【Excel関数】2つの日付の間の「日数」「月数」「年数」を求めたい


2つの日付の間の日数を求めるには?

2つの日付の間の差分を求めるにはDATEDIF関数を用います。この関数を使えば、異なる2つの日付の間の日数、月数、年数を求めることができます。

また2つの日付の間が1年以上あるときは、1年以内の日数、月数を求めることもできます。

さらに1カ月以内の日数を算出することもできます。

文法はDATEIF(開始年月日,終了年月日,モード)です。

まずは2つの異なる日付間の日数を求めてみましょう。

今、仮に、A2セルに「開始年月日」、B2セルに「終了年月日」が入力されているとします。この2つの日付の間が何日あるのかを求めるには下記のように書きます。

=DATEIF(A2,B2,”d”)

単なる「d」ではなく「”d”」のようにモードは二重引用符で囲む点に注意して下さい。

同様に月数を求めるには以下のように書きます。

=DATEIF(A2,B2,”m”)

モードに指定する引数が”d”から”m”に変わっているのが分かりますね。

下記にこの関数で使えるモードの一覧を示します。

モード 意味
“d” 日数
“m” 月数
“y” 年数
“yd” 1年未満の日数
“ym” 1年未満の月数
“md” 1カ月未満の日数

 

エクセル【関数】TIPS集へ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA