ブログ記事の書き方:初心者が2ヶ月で20万PVを実現する5つの方法

Pocket

ブログ記事の書き方のコツは「シンプルに考えること」

素晴らしい記事を書けば、アクセス数は短期間で爆発的に増える。

7記事くらいでも月間10万PVを実現できる。20万PV、30万PVだって不可能ではない。

物凄く質の高いコンテンツを書けば、PV数なんていくらでも好きなだけ集まるのだ。

細かいテクニックをいろいろと学ぶのではなく、

訪問者をいかに喜ばせるか。この一点に全ての労力を集中させよう。

 

※「記事」と「コンテンツ」は全く同じ意味の言葉だ。

※「PV」とはページビューの略で、「アクセス数」と同じ意味の用語だ。

 

実は初心者でも2ヶ月とか3ヶ月で月間10万~20万PVのアクセスを集めるような、記事の書き方はたったこれだけだ。

 

※但し、この記事の後半では、「ではその素晴らしい記事を書くには具体的にどんなことをすればいいか?」を徹底解説する。

 

シンプルに考えてみて欲しい。

 

すごく美味しくて、もちろん価格も激安で、接客が丁寧なラーメン屋さんを開業すれば、当然、いくらでも好きなだけ集客できる。連日、長蛇の行列が絶えないだろう。コンテンツも同じだ。訪問者、つまり、読み手に、いかに大きな価値を提供するか。それだけが重要なのだ。

にもかかわらずブログ初心者は「それなりの中途半端な記事」をたくさん書こうとする傾向がある。かく言う筆者も初心者の頃は、低品質な記事を何百個も量産していた。もちろん結果は出なかった。

 

シンプルに考えてみて欲しい。

 

ユーザーから見て、読んでもたいして面白くなく、悩みや疑問の解決にもあまり役立たない記事を300記事、500記事と書いたとして、あなたは、そのブログをブックマークし、定期的に訪問しようと思うだろうか?

Googleなどの検索エンジンは、そうした、中途半端で、あまり価値のない記事の集まりを上位表示させようとするだろうか?

平凡な味にもかかわらず、ちょっと高めの価格設定で、接客も適当なラーメン屋が繁盛するだろうか?

 

結論:最高に素晴らしい7記事は、中途半端な1000記事より遥かに劣る。記事数だとか上位表示(SEO)のテクニックのことなど考えずに、「いかに訪問者に大きな価値を提供するか?」だけを考えよう。そうすれば、少ない記事数、少ない期間で、大量のアクセスを獲得できる。

ここまでのまとめ

  • 短期間に大量のPVを獲得し、大きな広告収益をあげるには、シンプルに考えることだ。
  • おおいに価値のある素晴らしいコンテンツを作成すれば、その記事を読みたい人たちが殺到するのは当然のことだ。
  • 「いかに読者に喜んでもらうか?」だけに全ての時間・労力・気力を集中しよう!

 

[PR]沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉

 

 

補足①:なぜ強いコンテンツは少ない記事数でも大量に集客できるのか?

結論から言えば、おおいに価値のある強いコンテンツは100%上位表示されるので、たくさん集客できるからだ。

検索エンジンは、ある記事を読んだ検索ユーザーが、その記事に大きな価値を感じていることを、正確に把握し、そういう【強いコンテンツ】を上位表示するように設計されている。

しかも世界最先端の人工知能技術を使って、コンテンツの価値を限りなく正確に自動判定している。

例えば、あなたが、英語の勉強法で悩んでいたとしよう。そしてGoogleで[英語 勉強法 オススメ]というキーワードで検索してみたとする。

その結果、たまたま、見つけたブログAには、英語を効率的に学ぶ方法に関する記事が100記事あったとする。しかし、その100記事のどれを読んでも、多少、参考になることは書いてあっても、そのほとんどは、悩み解決にあまり役立たなかったと仮定してみよう。

しかし、別のブログBに行ってみると、たったの7記事しかないのに、それらの記事は、どれを読んでも、目からうろこの、感動するような内容だったとしよう。

するとあなたは、きっと、そのブログをお気に入りに登録し、次の更新を心待ちにするだろう。何度も訪問して、素晴らしい英語学習法の記事を繰り返し読み直すだろう。良い記事に出会えたことに喜び感謝するだろう。

Googleは、あるブログへの訪問者が、「そのブログ内にどのくらい長く滞在したか?[=サイト滞在時間]」、「何回、再訪問したか?[=再訪問率]」、「すぐに戻るボタンを押したかどうか?[=直帰率]」といった指標を数字で管理している。

そして、サイト滞在時間、再訪問率、直帰率といった指標が良好なブログを上位表示する。

従って、たった7記事のブログでも、検索エンジンがその価値を認めれば、[英語 勉強法 オススメ]と検索した際に、1位や3位といった上位に表示され、何万、何十万のアクセス数を簡単に獲得することができるのだ。

逆に1000記事、2000記事と一見してコンテンツは充実していても、低品質で価値の低い記事を量産しただけのブログであれば、当然、検索ユーザーは、短い時間しかそのブログに滞在しないし、再訪問することもない。5,6行、記事を読んで、直ぐに戻るボタンを押し、直帰してしまう。

検索エンジンはこうした低品質なブログを正確に「ゴミ」と判断し、その検索順位は100位とか500位と検索結果画面の奥深くに配置するだろう。

いったい我々が普段、検索していて、20ページ目や30ページ目まで深く掘り下げる機会がどれほどあるだろうか?

補足①のまとめ

  • 検索エンジンは読者にとって価値のあるコンテンツを検索結果の1ページ目に表示する。
  • GoogleやYahoo!で「上位表示」されれば大量の集客が可能になる。
  • 検索結果の3ページ目以降にしか表示されない記事はWEBに存在しないのと同じ。

補足②なぜ価値の低いコンテンツを作ることは馬鹿げているのか?

結論:検索ユーザーにほとんど喜ばれることはなく、上位表示どころか、検索結果の奥深くにしか表示されず、誰もアクセスしないから。故に、低品質なブログ記事はWEB上に存在しないのと同じだ。

 

例えば、下らない記事200記事書いても、その執筆作業に費やした時間は、単なる「骨折り損のくたびれ儲け」にすぎない。200個のコンテンツを作るのに1個あたり約35分、合計で約120時間の労力を費やすのであれば、40時間かけて、本当に価値のある記事、訪問者がおおいに喜ぶような記事を、3個だけ書いた方が、比較にならないほど大量のPV数を集めることができる。

 

※もちろん1記事あたり20時間で6個書いてもいいかもしれない。時間をかければ、必ず卓越したコンテンツをかき上げることができるとは限らないが、筆者の経験則からして、十分に読み手を満足させることのできる高品質な1記事を作成するのにかかる時間は、最も短くて10時間くらい。逆に最も長くて50時間~60時間くらいが目安だ。

⇒価値の高い記事の書き方は、もう少し後の方で手取り足取り、懇切丁寧に解説するのでもう少し待って欲しい。

補足②のまとめ

  • 価値の低いコンテンツを書くことは単なる時間と労力の無駄だ。
  • 読者を喜ばせることのできない記事を50個書く時間で1個の高品質な記事を書く方が比較にならないほど短時間で多くのPVを獲得できる。
  • 30分とか、2,3時間で、素晴らしい記事を作成できるのは天才だけ。時間をかければ必ず良い記事を書ける保証はないが、1記事あたり最低でも10時間くらいの時間を投資するようにしよう。

 

[PR]沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉

 

 

短期間で大量のPVを集めることのできる価値の高いブログ記事の書き方

価値ってなんだ?

コンテンツにおける価値検索ユーザーの悩み・疑問の解決にどのくらい貢献できるか?

その結果、

読者がどのくらい喜び、満足するか?

で決まる。

価値の高い素晴らしいコンテンツを作る具体的な5つの方法

めっちゃ役立つ素晴らしい記事を書けばいいだけ。

それさえできればアクセス数なんて好きなだけ増やせる。

そうした価値の高いコンテンツを生み出す5つの方法を順に解説したい。

方法①理解度と猛勉強

価値を生み出すにあたって「これから書く記事内容についての理解度がどのくらい深いか」より大切なことはない

理解度とは、「どのくらい詳しいか?」のことだ。

例えば「転職に有利な志望動機の書き方」というコンテンツを作ることを想像して欲しい。転職経験は1,2回しかなく、人事部で働いたこともない人がWEBで[志望動機 書き方]と検索し、いろいろな記事から情報を集めて、書き上げた「志望動機の書き方」よりも、人事部で採用担当を20年経験し、人材紹介会社に転職して、転職希望者、数百人の志望動機を添削した実績のある人とでは、記事のテーマ(この場合は”志望動機の書き方”)に対する理解度に天と地ほどの差があるだろう。もちろん後者の人事部出身の人の方が遥かに理解度が優れているので、それだけ価値ある記事が書ける。

もちろん、あなたが書くブログ記事のテーマについて、上記の例のように、必ずしも実体験が伴う必要はない。しかし、記事テーマについて猛勉強しなければ、絶対に良い記事は書けない

また、猛勉強するには、資料収集が欠かせない。

良質な資料をたくさん収集し、なるべく多くの勉強時間を確保することが、理解度を十分に深め、価値を生み出す最重要ポイントだ

WEBからの情報収集はもちろん、本、専門書、雑誌、学術論文など費用と時間の許す限り、資料収集に力を使う。しかし、ただ資料を集めただけでは、なんの意味もない。

資料を精読し、ノートに要点を書きだし、理解しすぎるほど理解する。そこまで猛勉強して理解度を深めることで、はじめて、価値の高いブログ記事を書く土台ができる。

例えば、「知識ゼロからの会計入門」というテーマで記事を書くならば、[会計]、[経理]といったキーワードで検索し、少なくとも30~50サイトは熟読するようにする。

さらに『分かりやすい会計入門』とか『経理1年生の教科書』といった書籍を、図書館で借りるなり、身銭を切って買うなどして、熟読する。

熟読するだけではなく、要点整理ノートを作れば、さらに理解度を深めることができる。

方法①のまとめ

  • 価値あるコンテンツを生み出すには理解度の深さより重要なことはない。
  • 理解度を高めるには猛勉強が必須である。
  • 勉強に時間をかければかけるほど、良い記事を生み出せる確率は高まる。

方法②課題解決力

「あなたのブログ記事を読んだ結果、どのくらい読者が抱える悩みや疑問の解消に役立ったか?」こそが、そのコンテンツの価値そのものである

ユーザーは悩みや疑問、つまり、なんらかの課題を解決するために検索する。課題とは「~するにはどうすればいいか?」のことだ。

例えば、「短期間でダイエットするにはどうすればいいか?」、「もっと節約して賢く貯金するにはどうすればいいか?」といったものが課題だ。

ブログ記事は原則として、読者の課題解決に貢献するための文章だ。検索ユーザーがコンテンツを読むだけで、完全に課題を解決できてしまうことが理想だが、それは普通、困難だ。

そこで、重要になってくるのが、「このコンテンツを読むことで、どのくらい訪問者の課題解決に貢献できるか?」だ。このことを、コンテンツの課題解決能力と呼ぶことにしよう。

死に物狂いで猛勉強して、記事内容への理解度を限界まで深めても、結果的に、コンテンツの課題解決能力が低ければなんの意味もない。価値を提供できない。読者に喜んでもらえない。

例えば「ダイエットを成功させるには、適度に運動して、カロリー制限をしっかりとすることです」という文章を書いても、読み手の課題解決(=体重を減らすにはどうすればいいか?)には、なんの貢献もできないだろう。検索ユーザがこの文章を読んで思うだろうことは「そんなことは分かっている!それができたら苦労しない!」だからだ。

実際に悩みや疑問の解消に役立つ文章を書くには、徹底的に読者の目線に立ってみることだ。

「もし自分が、ついつい食べ過ぎてしまって、また、めんどうでどうしても運動ができないという状況で困っていたら、どうすれば、カロリー摂取量を減らし、運動するモチベーションを高められるだろう?」

という具合に、相手の立場に立って、ひたすら考える。あるいは、アイデア出しをする

では、どう考え、どうアイデア出しをすればいいか?

考え抜く場合/アイデア出しをする場合に役立つ方法論

徹底的に考え抜く場合、または、アイデア出しをする場合、以下の方法が役立つ。

①原因を明らかにする。「なぜ?」を5回繰り返す。

(例1)なぜを5回繰り返す方法

  • 1回目:なぜつい食べ過ぎてしまうのだろう?
  • 2回目:お腹が空くからだ。なぜそんなにお腹が空くのだろう?
  • 3回目:ストレスから空腹を感じているのかもしれない。いわゆるストレス食いかもしれない。
  • 4回目:なぜそんなにストレスが溜まっているのだろう?
  • 5回目:ストレスの発散や気分転換が下手なのではないか?

⇒悩みを解決する方法:ストレスを貯めない方法やストレス解消法を詳しく解説する。

②小さな改善をたくさん行う(チリも積もれば山となる)

これはアイデア出しの技法だ。小さな改善案をたくさん積み重ねることで、大きな解決につなげる。どんなささやかな改善案でもいいから、役立ちそうな方法を思いつくだけ全部書き出す。

ちなみにアイデア出しのコツは、

  1. どんなに下らないものでもOK!(例:食べる量を減らすために1日1回逆立ちしてみる。)
  2. アイデアの個数を数える。
  3. 個数が多ければ多い程、良いアイデアが生まれる確率が上がる。

の3点だ。

「どんなに馬鹿げたアイデアでもいいから50個出してみよう!」という風にアイデア数の個数目標を掲げるのも効果的だ。今回はあくまで解説のための例なので5個に留めるが、最低でも30個はアイデアを出すようにしたい。

(例)どうすれば運動量を増やせるだろう?運動を増やすのに役立つ改善案にはどんなものがあるか?

  1. 小さなことから始める。例えば1日10分のウォーキングならできるのでは?
  2. フィットネスジムに通う。お金を払ってしまえば、ある程度、元を取ろうとがんばるのでは?
  3. ヨガのDVDを買ってきて自宅で軽い運動をする。
  4. 好きなものが売っているお店を歩き回るなら苦痛にならないかもしれない。例えば雑貨屋さん巡りとか。
  5. 何か身体を動かすような短期バイトをする。例えばイベント会場設営とか。

例えば、50個、小さな改善案を出しても、実際に使えそうなのは、せいぜい5個か10個だろう。例えば5個、使えそうな改善アイデアを発見したら、それらを組み合わせてみる(小さな改善を複数組み合わせて大きな改善にする)。

例えば、上記の5個のアイデアならば、大きな運動目標(例えば毎日3キロ走る)ではなく、小さな運動目標(1日10分のウォーキング)と好きな場所(雑貨屋さん、家電量販店など)を歩き回る。を組み合わせて、

⇒悩みを解決する方法:1日10分でいいから興味のあるお店を眺めながら歩き回る。例え1日10分の歩行でも、月に5時間のウォーキングをすることになりダイエット効果が見込める。

 

[PR]沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉

 

 

 

方法③読みやすさ

読みやすければ、読みやすいほど、記事の価値は上がる。「読みやすさ」は下記の2点に分解できる。

  • 分かりやすい。理解しやすい。
  • 説得力がある。

分かりやすい文章、理解しやすい文章を書くコツは、以下の3点だ。

  • 「例」や「比喩」をうまく使う。
  • 必ず結論を先に書く。
  • 箇条書きにできる部分は箇条書きにする。

一方、説得力のある文章をを書くコツは、以下の3点だ。

①何かを主張したらなるべく理由を書く。

⇒(例)説得力のある文章は読みやすい。なぜなら、納得感をもって読めるからだ。「なるほど!」と感じるほど、もっと続きを読みたいという好奇心を刺激するので、スラスラと文章を読めるという訳だ。

②主張の根拠に「事実」を書く。

⇒(例)禁煙するにこしたことはない。死亡率が下がるからだ。

③数字を使う。

⇒(例)「少ない記事で多くのアクセスを集める」という表現よりも「7記事で20万PVを達成する」という風に数値の入った表現の方が説得力が上がる。

方法④時間をかける

先ほども指摘したが1記事書くのに最低でも10時間はかけるべきだ。できれば20時間~30時間くらいが望ましい。もちろん50時間以上かけても構わない。時間をかければ必ず良い記事を書ける保証はないが、3,4時間でめっちゃ役立つ凄いコンテンツを書くのは凡人には困難だ。ましてや、30分とか1時間は論外である。

なぜなら、記事内容についての理解度を深めるための資料収集と勉強だけでも、相当な時間がかかるからだ。例えば「日本国憲法を超わかりやすく解説する!」という記事を書くとしたら、筆者なら、憲法に関する本を3冊は熟読し、要点をノートにまとめる。

その上で、どんな順番で、どんな構成で、情報を伝えれば、読者が理解しやすいかを徹底的に考える。

この「勉強」の作業だけでも、10時間以上、必要だろう。

 

忘れてはいけない!!

 

90分でサクっと書いた中途半端なコンテンツを100記事作っても、単なる時間と労力の無駄。90分で100記事書くということは、150時間投資していることになるから、例えば、1コンテンツ/30時間で5記事書いた方が遥かに多くのアクセスを集められるのだ!!

方法⑤妥協点を限界まで高くする

どこかでクオリティーに妥協しなくてはならない。しかし、妥協点は限界まで高くするべきだ。なぜなら、結局のところ「完全なコンテンツ」を作ることは不可能なのだ。アインシュタインの相対性理論にだって間違いはある。

記事の改善点は常に無限にある。一度、完成させた、素晴らしい記事で、ガンガンPVを獲得できていたとしても、その記事に改善の余地が全くないということはあり得ない。どんなに完成度の高い記事でも常に改善点はある。

完全なコンテンツを作成するのが不可能な以上、どこかで妥協しなければならないわけだが、でき得る限り、妥協点は高くしよう。

尚、記事公開後も継続的にコンテンツを改善していく作業をリライトと呼ぶ。リライトは新規記事を作成するよりも大切だと心得よう。

補足③その記事、検索ユーザーにとって本当に必要ですか?

ライバルをよく調査し、競合記事よりも優れたコンテンツを書かなければ、最終的には、努力が無駄になってしまう。

一生懸命に良い記事を書いても、その記事より、さらに素晴らしい記事がWEB上に存在しているならば、検索ユーザーからすれば、そのさらに優れた記事を読めば事足りるのであって、自分ががんばって書いた記事がネット上に存在している意義はあまりない。

例えば、「効率的な読書法」をテーマに、何十時間と研究に研究を重ね、表現を工夫し、自分なりにベストな記事を書いても、もっと優良な「効率的な読書法」に関するコンテンツが既にネット上にあるならば、検索ユーザーは、そちらを読めば十分なのであって、我々が必死に作ったコンテンツには存在理由が無い。

この記事は検索ユーザーにとって本当に必要なのか?

WEB上にこの記事がある意義は本当にあるのか?

競合記事よりも遥かに優れたコンテンツを作るにはどうすればいいのか?

以上の点をしっかり考えてからコンテンツ制作に取り組まないと、努力が水の泡になってしまうケースも少なくないので十分に留意されたい。

初心者のためのブログ記事の書き方まとめ

  • シンプルに考える。めっちゃ役立つ凄い記事をかけば、ガンガンPV数が増えるのは当然のこと!
  • 検索ユーザーに喜んでもらうことだけに意識を集中しよう!
  • おおいに価値のある強いコンテンツのみを制作しよう!
  • 価値とは「検索ユーザーの悩みや疑問をいかに解消できるか?」のことである。
  • 価値を生むためには猛勉強し、理解度を深めることが最重要だ!
  • 読みやすいにこしたことはない!
  • ライバル記事、競合コンテンツよりも何倍も優れた記事を目指そう!
  • 妥協点は高く!限界まで改善を!

 

[PR]沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉

 

Amazonスポンサードリンク