精神保健福祉士の役割・仕事や就職先とは!?


まえがき

この記事は精神保健福祉士を目指している全ての方を対象としています。比較的新しい国家資格であるPSWとはどういう職場でどんな感じの実務に携わっているのでしょうか。

精神保健福祉士はどのような就職先でどのような仕事をしているのか?

精神保健福祉士を目指す方であれば、どんな就職先があって、そこでどのような仕事をするのか。その詳細が気になりますよね。まずは仕事内容から概観していきましょう

精神保健福祉士の仕事内容

一口にPSWの仕事内容と言ってもいろいろなものがあります。専門的な援助や福祉教育、法令に基づく事務的作業など本当に多種多様です。

また精神科のある病院に勤務する場合、入院に伴う不安のケアをしたり、医師に伝えるべき情報をヒアリングしたりします。例えば、今までの生活史や職場などでの様子、来院した経緯などをヒアリングする必要があるでしょう。

また医療費に関わる経済的な問題について相談にのることもあります。

逆に退院時には住むところ、働くところの確保を支援したり、他の支援機関への橋渡し等も必要になってきます。

要は患者さんやその家族の不安に向き合い、生活上の問題解決を支援することが主な仕事内容だと言えます。

精神保健福祉士の職場にはどのようなものがあるか?

精神保健福祉士の職場として考えられるものには下記のようなものがあります。

  • 精神科を持つ病院
  • 介護老人保健施設
  • デイケア施設
  • 特例子会社(企業が設置する障がい者雇用のための子会社)
  • 精神保健福祉センター
  • 保健所
  • 市区町村
  • 教育機関

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA