話の聞き方のポイント厳選8個!コミュニケーション力を磨こう!

Pocket

まえがき

この記事では相手の話を上手に聞くためのポイントをわかりやすくまとめています。

一言で言えば傾聴術のエッセンスを解説しています。

コミュニケーションにおいて最も大切なスキルは上手に話すスキルではなく上手に相手の話を聞き取るポイントをおさえ、それを実践できるスキルです。

この記事を読み終わる頃にはきっと聞き上手になっていることでしょう。そのためのポイントを8つお伝え致します!

1、【大前提】答えは相手の中にある

これはポイントというよりむしろ大前提なのですが、話を聞く側の態度して、「答えは相手の中にある」という人間観を持つことが大変重要です。もしこの大前提が無ければ、相手の話をある程度聞いて、その内容が理解できた時点でこちらからアドバイスをしてしまいます。

しかし、上手な話の聞き方においてアドバイスは厳禁です。あくまで答えは相手の中にあり、聞き手は会話を通じて、相手自身がその中に持っている「答え」を見つけることをサポートすることに徹するのです。

言い換えれば相手の自然治癒力を引き出すために聞き役に徹するというスタンスです。

このことに付随して言えることとして、ティーチングとカウンセリングは分けて考えることが重要です。

日常的に行われるいわゆる「相談」はそのほとんどがティーチングであってカウンセリングではありません。なぜなら多くの一般的な「相談」では、アドバイスという形で「教えて」しまっているからです。

一方、「話を上手に聞く」というのはカウンセリング的な聞き方です。それはけっしてティーチングではありません。

その意味でも「答えは相手の中にある」という哲学を持って、話に耳を傾けることが極めて重要な大前提となります。

補足&ポイント

「答えは相手の中にある!」と信じる姿勢が大前提!

2、忍耐力が一番大切

相手の話を上手に聞く上で一番大切なのは「忍耐力」です。

同じ話の繰り返しでも忍耐強くじっくり聞く姿勢が求められます。

ついつい「それは違う」と言いたくなる場面でも我慢して聞くことが大切です。

特に自分がどうしても同意できない内容を話されたとき、「そうですね」と肯定するのは難しいことです。しかし、相手の話を肯定的に聞くことは、相手の意見に同意することとは全く違います。

肯定的に相手の話を聞くことは「相手が●●と言った」という事実を受け止めているだけで、同意しているわけではないのです。

補足&ポイント

上手な聞き手になるには忍耐力が一番大切!

3、しゃべる量を相手8割自分2割にする

当然、こちらがたくさんしゃべってしまうと相手はその間、話すことができません。相手の話を上手に聞くには自分の話す量は2割以下に抑えることが必須です。そうすれば、沈黙も含めて、相手が話す量は必ず8割以上になりますよね。

補足&ポイント

「話さないこと」が話を聞く大切なポイント!

4、少しだけオーバー目に相槌を打つ

相手が話しやすいようにするためには相手に「聞いてもらっている」という実感を持ってもらう必要があります。そのためには相槌をほんの少しだけオーバー目に打つと効果的です。

5、相槌のバリエーションを増やす

相槌のバリエーションを意識的に増やすことも、相手が安心して話すのにとても重要です。例えばずっと「ええ」「ええ」「ええ」と同じ相槌を繰り返されると「本当にちゃんと聞いているのかな?」と相手は不安になってしまいます。

逆に「ええ」「なるほど」「そうなんですね」と相槌にバリエーションをつけることで相手は話しやすくなります。

また同じ「なるほど」でも「なるほどぉ」「なるほどね!」「あー!なるほどなぁ」とバリエーションを増やすことができますよね。

補足&ポイント

上手な聞き方のコツはバリエーション豊かな相槌にあり!

6、キーワードを繰り返す

キーワードをオウム返しのように繰り返すことでも相手は話しやすくなります。これは少し難しいので会話例を見てみましょう。下線を引いてある部分がキーワードの繰り返しになっています。

Aさん「最近なんだか仕事がうまくいかなくてさあ。上司に問題があると思うんだよねえ」

聞き手「なるほど。上司に問題があると

Aさん「そうそう、上司に問題があってさ、なんか指示の仕方が矛盾しているっていうかさあ」

聞き手「矛盾している…

Aさん「そうなんだよねえ、・・・」

上記の会話例のようにキーワードと言っても必ずしも名詞単独とは限りません。短いフレーズの形で繰り返すことの方が多いかもしれませんね。

このように相手の発言の一部を繰り返すことは相手に聞いてもらっている感を感じさせ、それは相手の安心感につながっていきます。

補足&ポイント

話を上手く聞くコツはキーワードやフレーズの繰り返しにあり!

7、共感ワードで相槌を打つ

共感ワードで相槌を打つとは相手の心情を察し、それを相槌にすることです。例えば相手が「いやー最近仕事が忙しくてさ、まいっちゃうよ」と言ったとします。このとき相手の発言の背景には「大変だ」・「しんどい」などの心理的要素を見て取ることができますよね。

そこで話の聞き手が「そうかあ、それはしんどいねえ」と返せば、相手の心情に共感していることになり、相手からすると「気持ちを汲んでくれた」と感じ、これも安心感につながります。

8、アドバイスを求められたときの考え方

上手に話しを聞くポイントは「アドバイスはしない」ことでした。しかし相手から「どう思う?」とアドバイスを求められる場面もあります。

そういうときは基本的には「うーん、そうだなあー」と考え、余白をすくり、こちらから話さないようにすることで「相手の話の続きを待つ」ことができます。そうすれば自然と相手が自分の意見を話始めますよね。

またもしどうしてもアドバイスや見解を言わなければいけない場面に出会った場合は「原稿用紙1行分程度の短い見解を伝えるにとどめる」ようにします。

これに関連して、「こちらから話して効果があるのは客観的な情報だけ」という原則を知っておくと便利です。

補足&ポイント

アドバイスは原則しない。どうしてもアドバイスを求められたら手短に見解を述べる。こちから発言して効果があるのは客観的情報だけ!

あわせて読みたい