アフィリエイトで驚くほど稼げる記事が書ける11の方法

Pocket

Contents

超アフィリエイト入門講座【第3回】は「稼げる記事の書き方!」

アフィリエイトで成功するには下記の「3つの戦略」が重要です。

  1. 継続すること
  2. 正しいテーマ選定をすること
  3. 質の高い記事を書くこと

この記事では「戦略③質の高い記事を書く方法」をご紹介します!

この記事を読めばアフィリエイトで驚くほど稼げる「優れた記事」を書く方法が手に取るように分かります。

是非、参考にしてみて下さい。

尚、戦略①「継続すること」については、超アフィリエイト入門講座【第1回】継続するための3つの方法でご紹介しています。また、戦略②「正しいテーマ選定」については、超アフィリエイト入門講座【第2回】驚くほど効果的なテーマ選定を成功させる4つの方法で詳しく解説しています。

これらの記事も、合わせて、ご参考にしていただければ幸いです。

なぜ質の高い記事が大切なのか?

質の高い記事が絶対に必須な理由①上位表示されないと稼げない

アフィリエイトで稼ぐには検索エンジンで上位表示(狙ったキーワードで10位以内)を実現することが絶対に必要です。そして、検索エンジンは質の高い記事(=コンテンツ)ほど上位に表示します。

「質の高い記事を書く⇒上位表示される⇒儲かる」という図式です。

なぜなら、Googleなどの検索エンジンの目的は、「あるキーワードで検索されたときに、検索ユーザーが、一番、満足するであろう記事を上位に表示すること」だからです。つまり、検索エンジンで上位表示される記事とは、「検索ユーザーを120%満足させる記事」なのです。

逆に、適当で低品質な記事を100本、200本と書いても、そういった記事は上位表示されないので、アフィリエイトで稼ぐことはできません。

そのため、検索ユーザーをおおいに満足させるような、圧倒的に質の高いコンテンツを作る以外に、アフィリエイトで稼ぐ方法はないのです。

質の高い記事が絶対に必須な理由②素晴らしいコンテンツを提供し読者に信頼されないとモノは売れない

検索ユーザーは優れたコンテンツを読んだときだけ、そのサイトを信頼し、そこで紹介されている商品を買ってみようと思うのです。

例え、何かの手違いで、低品質なコンテンツが上位表示され、多くのアクセスを集めたとしても、ダメダメなコンテンツは、そもそも読んでもらえませんし、仮に読まれたとしても、信頼されないので、商品を買ってもらうことはできません。

「質の高いコンテンツを作る⇒読者に信頼される⇒紹介している商品が売れる」という図式です。

従って、ユーザーの生活の質を高めるような素晴らしいコンテンツを作ることが、アフィリエイトで稼ぐ上で、何よりも重要なのです。

優れたコンテンツとは?

アフィリエイトで驚くほど稼ぐことができる「優れたコンテンツ」とは以下の3つの条件を満たしたものです。

  1. 検索ユーザーが抱える「問題」、「悩み」、「疑問」の解決に大きく役立つコンテンツ。
  2. ライバルサイトよりも質の高いコンテンツ。
  3. 分かりやすく、説得力があり、思わず読みたくなるコンテンツ。

ユーザ-は、なんらかの「解決したいこと」があるからこそ検索します。アフィリエイトで稼ぐためのノウハウを知りたいのかもしれませんし、美味しいパスタを手軽に作る方法を知りたいのかもしれません。優れたコンテンツの第1条件はこうした、検索ユーザーが抱える「問題」、「悩み」、「疑問」の解決に役立つことです。

また、検索ユーザーの問題解決に役立つ記事であっても、ライバルサイトよりも劣ったコンテンツであれば、ユーザーにとって、そのコンテンツを読む価値はありません。

そして、優れたコンテンツは、分かりやすく、説得力があり、「ついつい読みたくなる」ものでなければいけません。例え、役立つ情報がぎっしりつまった記事であっても、読まれなければ、なんの意味もありません。

以下では、こうした優れたコンテンツを作るための具体的な方法を11個、ご紹介します。

方法①ターゲットとなる読者を明確にする

質の高い読まれるコンテンツを作るには、まず最初に「どんな人のどんな悩みを解消するための記事なのか?」をはっきりとイメージしてから書くようにします。

その記事は、誰に向けて書く文章ですか?

ターゲットとなる読者を具体的にイメージすればするほど、より相手に刺さる記事を書くことができます。

例えば、同じ、「おいしいパスタを簡単に作る方法」という記事であっても、家族のために食事を用意する主婦のために書くのと、独り暮らしの人に向けて書くのとでは、書き方がだいぶ違ってきますよね。

さらに、同じ、独り暮らしの人に向けた「おいしいパスタを簡単に作る方法」でも、料理が得意な人向けなのか、これから自炊にチャレンジする料理の初心者向けなのかでも、書き方は違ってきますよね。

ターゲットを大胆に絞り込むのが稼げる記事を書くコツ!

ターゲットとなる読者を広く設定するよりも、大胆に絞り込んだ方が、アフィリエイトで稼ぎやすい記事を作ることができます。

例えば、「ストレスを減らす方法」をテーマに書くのであれば、「職場の人間関係のストレスを減らす方法」⇒「職場の嫌な上司との人間関係のストレスを減らす方法」という具合に、思い切って、ターゲットを絞り込みます。

確かに、ターゲットを絞り込めば、絞り込むほど、大きなアクセス数を狙うことは難しくなるのですが、次のようなメリットがあります。

メリット①どんな問題や悩みを解決するための記事かが明確になる

ターゲットを大胆に絞り込んだ方が、「解決すべき悩み」がより明確になるので、読者の心を動かす文章を書きやすくなります。

例えば、漠然と「英語の勉強法」を説明するよりも、「大学受験のための英語の成績を上げる方法」を説明する方が、読者が喜ぶ文章を書きやすいですよね。なぜなら、英会話を身に付けたい人のために書く、「英語の勉強法」と、受験で良い点数を取るための「英語の勉強法」は全く違うものだからです。

メリット②ライバルが少ないため、上位表示されやすい

具体的な記事ほど、アクセス数は減るが、その分、ライバルも減るため、検索エンジンで上位表示されやすくなります。

「アクセス数は多いが、ライバルも多く、競争が激しい」キーワードに向けて記事を書き、上位表示に失敗するよりも、「アクセス数は少ないが、ライバルが少なく、上位表示を達成しやすい」分野で記事を書き、少ないながらも、確実にアクセスを集めるようにした方が、結果的には、稼ぎやすいのです。

メリット③購買意欲が高くアフィリエイト広告をクリックしやすい層を集客できる

より具体的なキーワードで検索する人ほど、検索する目的がはっきりしているので、アフィリエイト広告をクリックしやすくなります。

例えば、「おすすめのエアコン」を紹介するアフィリエイト記事を書くとします。このとき「エアコン」で検索する人よりも、「エアコン 省エネ シャープ 購入」で検索する人の方が、買いたいものがはっきりと決まっているので、アフィリエイト広告をクリックして、実際に成果につながる確率が高いですよね。

具体的なキーワードで検索する人の方が、購買意欲が高いわけです。

このような理由から、ターゲットを思い切って絞り込んだ記事を書くことが、アフィリエイト稼げる記事を書くポイントです。

方法②SEOキーワードを明確にする

SEOキーワードとは「これから書く記事を、どんなキーワードで検索エンジンの上位に表示させたいか?」のことです。アフィリエイトで稼ぐには、狙ったキーワードで検索順位の10位以内を目指すようにします。

例えば、「オススメのアクション映画23選」というテーマでブログ記事を書くのであれば、「アクション映画 おすすめ」がSEOキーワードになります。

方法③そのキーワードで検索する人が欲しがっている情報を考え抜く

SEOキーワードを決めたら、「その人は、なぜそのキーワードで検索したのか?」を考えます。この「なぜそのキーワードで検索したか?」のことを、WEBマーケティング用語で、「検索意図」と呼びます。

検索ユーザーの立場に立って、検索意図を想像し、明らかにします。

そして、「そのキーワードで検索する人は、そもそも、どんな問題や悩みを抱えているのか?」、「どんな情報を欲しがっているか?」、「何をどんな風に伝えれば、喜ぶだろうか?」を考えます。

物凄く時間と労力をかけて、「素晴らしい記事ができた!」と思っても、その記事の内容が、検索ユーザーの求めている情報とズレてしまっていては、それは、ただ単に「がんばって書いた記事」にすぎず、検索ユーザーを満足させ、売上につながるような、素晴らしい記事ではないのです。

具体例を通じて検索意図を分析する練習をしよう!

検索意図を分析し、ユーザーの欲しがっている情報を、なるべく正確に把握する練習をしてみましょう。検索意図を深く理解し、検索ユーザーが欲しがっている知識を明確にするには、実例を通じて、コツを掴むのが一番です。

検索意図を正しく理解するスキルを身に付けないと、アフィリエイトで稼げる記事を書くことはできないので、面倒でも下記の練習にお付き合いいただければと思います。

検索意図を分析する練習、キーワード「ブログ 稼ぐ 方法」の検索意図を正しく読み取る

例えば、「ブログ 稼ぐ 方法」で検索する人は、どんな問題や悩みを抱えていて、どういう情報が欲しくて、このキーワードで検索したのでしょうか?

「そりゃー、ブログで稼ぐ方法を知りたいからでしょ?」

と思われるかもしれませんが、それだけでは、検索意図の分析が浅いです。このような浅い分析では、「検索ユーザーがどんなことを知りたいのか?」を正確に理解し、ニーズに合ったコンテンツを作ることはできません。

検索意図を一番簡単に知る方法は上位サイトの分析!

手っ取り早く検索意図を知る方法は、そのキーワードで実際に検索し、上位1~10位の記事を分析して、「上位表示に成功している記事はどんな情報を紹介しているのか?」を調べることです。

なぜなら、上位表示されているということは、それだけ質の高い記事であり、検索ユーザーが本当に知りたいことを、しっかりと伝えているからこそ、上位に表示されているからです。

実際に、「ブログ 稼ぐ 方法」でGoogle検索してみると、上位表示に成功している記事は、下記のような情報をを取り上げています。

  • ブログを使ってお金を稼ぐ手段にはどういうものがあるのか?例えば①アフィリエイト、②クラウドソーシング、③自分の技術やサービスを販売する、の3つの手段がある。
  • ブログでお金を稼ぐ難易度はどれくらいか。
  • 初心者がブログで稼ぐための「考え方」とは、どのようなものか。
  • ブログのアクセスを増やす方法。
  • ブログで稼ぐことは、そもそも可能なのかどうか。
  • 初心者がブログアフィリエイトで稼ぐには、どういう広告サービスがおすすめか。
  • ブログで稼ぐには、どんなブログサービスを使うべきか。
  • そもそもブログで稼ごうとすることはやめたほうがいい。なぜブログで稼ごうとしない方がいいのか。
  • ブログを使ってアフィリエイトで稼ぐためのノウハウ。

「ブログ 稼ぐ 方法」で検索する人は、上記のような、情報を知りたくて、検索しているわけです。

さらに検索意図を深く分析する練習をしよう!

こうして、実際に上位サイトで取り上げられているトピックを、さらに、深く分析してみると、「ブログ 稼ぐ 方法」で検索する人は、「ブログ初心者層=これからブログを始める人」が中心で、ブログで稼ぐための具体的なノウハウというよりむしろ、「そもそもブログでお金を稼ぐ手段にどんなものがあるか?」、「ブログでお金を稼ぐのは難しいのか?初心者にもできるのか?」、「初心者でも稼ぎやすいブログアフィリエイトの方法にはどんなものがあるか?」といった、「基本的な知識」を知りたいがために、検索していることが分かります。

従って、「ブログ 稼ぐ 方法」の検索意図は、「これからブログをはじめる初心者がブログでお金を稼ぐための基礎知識を知りたい」というものだと分かります。

ここまで検索意図を分析すれば、後は、「ブログ初心者が、これからブログで稼ぐことに挑戦するにあたって、どんな情報を、どのように伝えれば喜ぶだろうか?」、「ネットでお金を稼ぎたいと考えている、ブログ初心者は、どんな不安や悩みを抱えているだろうか?」を想像すれば、「検索ユーザーが本当に知りたいこと」=「これから書く記事に盛り込むべき情報」が明確になりますよね。

このように、検索意図を深く分析し、正確に理解してはじめて、検索ユーザーが満足し、実際に、検索エンジンで上位される、稼げるアフィリエイト記事を書くことができるのです。

方法④これから書く記事のテーマについて徹底的に調査する

これから書く記事のテーマについて、どれだけ詳しいかで、その記事の質が決まります。より良い記事を書くために調査&勉強をすることは、おいしい料理を作るために最高の食材を集めることに似ています。

とれたてのお魚や無農薬で栽培された新鮮の野菜を使えば、高級レストランにだしても恥ずかしくない、おいしい料理が作れるのと同じで、内容の濃い記事を書くためには、徹底的に調査&勉強することが絶対に必要です。

その分野の専門家になるつもりで、「もっと優れた記事を書くために必要なあらゆる情報」を貪欲に集めます。

WEBから情報収集をする

これから書くブログ記事のテーマについて、GoogleやYahoo!で検索し、検索結果の上位20~30サイトを熟読します。

例えば、「ブログのアクセスを増やす方法」をテーマに記事を書くのであれば、「①ブログ アクセス 増やす」、「②ブログ アクセスアップ」、「③ブログ コツ」、「④ブログ ノウハウ」といったキーワードで検索し、各検索結果の上位20~30サイトを熟読します。

上記の例の場合、4つのキーワードで検索し、それぞれの検索結果について、上位20~30の記事を読むわけですから、結果的には、1個のブログ記事を書くために、100記事くらい、ネット上の情報を、読み漁ることになります。

「え?たった1個の記事を書くのに100記事も読むの!多すぎない?」と感じる方もいらっしゃるでしょう。しかし、最低でも、そのぐらい勉強しないと、検索順位で10位以内に入るような、優れた記事は書けません。

なぜなら、「素晴らしい記事を書く」⇒「上位表示される」⇒「稼げる」というサイクルを実現するには「準備」が物凄く大切だからです。

準備に時間をかけず、知識不足のまま記事を書いてしまうと、「中途半端な記事」⇒「上位表示されない」⇒「誰にも読まれない」⇒「その記事を書くのに費やした時間と労力は全て無駄になる」という悪循環に陥ります。

この悪循環にハマると、「ぜんぜん稼げない」⇒「もっとたくさん記事を書かなくてはと焦る」⇒「中途半端で低品質な記事を量産する」⇒「どの記事もクオリティー不足で上位表示されない」⇒「いくら努力してもアフィリエイトで稼げるようにならない」という結果になり、最終的に、アフィリエイトに挫折してしまいます。

忘れてはいけない!YouTube検索!

YouTubeの動画検索からも、優れた記事を書くのに、役立つネタをゲットできることがあります。

あらゆる情報源から使える知識を集める

ネット検索で手に入る情報だけでは、確実に上位表示されるような、素晴らしい記事を書くことはできません。なぜなら、あなたのライバルもネットで手に入る情報程度なら、ほぼ間違いなく、入手しているからです。

そのため、ライバルに差をつけ、独自性のある、濃いコンテンツを作るには、「ネット以外の情報源」=「本、雑誌、テレビ、ラジオ、学術論文」を熟読し、もっと優れた記事を書くのに役立ちそうな、あらゆる知識を収集します。

その際、ときには、定価で本や雑誌を購入する必要が出てくる場合もあります。その他、本屋での立ち読み、ブックオフの100円本、図書館など、使えるものは、なんでも使って、1つでも多く、「使える情報」を集めます。

方法⑤ライバルサイトを分析し、それを上回る記事を書く

検索ユーザーの視点から見て、これから、あなたが書く記事が、ネット上に存在するメリットはなんですか?

もし、既に、同じテーマで、あなたの記事より、ずっと優れているコンテンツがネット上にあるならば、それより内容的に劣った記事が、ネットで公開されていても、検索ユーザーから見れば、なんの意味もありませんよね?より優れたライバル記事を読めば、十分に満足できるわけですから。

従って、ライバルサイトよりも優れた記事を書かなくては、検索順位で10位以内に入ることはできませんし、検索ユーザーを満足させ、アフィリエイト収入を得ることもできません。

そのため、SEOキーワードで実際に検索し、ライバルサイトの「実力」を調査します。その上で、ライバルよりも優れたコンテンツを作ります。

ライバル記事を調べるときのポイント

ライバルを調べる際は、「このライバルサイトはなぜ上位表示されているのか?」、「ライバルサイトに足りない情報は何か?」、「ライバルサイトの説明で分かりにくい点はどこか?」を分析します。

その結果をいかして、「ライバルサイトを上回る記事を書くにはどうすればいいか?」を考えます。

差別化し、独自性を生み出す方法

ライバルよりも、優れた記事を書くには、差別化し、他サイトにはない、独自性を打ち出す必要があります。検索ユーザーに対して、他サイトにはない、独自のメリットを提供するには、以下のような視点で考えます。

  • 「分かりやすさ」、「読みやすさ」で差別化できないか?
  • 「面白さ」で差別化できないか?
  • 「内容の濃さ」で差別化できないか?
  • 「記事の切り口」で差別化できないか?

内容的には同じくらいでも、ライバル記事よりも、「分かりやすい」、「読みやすい」、「読んでいて面白い」文章を書けば、検索ユーザーに独自のメリットを提供できます。

当然、ライバル記事よりも、内容が濃く、情報量が豊富な記事を書けば、差別化できます。

また、「記事の切り口」で差別化する方法もあります。

例えば、同じ、「上手な文章を書くテクニック」であっても、「人気ブロガーになるための優れた記事の書き方」、「アフィリエイトで稼ぐための優れた記事の書き方」、「小説家を目指す人のための読まれる文章を書くテクニック」等と、切り口を変えることで、独自性を生み出すことができます。

こうした方法で、差別化し、独自性を発揮することで、「検索ユーザーの視点からみたときの、自分の書いた記事が、ネット上に存在するメリット」を生み出し、ライバル記事を上回るようにすれば、あなたの書いた記事は、上位表示され、アフィリエイトで稼ぐことができます。

方法⑥自分自身が深く納得していないと良い記事は書けない

自分自身が納得していないことについて文章を書いても、内容が薄く、つまらない記事しか書けません。「心の底から納得していること」を書くからこそ、読者に伝わる、深く、濃い文章が書けるのです。

例えば、「断食健康法」を紹介する記事を書くとします。このとき、実際に、「断食健康法」を自分で試してみて、この健康法の、良い点や悪い点を、実感している人と、ただ単に、知識だけで、「断食健康法」を知っているだけの人であれば、前者の実際に体験した人の方が、比べ物にならないほど、納得感が高いので、より優れた迫力のある文章を書くことができます。

そのため、「深く納得していないこと」や「自分の中で腑に落ちないこと」を元にコンテンツを作っても、結果を出すことはできません。

十分に納得した上で記事を書くにはどうすればいいか?

商品紹介の記事であれば、「身銭を切って、これから紹介する商品を、実際に買って、使ってみる」のが一番です。

また、例えば、「節約する方法」といった、何らかのノウハウを解説する記事を書く場合は、深く納得できるまで、そのノウハウについて、猛勉強します。理解しすぎるほど、深く理解していれば、自ずと、納得感が出るので、読者の心を動かす、良い文章を書くことができます。

方法⑦記事タイトルにこだわる

記事の内容と同じくらい記事タイトルは重要です。内容的に素晴らしい記事を書いても、タイトルが「思わず読みたくなる」ようなものでなければ、十分なアクセスを集めることはできません。

どんなに素晴らしい記事を書いても、実際に読まれなければ、なんの意味もありません。本文を読んでもらうには、考えに、考え抜いた、魅力的な記事タイトルをつけることが物凄く大切なのです。

ポイント①記事タイトルは32文字以内にする

記事タイトルは必ず32文字以内にします。

「32文字以内」が最も検索エンジンで上位表示されやすいからです。

ポイント②記事タイトルにはSEOキーワードを必ず入れる

記事タイトルにはSEOキーワードを絶対に入れます。

検索エンジンは記事タイトルに含まれているキーワードを重視します。そのため、記事タイトルにSEOキーワードを含めた方が、上位表示されやすくなります。

ポイント③思わず読みたくなるタイトルにする

思わず読みたくなる記事タイトルをつけるには、以下のような工夫をします。

  • その記事を読むことで得られるメリットを記事タイトルに入れる。
  • 出来る限り記事タイトルに数字を含める。

例えば、「ダイエットの方法」について記事を書くとします。

(ダメな記事タイトルの例)
「わかりやすいダイエットの方法を大公開!」

(良い記事タイトルの例)
「1カ月で20kg減量した驚くほど効果的な7つのダイエット方法」

方法⑧読まれる文章を書く4つのテクニック

例え、内容的に優れた記事でも、読みにくい文章では、結果的に、最後まで記事を読んでもらえません。最後まで記事を読んでもらえなければ、どんなに素晴らしい内容でも、意味がありません。

アフィリエイトで稼ぐには、「読みやすい文章を書く」⇒「最後まで読まれる」⇒「記事の内容に納得してアフィリエイト広告をクリックする」という流れが重要なのです。

また、インターネット上の文章を書くときは、本や雑誌とは違う、ネット独自の読まれる工夫が必須なのです。このような、ネットだからこそ必要な、読みやすい文章を書くテクニックをWEBライティングと呼びます。

アフィリエイトで稼げる記事を書くには、WEBライティングの基本を理解し、なんらかの理由で、たまたま、あなたのサイトを訪れた読者が、途中で読むのをやめずに、最後まで読んでもらえるように、工夫することが大切です。

なぜかというと、インターネット上の文章というのは、本や雑誌とは違い、「とても読まれにくいもの」だからです。例えば、本ならば、数千円というお金を出して買った文章なので、多少、読みにくくても、「せっかく買ったのだから」と、読者は一生懸命読もうとします。

しかし、ネットの情報は無料なので、記事の書き出しを少し読んでみて、「なんとなく読みにくいなあ」と感じた時点で、ユーザーは他のサイトに移ってしまいます。

その、結果、文章が最後まで読まれないので、「読みやすい文章を書く」⇒「最後まで読まれる」⇒「記事の内容に納得してアフィリエイト広告をクリックする」という、稼ぐための「流れ」を作れなくなってしまいます。

そのため、アフィリエイトで稼げる記事を書くには、WEBライティングの基本を理解し、「読まれる文章」になるよう、工夫を凝らすことが大切なのです。

そこで、以下では、「読まれる文章」を書くために必ず知っておきたい、WEBライティングの6つのテクニックをご紹介します。

WEBライティングの基本テクニック①冒頭で「この記事を読むとどんないいことがあるか?」を書く

記事の書き出しでは、その記事を読むとどんな効果が得られるのかを書き、読者の「この記事を最後まで読みたい」という気持ちを高めます。

例えば、「自宅でできる美味しいコーヒーの入れ方」についての記事であれば、その冒頭で、「この記事を読めば、自宅でも3分でできる、美味しいコーヒーをつくる方法が手に取るようにわかります」等とします。

WEBライティングの基本テクニック②文章は3行を目安に改行する

3~4行書くごとに、改行を入れた方が、読みやすくなります。本や雑誌の文章は、10行、20行と、改行を入れずに、連続して書かれますが、冒頭で述べた通り、「ネットの文章は本や雑誌よりも遥かに読まれにくい」ので、適度に、改行を入れることで、読みやすさを高めます。

WEBライティングの基本テクニック③専門用語は避け、なるべく簡単な言葉で書く

専門用語や難しい言い回しを避け、できる限り簡単な言葉で文章を書きます。難しい漢字もなるべく使わないようにしましょう。

例えば、下記の【悪い例】では、「WEBライティング」という専門用語と「肝心」という表現の2つがわかりにくいですね。そこで、【良い例】では、「WEBライティング」を「思わず読みたくなる文章を書く」とし、さらに「肝心」という表現を、「大切」という、より簡単な言い回しに変えています。

【悪い例】アフィリエイトで稼ぐにはWEBライティングのテクニックを学ぶことが肝心です。

【良い例】アフィリエイトで稼ぐには「思わず読みたくなる」ような、分かりやすい文章を書くことが大切です。

WEBライティングの基本テクニック④なるべく簡潔に書く

より少ない文字数で簡潔に書くよう工夫します。

「もっと短い文章で、もっと分かりやすく、より正確に、内容を伝えることはできないか?」、「この文章の中に、削れる部分はないか?無駄な表現はないか?」を常に自問自答しながら文章を書くようにします。

結果的に得られる情報が同じであれば、より短い文章の方が、読み手にかかる負担は少ないですよね?

また、なるべく簡潔に書く方法として、とても有効なのが、「箇条書き」です。箇条書きにできる部分は、箇条書きで書くようにします。

簡潔でわかりやすい文章の例

例えば、下記の【悪い例】のような文章は、無駄に長く、同じことを何度も言っているので、「簡潔で分かりやすい文章」とは言えません。

【悪い例】SEO対策とは、Search Engine Optimization(サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)の略語で、直訳すると、「検索エンジン最適化」を意味し、自分が運営するサイトを検索エンジンで上位に表示させるためのテクニックのことです。つまり、SEO対策というのは、検索順位を改善するための工夫を行うことなのです。

上記の【悪い例】を、「簡潔でわかりやすい」文章に直すと、以下のようになります。

【良い例】SEO対策とは検索エンジンで上位表示を実現するための技術のことです。

【悪い例】のように、長々と解説しなくても、【良い例】のように、要点を簡潔に伝えた方が、「読みやすい文章」になりますよね。

箇条書きにした方が読みやすくなる文章の例

例えば、下記の【悪い例】の文章は、箇条書きにした方が、より簡潔で、読みやすい文章になります。

【悪い例】SEO対策の基本は、記事タイトルに上位表示を狙っているキーワード(SEOキーワード)を含めること。そして、各文章の見出しにも、SEOキーワードを入れることです。また、記事の文字数が長いほど、上位表示されやすい傾向があります。

上記の【悪い例】は以下のように箇条書きにした方が、読みやすい文章になります。

【良い例】SEO対策の基本は以下の3点です。

  1. 必ず記事タイトルにSEOキーワードを入れる。
  2. 各文章の「見出し」に無理の無い範囲で、SEOキーワードを入れる。
  3. 記事の文字数が長いほど上位表示されやすくなる。

WEBライティングの基本テクニック⑤説得力のある文章を書く

読まれる文章は、分かりやすいだけではなく、説得力のある文章です。

とても素晴らしい「意見」を書いても、その意見に説得力が無ければ、読者は納得しません。納得感が無ければ、読者は、その記事に書いてあることを信用せず、実際に、「この記事に書いてあるノウハウを試してみよう」とか「この記事でオススメされている商品を買ってみよう」と思いませんよね。

ですから、アフィリエイトで稼げる記事には「説得力」が必須なのです。

説得力のある記事を書くには、以下の3つのポイントに気を付けます。

①何かを主張したら理由を書く

何か意見を書いたら、なるべく、その理由を書くようにします。

例えば、「風邪を早く治すためには体を温めることが大切です」という意見を書くのであれば、「なぜなら、体温が高ければ高いほど、免疫力が高まるからです」というように、「理由」をちゃんと書くと、説得力があがりますよね。

②具体的な表現で説得力を高める

抽象的な表現よりも、具体的な表現の方が説得力が高まります。

例えば、「『キングダム』という歴史物の漫画がオススメです」と書くよりも、「『キングダム』という紀元前の中国が初めて統一される過程を描いた歴史漫画がオススメです」と書く方が、より具体的で説得力が増します。

③数字で説得力を高める

数字を使うと説得力が2倍、3倍と大きく高まります。

例えば、「このマッサージ器は従来のものよりも血行を良くする効果が高いです」と書くよりも、「このマッサージ器は従来のものよりも2倍~3倍、血行を良くする効果があります」という具合に、数字表現を使った方が、説得力が上がりますよね。

WEBライティングの基本テクニック⑥例や比喩表現をうまく使う

具体例を挙げるようにすると文章の分かりやすさがアップします。また、比喩表現を使うことで、より分かりやすいだけではなく、説得力のある文章を書くことができます。

具体例を挙げる場合の文章例

【良い例】ベンチャー企業を立ち上げる際は、365日休まず、猛烈に働くことが大切です。例えば、ネット広告代理店のサイバーエージェントを起業したときには、一切、休みの日を儲けず、朝から深夜まで働いたそうです。また、アルバイト情報サイトで有名な、リブセンスを創業した際も、最初の1年は、休日ゼロで、毎日、早朝から深夜まで、がむしゃらに働いたそうです。

(解説)「ベンチャー企業の立ち上げ時には休みなしで大量に働く」とだけ書くよりも、具体例を示した方が、「分かりやすさ」はアップしますよね。

比喩表現を使った文章例

【良い例】アフィリエイトのための記事を100本、200本と書き溜めていくことは、「自動的にお金を稼いでくれる営業マン」を100人、200人と増やしていくようなものです。

方法⑨書き終えた記事を音読してもっと読みやすくする

記事を書き終えたら、音読して、誤字脱字やわかりにくい表現を修正し、もっと読みやすい文章にします。誤字脱字があると、とても読みにくい文章になってしまいます。また、音読してみて、「この言い回し、なんか違和感を感じるな」という部分があれば、それを、もっと、自然で分かりやすい表現になおします。

方法⑩リライトする

記事を公開したら、それで終わりではありません。一旦、公開した記事を、さらに良いものにするために、加筆訂正することをリライトと言います。リライトは、新しい記事を書くのと同じくらい重要です。

ブログやアフィリエイトで、月に数十万円~100万円以上稼いでいる方々は、ほぼ例外なく、「リライトは超重要」と言っています。

従って、新規記事を書くのと同じくらいの時間と労力をリライトに使いましょう。

方法⑪検索順位が10位以内になるには時間がかかる

どんなに素晴らしい記事を書いても、公開してすぐに検索順位が10位以内になることは滅多にありません。数週間~3カ月くらい経って、ようやく、検索結果の上位に表示されるのが普通です。

3カ月以上待っても、検索順位が10位以内にならない場合は、「その記事の質に問題がある」ことを意味します。その場合、その記事をリライトして、改善します。

リライトをする際は以下の点に気を付けます。

  • もっと魅力的な記事タイトルにできないか?
  • 余計な部分はないか?削れる部分はないか?
  • もっと分かりやすくできないか?
  • もっと「思わず読みたくなる」ような文章にできないか?
  • 本当に「検索ユーザーの知りたいこと」を書いているか?
  • 他に付けたすべき情報はないか?
  • 必要な情報を全て網羅できているか?
  • もっと、このSEOキーワードで検索する人の悩みを解決するのに、役立つにはどうすればいいか?
  • 本当に十分にライバル記事よりも優れているか?
  • もっと資料を集め、さらに深く勉強することで、より内容の濃い記事を書くことはできないか?

確実に稼げる「本当に優れた記事」かどうかを調べる5つの質問

以上の11のポイントをおさえ、十分に準備し、全力で書いた記事でも、その記事が、本当に優れた、素晴らしい記事かどうかを、以下の5つの質問リストを使って、確認しましょう。

  • もし自分が検索ユーザーなら、是非とも、この記事を読みたいと思うか?
  • 本当にもうこれ以上、改善の余地は残されていないか?
  • 限界まで完全性を追求したと自信をもって断言できるか?
  • より質の高い記事を書き、より効果的にユーザーの悩みを解決するために、できることは、全てし尽くしたか?
  • もしも、有名な雑誌に、原稿料70万円で、同じテーマで記事を書いて欲しいと依頼されたとしたら、本当に、今のクオリティーで十分か?

なぜこれほどまでに「コンテンツの質」にこだわる必要があるのか?

1つの記事を書くのに3時間かけ、全体として、30時間で、10記事書くよりも、その30時間を使って、「たった1つの記事」を書く方が、遥かに、効率的に、稼げるからです。

「え?そこまでするの?」、「たかが1つの記事を書くのにそんなに、たくさんの時間を使ってしまって、本当にいいの?」、「いくらアフィリエイトで稼ぐための秘訣が質の高いコンテンツを作ることだとしても、さすがに、やりすぎじゃない?」と思えるほど、1つの記事を書くことに、「時間」・「お金」・「労力」をつぎ込む方が、中途半端なコンテンツを量産するよりも、圧倒的に、早く、多くのお金を稼げるのです。

なぜなら、本当に優れた、文句のつけようがない、完璧な記事なら、たった1つの記事で、月間、数万アクセスを稼ぎ出してくれるからです。しかも、そうした、「名作」記事は、何年経っても、その価値が衰えず、とても長い期間、毎月のように、大量のアクセスを獲得できるからです。

アフィリエイトで稼ごうとすると、どうしても、焦りが出て、あるところで、コンテンツの質に妥協してしまい、その結果、「たいして稼げない記事」を、乱発し、「いくら努力しても、少ない金額しか稼げない」という結果に終わってしまいます。

つまり、アフィリエイトで、いくらがんばっても、十分な額の報酬を実現できない、たった1つの敗因は、「1つの新規記事を書くとき、どのくらい、クオリティーにこだわるべきか?」を見誤っている点にあるのです。

まとめ

アフィリエイトで稼ぐ上で、質の高いコンテンツを作ることの大切さは、いくら強調しても、しすぎることはありません。逆に言えば、優れたコンテンツさえ作れば、いとも簡単に、好きなだけアフィリエイトで稼ぐごとができるのです。

稼げる記事を書くには、以下のような工夫をします。

  1. ターゲットとなる読者を明確にする。大胆にターゲットを絞るのがアフィリエイトで稼ぐコツだ。
  2. SEOキーワードを明確にする。どんなキーワードで10位以内を狙うのか?
  3. SEOキーワードの検索意図を深く分析し、検索ユーザーが本当に知りたいことを書く。
  4. これから書く記事テーマについて、専門家になるつもりで、猛勉強する。
  5. ライバル記事の実力を調べ、それを上回る記事を書かなくて、検索ユーザーを満足させることはできない。
  6. 自分の中でちゃんと納得していることでないと良い記事を書くことはできない。
  7. 記事タイトルにこだわる。
  8. 思わず読みたくなるような、分かりやすく、説得力のある文章を書く。
  9. 書き終わったら必ず音読し、「誤字脱字」や「わかりにくい表現」を修正する。
  10. リライトは超重要。新規記事を書くのと同じだけ時間と労力をリライトに使う。
  11. 例えどんなに優れた記事を書いても検索順位が10位以内になるには数週間~3カ月かかる。

以上の11のポイントを実践すれば、アフィリエイトで面白いほど稼げる記事を書くことができるようになります。アフィリエイトで成功する唯一の方法は、他を圧倒するような、これ以上ないほど、素晴らしいコンテンツを作り、検索ユーザーを120%満足させることです。

関連記事

 

初心者のための超アフィリエイト入門講座トップページに戻る

 

 

[広告]アフィリエイトに関する人気書籍をAmazonでチェックしよう!