カウンセラーの具体的な仕事内容とは?

Pocket

カウンセラーの仕事内容とは

カウンセラーの基本的な仕事内容は心理学の専門知識を背景にクライエントとの間に信頼関係を築き、悩みに耳を傾け、クライエントが良い方向に変化するよう援助することです。

1時間弱という限られた時間の中で相談に訪れた人の話や心情に全面的に注目し、相談者の気づきや学びを促します。クライエントは安心して悩みを話せる状況の中で、自身が抱える問題の本質を明確化し、気持ちを整理することができます。

さらに、「心理検査」もカウンセラーの仕事内容に含まれます。心理検査には性格傾向や発達障害の検査、職業適性検査などがあります。

また、臨床心理学の専門家として、うつ病などで休職している方の職場復帰をサポートするために「デイケア」に携わる場合もあります。デイケアとは、自宅で療養している方が社会復帰をするためにリハビリを兼ねて通う施設のことです。

心理カウンセラーはうつ病、ひきこもり、PTSD、摂食障害といった多種多様な心のトラブルに向き合うスペシャリストと言えるでしょう。

しかし、例え精神科クリニックなどに勤務する心理カウンセラーであっても、医療行為を行うことはできないので、薬を処方することはできません。

また、カウンセラーという言葉の範囲は広く、心理療法を用いてストレスのケアや精神疾患の治療を行う専門家だけではなく、キャリアカウンセラーのように、キャリア形成を支援する場合も含みます。

カウンセラーと聞くと、医療や教育の分野で活躍しているイメージが強いですが、それだけではなく、司法や福祉の分野で働く人も少なくありません。

心理カウンセラーの多くは心理系の大学院を卒業した上で、臨床心理士などの資格を取得し、病院、教育機関、公的機関などで働きます。

今後は、カウンセラーの国家資格である「公認心理師」を取得する人も増えていくでしょう。公認心理師と臨床心理士の仕事内容には大きな差はありませんが、臨床心理士が民間資格なのに対し、公認心理師は国家資格であるという違いがあります。

臨床心理士や公認心理師になるには原則として大学院で学ぶ必要がありますが、例えば「産業カウンセラー」は大学には関係なく取得することができます。

カウンセラーを目指している方であれば「心理カウンセラーになるには?どんな資格が必要?仕事内容は?」という記事も合わせてご覧いただければと思います。

【合わせて読みたい】⇒心理カウンセラーに向いている性格とは?

心理カウンセラーの職場

心理カウンセラーの代表的な職場としては「精神科/心療内科などの病院」、「学校」、「高齢者施設」、「公務員の心理職」を挙げることができます。

精神科であれば認知行動療法といった心理療法を行い、学校であればスクールカウンセラーとして学校生活の悩みや進路相談に応じます。

また、ボランティアとして、犯罪被害者のケアや自殺予防に携わることもあります。

さらに、一般企業の人事部内で、メンタルヘルス管理に携わる場合もあります。社員がうつ病といった精神疾患にかからないよう、労働環境を整えることの重要性は日々増しています。また、一般企業で働く心理カウンセラーの仕事内容の例としては、障がい者雇用という形で、精神障がいを抱えた人を採用し、安定して就労できるよう支援すること等が挙げられます。

 

 

心理カウンセラーになるには?資格や仕事内容とは?|トップページへ戻る

あわせて読みたい