では全国共通のルールに従って、帳簿に取引を記録していきます。家計簿ならば、自分ルールである程度適当に作ることができますが、簿記の場合、簿記の公式ルールを覚えて、それをしっかり守って帳簿に記録していく必要があります。

これから皆さんが学ぶのは、簿記の公式ルールなのです。

おわりに

第1回目の解説はこれで終わりです。なんとなく簿記のイメージが掴めれば100点満点です。聞きなれない用語も出てきましたが、すぐに馴染めるので、絶対にだいじょうぶです。安心して学習を進めていきましょう。

>>>次の解説を読む

>>>トップページへ戻る

[PR]なぜ彼女が帳簿の右に売上と書いたら世界が変わったのか?

↑簿記や会計の理論の背後にある仕組みや思想を理解し、より深く簿記を理解したい初学者にオススメの読み物です。

[PR]Canon 12桁電卓 HS-1220TSG SOB グリーン購入法適合 商売計算機能付

↑いまAmazonで一番売れている!簿記学習者必携の電卓♪